じゃんがらラーメン

国道16号沿いにあるラーメン屋なのでクルマでないといけないだろう。日曜日の午後7時頃にいった。一番混雑する時間なのだろう、店内・店外に20人ほど待っていた。順番表に名前を書き込み待つこと30分。いくら何でもラーメン屋でこれは待たせ過ぎだろう。
店内にはメニューが至るところに貼られていて、その中にカレーがあってイヤな感じがした。大体、カレーを出すラーメン屋は酷い。オレンジを基調とした装飾で、なかなか派手でいい感じだが、店員はみな顔が死んでいる。忙しそうなのに顔に緊張感がない。「いらっしゃいませ」と、いっているのは一番年長の男だけだ。
店の奥にテーブル席があるようでこれに何人座れるのか分からないが、カウンター席も合わせて35人くらいだろうか。それで店員が10人以上いる。
30分後、やっと名前を呼ばれてカウンター席に座る。水が出されたが、しばらく経っても注文を取りに来ない。大声で店員を呼んだ。じゃんがらラーメンとチャーシューメンを頼んだ。ギョウザも2種類頼んだ。
それでまた20分ほど待たされる。おそろしいほどの遅さである。まだ開店したばかりで慣れていないからなのだろうか。もしこのまま、いけば、客は来なくなる。それでやっと適正な人数になるということか。

○総評○
豚骨ベースにさかな系を加えたスープ。見た目はこってりだが、飲むとあっさりしている。これはほめ言葉ではなく、あっさりしすぎて物足りない。化学調味料は使っていないということだが、これが原因でここまで旨味がないなら、入っていた方がいい。
麺は縮れ麺でのびている。
チャーシューは柔らかくて美味い。
スープが物足りないのでニンニクを入れよう。カウンターにニンニクが置かれているので自分で入れろということらしい。皮が剥いてないので自分で剥かなければならない。
麺が少ないので、替え玉を頼んだ。しかし遅い。替え玉は他の客に優先してやってもらわなければスープが冷めてしまう。また10分ほど待たされてやっと出てきたが、相方の分と2人分頼んだのに、1人分しか出てこない。暴れてやろうかと思ったが、店員があまりにすまなそうな態度を見せないので、やる気をそがれた。あとで注文票を見たらちゃんと2人分、書かれていた。また5分ほど待たされてやっと替え玉が出てきた。もしそのときに相方が食べ終わっていれば食べずに席を立つつもりであったが、それには間に合った。ぬるい冷やし中華のようなラーメンを1分以内に食べ終えた。
食べ始めるまでに50分、食べてからも15分も待たされた。おそろしい遅さだ。この遅さを我慢できるほど美味くないのが致命的。休日の午後7時という忙しい時間帯だったからかもしれないので、平日にもう一度いくことにした。

○場所○
国道16号沿い。

○データ○
●営業時間
(不明)
●住所
(不明)
●TEL
(不明)

取材 2000年8月19日
グルメ > 千葉県 | comments (0) | trackbacks (0)

千成ラーメン天戸店

千成ラーメンはどこも同じかと思ったが、ちょっと違うことを発見した。

○総評○
スープは別の店と同じだが、麺はのびている。
店員が男ばかりで、店内は汚い。窓には蜘蛛の巣が張っている。ここまではまだよい。おそろしいことに床にはセミの死骸が転がっている。ゴキブリならばまだ分かる。ハエも分かる。セミってのはどうだ。どうやればラーメン屋の店内にセミの死骸が転がるんだ。

  • 子供がいたずらに持ち込んだ。
  • いじめられてやめた元店員が嫌がらせに持ち込んだ。
  • 床下にいたセミの幼虫がちょうど店内で成虫になった。

もっと思い出したが気持ちが悪いのでこの辺で。

○場所○
千葉と花見川を結ぶ道路と、四街道と船橋を結ぶ道路の交差点。

○データ○
●営業時間
(不明)
●住所
(不明)
●TEL
(不明)

取材 2000年8月18日
グルメ > 千葉県 | comments (0) | trackbacks (0)

ラーメン太一

盆休みの午後に店に入る。横長のカウンター席。その中が厨房。手前にテーブル席がある。テレビでは高校野球をやっているが、室内アンテナなので映りがよくない。
ひどく疲れた感じの親父が厨房にいた。これはだめだなあと思った。
太一ラーメン(580円)とチャルメラ(530円)を頼んだ。

○総評○
期待に反して、美味い。背油が浮く、こってり、豚骨スープ。おろしニンニクが入っているのが、においで分かり、食欲をそそる。チャーシューもなかなか美味かった。
なお、昼はランチ・サービスということで、ギョウザ(3個)が出てくる。

