「ぽろ」と読む。札から、とったのだろう。味噌ラーメンで有名なパンケから分かれた店である。
まったく分かりにくい場所にある店である。ふつう、店は道に面しているだろう。そう思って探していたがない。この店は、分かれ道の突端にあるのだ。しかも、夜、終わるのが早い。午後10時過ぎに、やっと見つけたら、すでに店はしまっていた。中で、ごそごそと、人のいる気配がするので、窓から覗き込んで、何時まで開いているのか、と問うと、スープがなくなると閉める、だいたい、9時頃、と言う。たまたま、この日は、早めに動き始めたが、通常の私たちの行動パターンは、動き始めが午後11時過ぎなので、この店では永遠に食べられない。
と言うことで、いつもとは行動パターンを変えて、日曜日の昼に訪れた。駐車場はないが、路上駐車はしやすい。店には大きなのれんが下げてある。こののれんがあれば、見逃すことはないが、いつもの行動パターンでは見ることができなかった。
店に入ると、L字型のカウンター席があり、その中に厨房がある。厨房は狭い。荒井注のような濃い顔の男が厨房の中にいた。
しょうゆらーめん(650円)とみそらーめん(700円)を頼んだ。

○総評○
やはり、パンケに似ている。野菜を炒めるところ。直接、調味料をどんぶりに入れるところ。缶入りのコーンを入れるところ(パンケより缶が小さいが)。スープとだしを、電動泡立て器で混ぜるところ。そして何より、その味である。スープと炒めた野菜の味が、パンケと同じ。麺も同じ西山ラーメンを使っているが、若干、柔らかめか。
美味い。

○場所○
旧国道14号に、京成検見川駅から検見川の商店街を抜ける道がぶつかったY字路。

○データ○
●営業時間
(不明。昼は、正午から1時までは間違いなく開いているだろう。夜は、6時から。何時までかは定かではない。)
●住所
(不明)
●TEL
(不明)

取材 2000年7月30日
グルメ > 千葉県 | comments (0) | trackbacks (0)

牡丹江

看板があまりに派手な店である。私の友人はこの店でラーメンを食べているときに、突然、店の電気が落ちたという。ブレーカーが上がったのだろう。つまり、電飾にかかる電流が大きすぎるのだ。停電でもないのに、電気が消える店など、他にはないだろう。さらに言えば、電飾と店内の電源を分けていないところも凄い。
ラーメン屋ではなく、中華料理店である。店員はみな、中国の人だろう。店に入ると、右側にレジ。右奥に厨房があり、その前にI字型のカウンター席が12。左側に6人座れる、座敷席が4卓。
タンタンメン(750円)を頼んだ。

○総評○
私は辛いのがあまり得意ではないが、食べられない辛さではない。むしろ、酸味のきいた辛いスープで、旨い。しかし、上に載せられる具(肉)が少ない。

○場所○
JR新検見川駅の陸橋のある通りを北に向かい、T字路を右折。左側に約十軒ほどの店舗が並ぶ場所がある。そのうちの一軒。駐車場あり。

○データ○
●営業時間
11:00〜24:00
●住所
(不明)
●TEL
(不明)

取材 2000年7月22日
グルメ > 千葉県 | comments (0) | trackbacks (0)

江戸前回転寿司浜伸

回転寿司屋である。埼玉から始まったチェーン店らしい。ここの特徴は、すべてのネタが、一皿130円、というところである。マグロもウニもホタテも、すべて130円である。
店は、コンベアが2回転分あるが、訪れた金曜日の午後には、そのうち、1回転分だけ回していた。職人は最初1人しかおらず、コンベアにはネタがほとんど回っていない状態で、2人目の職人が入って、やっとネタが回りだした。

○総評○
とにかく安い。ウニ、イクラなども、130円というのは、かなりよい。ネタの種類も豊富である。変わったネタはないが、たいていのものはある。
にぎりは職人が握るが、軍艦は奥の誰かが作っている。こちらは明らかに機械で握ったご飯に海苔が巻かれている。
ちょっとおやつのつもりで入ったのだが、17皿も食べてしまった。

○場所○
船橋ららぽーと内。ららぽーと3の3階。

○データ○
●営業時間
(不明)
●住所
(不明)
●TEL
(不明)

取材 2000年7月21日
グルメ > 千葉県 | comments (0) | trackbacks (0)

魯山人

なぜか、「高田道場」と書かれているラーメン屋。あのプロレスラーの高田である。
店に入ってまず、食券を買う。醤油ラーメン(600円)と味噌ラーメン(650円)を頼む。昼に行くとご飯がサービスされる。
席はカウンター席のみ。コの字型が2個並ぶというスタイル。20人くらい入れるか。土曜日の昼時で、だいたい、席は埋まっていた。
店員に、「なぜ、高田道場と書かれているのか」と問うと「この店のオーナーが高田と知り合いであるから。実際には関係ない。ただし生徒がこの店でアルバイトをすることがある」

○総評○
チャーシューが美味い。厚切りの肉がどかどかと入っている。
スープも美味いが、惜しいのは麺。細麺でぼそぼそしている。これは好みなのかもしれないが、私は、かなり美味いインスタントラーメン、という印象を持った。本当に惜しい。

○場所○
JR町田駅から東急ハンズに向かう通りの2本左の通り。

○データ○
●営業時間
11:00〜4:00
●住所
町田市原町田6-7-5
●TEL
042-729-4555

取材 2000年7月16日
グルメ > 東京都 | comments (0) | trackbacks (0)