○場所○
通称、マラソン道路沿い。泰山の近く。

○データ○
●営業時間
11:30〜13:30、18:00〜深夜1:00
●住所
(不明)
●TEL
074-473-3036

取材 2000年8月15日
グルメ > 千葉県 | comments (0) | trackbacks (0)

三好

8月14日の日曜日、世間は盆休みの最中らしく、ラーメン屋を探して千葉の繁華街をうろうろしたが、一軒も開いていない(実は開いている店もあったが、どうにも入りづらい雰囲気の店であった)。
探し回って、国道16号線沿いで見つけたのが、「私の町のラーメン屋」といった家庭的な雰囲気の店。日曜日の午後に行ったが、スポーツ新聞を広げた近所のおじさんたちが4人ほどいた。
醤油ラーメン(450円)ととんこつラーメン(500円)を頼む。

○総評○
醤油ラーメンは、中華そばといった感じ。悪くはない。とんこつもなかなかクリーミーで、これもまずまず。

○場所○
国道16号を千葉から市原の方に走る。道路沿いにある小さな店。

○データ○
●営業時間
(不明)
●住所
(不明)
●TEL
(不明)

取材 2000年8月14日
グルメ > 千葉県 | comments (0) | trackbacks (0)

とんこつラーメン一億

三好でラーメンを食べた後、次に見つけた店が、ここ。
店に入ると、かなり広い。厨房が「料理の鉄人」のキッチンスタジアムより広い。それを囲むようにカウンター席があり、店の左右にテーブル席と座敷席がある。日曜日の午後に行ったが、客が1人もいない。
醤油ラーメン(500円)と味噌ラーメン(500円)を頼む。

○総評○
醤油ラーメンは、とんこつベースのスープで、食べていくうちに、これはなかなか良いと感じた。次に来るときは、とんこつラーメン(500円)を頼もう。味噌ラーメンは、連れが豆板醤を入れすぎて味が分からなくなってしまった。

○場所○
国道16号を千葉から市原の方に走る。道路沿いにある店。

○データ○
●営業時間
(不明)
●住所
(不明)
●TEL
(不明)

取材 2000年8月14日
グルメ > 千葉県 | comments (0) | trackbacks (0)

志源商塾

壁がトタン張りの凄そうなラーメン屋。土曜日の深夜に行ったが、狭い店内は満席であった。店は、右側に厨房、それをL字型に囲むカウンター席が8席ほど。左側は、2人用の小さなテーブル席が2卓。
席に着いて、店内を見回すと、どうも、ラーメンを食べる前に、一杯、やっている客ばかりである。厨房の奥を見ると「志源商塾」と店の名前のラベルが貼られた日本酒もしくは焼酎が置いてあった。飲み屋だな、これは。

○総評○
スープが熱い。これは期待できる、と思ったが、見た目ほどスープが麺にからまず、いまいち。

○場所○
国道14号を千葉から船橋の方に走る。国道14号沿い。船橋郵便局の手前。

○データ○
●営業時間
(不明)
●住所
(不明)
●TEL
(不明)

取材 2000年8月13日
グルメ > 千葉県 | comments (0) | trackbacks (0)

イタリア食堂パッパパスタ新百合ヶ丘店

スパゲティ屋である。平成12年7月にオープンしたばかりらしい。平日の夜(10時半頃)に行ったが、客が数組いた。
店内はちょっとしゃれた感じ。これは高いのでは、と危惧を抱いたが、スパゲティ一人前が1000円前後、とそれほどでもない。
カルボナーラを頼んだ。連れは、なすのミートソースを頼み、「大盛りにできるか」と問うと、「できないが、量は元々、多いですよ」とかわされた。

○総評○
グラスワイン(ハウスワイン)は300円と安いが、量も少ない。一口だ。
先にカルボナーラが来た。カルボナーラは、麺の茹で加減、ベーコンの味など、素晴らしい。少し遅れて、なすのミートソースが来た。少し辛目の味で、これも美味かった。
連れがミートソースを3分の1ほど食べた頃、私はカルボナーラを食べ終わった。店員が皿を下げた。すると、別の店員が来て「カルボナーラは、来ましたでしょうか」と言った。私が、あまりに早く食べて、暇そうにしていたので、そう思ったらしい。「ごらんの通り、まだ来ていないよ」と気取って言ったが、口の周りを拭くのを忘れていた。

○場所○
「せたどう」と呼ばれる道(世田谷道路か?)を、小田急新百合ヶ丘駅のところから、柿生方面に行く。頭上を小田急多摩線が通っているところの手前。

○データ○
●営業時間
11:00〜24:00
●住所
神奈川県川崎市麻生区片平1-7-10
●TEL
044-951-9080

取材 2000年8月9日
グルメ > 神奈川県 | comments (0) | trackbacks (0)
1/1

©1995-2006stabucky.com