トウマ

変な名前のラーメン屋である。名字かもしれない。
平日の昼間、店に入ると、右にテーブル席中央から左奥にカウンター席。席に座ると、隣の席で、カレーライスを食べているおじさん。ラーメン屋でカレー。不安だ。
コテコテラーメン(500円)を頼んだ。注文してから、品が出てくるまで、やけに早い。

○総評○
麺は細くて固め。好きではない。スープは、油が浮いているが、コテコテというほどではない。

○場所○
JR幕張本郷駅の陸橋を北側に渡った左側の陸橋の脇。駐車しづらい。

○データ○
●営業時間
(不明)
●住所
(不明)
●TEL
(不明)

取材 2000年7月8日
グルメ > 千葉県 | comments (0) | trackbacks (0)

おたふく世田谷店

割り箸の袋には「広島名物お好み焼き」と書いてある。店に入ると入り口の左に棚があって、ここにバッグを置く。席はL字型で中が厨房。L字型の長い方のカウンター席の背中側にまたテーブルが置いてあって3人くらい座れる。
広島風お好み焼きは一般にはそば入りということになっていて、この店もそうである。しかし、あえて注文しないとそばを入れてくれない(もっとも注文のときに言い忘れても「そばはどうしますか」と訊いてくれるが)。
お好み焼きは、具を小麦粉に練り込んで、焼くが、ここのお好み焼きはスタイルが違う。まず、具を練り込まない。最初に小麦粉(おそらく山芋か何かが混ざっている)を薄く焼き、その上にキャベツを載せ、それも大量に載せ、また薄く焼いた卵で挟む。具はぐいぐいと押しつけて焼くので、ずいぶん、かさが減る。ソースはもちろん「おたふくソース」だ。
また変わっているのは、おでんがあること。夏でも、冬でも、ある。ビールはジョッキが凍らせてあって美味い。

○総評○
私が行ったときは、おそらく店主であろう人がいなかった。店主が焼くお好み焼きとその他の人(でしか?)が焼くお好み焼きでは、美味さが違うと言われているが、確かにそんな気がする。美味いことには違いないが。
トンペイというメニューがおすすめ。

○場所○
小田急下北沢駅をピーコックのある側に降りて、横浜銀行の角を曲がって、いくつもの路地を突っ切りながら、まっすぐ歩く。突き当たりに、変わったクレープ屋がある。これを右に曲がる。

○データ○
●営業時間
(不明)
●住所
東京都世田谷区北沢2-28-7
●TEL
03-3485-2947

取材 2000年7月5日
グルメ > 東京都 | comments (0) | trackbacks (0)

旨麺

旨麺(ういめん)という、期待を持たせる店名。
店内は、表面処理の施されていない木の柱、手書きのメニュー(しかし清潔で見やすい)など、荒削りという印象で統一されている。横浜で修行したのだ、という主張がそこここにある。
土曜日の夜11時頃、行ったのだが、客がほとんどいない。
醤油ラーメン(600円)と熟成ラーメン(700円)を頼んだ。

○総評○
熟成ラーメンは、こってり味の醤油ラーメンとのことだが、食べてみると、こってり味とは言えない。横浜で作り方を教わったという麺には、スープがほとんどからんでいない。味のないラーメンという印象。「味が濃ければ、スープを用意しているので、言ってくれ」とメニューに書いてあるが、むしろ味を足してほしい感じ。これはスープではなく、麺に原因があるのでは。
醤油ラーメンはさらにあっさりしている。鶏から、だしをとっていると思われる。
チャーシューは2枚。これは美味い。
千葉ウォーカーに載ったときの記事の切り抜きが壁に貼り付けてあったが、載っただけだな。

○場所○
JR稲毛駅の近く。カラオケや飲み屋が入っているビル(元の西友)の反対側。路地を入ったところで、通りには面していない。

○データ○
●営業時間
(不明、午前0:30まで)
●住所
(不明)
●TEL
(不明)

取材 2000年7月1日
グルメ > 千葉県 | comments (0) | trackbacks (0)

楓林

台湾料理の店。夜中の2時過ぎに行ったが、客が3組も来ていた。
ラーメンと台湾ラーメンを頼んだ。店の人が「台湾ラーメンは、辛いが、いいか」と言うので、いいと答えた。
「カプリチョーザ」というスパゲティ屋がある。この店に行って人数分、注文すると「初めてですか」と訊かれる。はて、何か、おかしな物でも注文したかな、と思う。すると、ウェイトレスは、「(この店は一人前の)量が多いですよ」と言う。よけいなお世話である。そもそも、忠告するなら、注文をとる前に言え。後で「多すぎる」と文句を言われるのがこわいなら、少な目にして安くしろ。

○総評○
麺は普通だが、変わった味のスープである。辛みと酸味がある。台湾ラーメンは、この味をベースに、麻婆味にしたもの。辛いのが特に好きという人でなくても、食べられないほどの辛さではない。

○場所○
京成実籾駅から北に向かい、習志野高校の少し先。さらに行くと泰山

○データ○
●営業時間
(不明、「0時から翌日3時まで」と書いてある。絶対に間違っているが、午前3時までやっているのは確かなようだ。)
●住所
(不明)
●TEL
(不明)

取材 2000年7月1日
グルメ > 千葉県 | comments (0) | trackbacks (0)
1/1

©1995-2006stabucky.com