龍源千葉店

今のJR千葉駅は、後からできた駅らしい。昔の千葉駅は、今、市民会館がある辺りにあった。だから、昔はその周りが街の中心であった。それが、栄町である。今は、なんだかよく分からない街になってしまい、昼でも派手な格好をした女性が歩き回っている。だから、今のJR千葉駅の周りは東側だけが栄えていて、西側や北側が栄えていないのも、納得できる。
龍源は、JR千葉駅の北側にある。怪しい雑居ビルと空き地がたくさんある。一度、行ってみるといい。
この龍源は、稲毛の味源から独立した店らしい。JR新検見川駅の龍源はさらに分家ということか。
店に入ると逆L字型のカウンター席。その中が厨房。トイレは広くてきれい。
メニューは、稲毛の味源とまったく同じ。品目が同じだけではなく、メニューの紙も同じなのだ。こういうのは「独立」とはいわないのではないか。
味噌ラーメン(750円、税込み)を頼んだ。

○総評○
黄色っぽい、縮れ麺。稲毛の龍源と同じである。スープも似ているが、味源ほど辛くないようだ。
美味いが、立地条件がよくないと思う。

○場所○
JR千葉駅の北側。北口ってあったかな。夜中は「これが政令指定都市の中心駅か」と思うほど、閑散としているので、路上駐車も平気だろう。

○データ○
●営業時間
午前11:00〜午前2:00(定休なし)
●住所
千葉市中央区新千葉1-4-10
●TEL
043-246-5300

取材 2000年9月30日
グルメ > 千葉県 | comments (0) | trackbacks (0)

味源

JR新検見川駅のそばにある龍源は、この味源から独立した店らしい。
店の地下はライブハウスになっている。店の中は奥に長い。逆L字型のカウンター席、その中が厨房になっている。店員は3人で、うち1人は女性で食器の片づけと勘定のみを担当。カウンターは高く、厨房の中がよく見えない。麦茶のポットとコップがカウンターに置いてあるので、自分で入れて飲む。
味噌ラーメン(750円、税込み)を頼む。

○総評○
黄色っぽい、縮れ麺。スープは、辛目。新検見川の龍源の方が美味いと思う。

○場所○
JR稲毛駅の海側に延びる、放射状の道の一本。深夜ならば店の前に車を停めても大丈夫だろう。

○データ○
●営業時間
午前11:00〜午前2:00(定休なし)
●住所
千葉市稲毛区稲毛東3-4-15
●TEL
043-241-5775

取材 2000年9月23日
グルメ > 千葉県 | comments (0) | trackbacks (0)

杏壽

杏壽(あんじゅ)というラーメン屋は、京成千葉中央駅のそばにある。雑居ビルの1階の奥にあるので、分かりにくい。入口に「西山ラーメン」という(のぼり)が立っていたので、入ってみた。西山ラーメンはパンケでも使われている札幌の製麺会社である。
周りには水商売の店がたくさんある。何人もの国籍不明の女性に声をかけられた。さて店に入ってみる。土曜日の深夜に行ったが、客は1人もいない。
おそろしく歯並びの悪い(あるいは歯の生えていない)おばさん(あるいはおばあさん)が注文を取りに来た。何が美味いかと問うと、やはり味噌ラーメンだという。そこで、味噌ラーメン(550円、消費税込み)を頼んだ。

○総評○
麺は美味い。パンケなどに比べるとちょっと柔らかめか。スープは確かに味噌味だが、うまみが少ない。モヤシを炒めたのがたっぷりとかかっていて、思っていたよりは美味い。

○場所○
京成千葉中央駅のそば。北口のロータリーから何本か道が放射線状に延びているが、そのうち、左から2番目の道沿いの雑居ビルの1階。

○データ○
●営業時間
(不明)
●住所
(不明)
●TEL
(不明)

取材 2000年9月16日
グルメ > 千葉県 | comments (0) | trackbacks (0)

なりたけ千葉店

今、京成千葉中央駅は、工事をしている。何を作ろうとしているのか、はたまた、何をこわそうとしているのか。工事現場は、金属製の壁で囲まれていて、中の様子がよく分からないが、大きな標語が書かれた看板が2枚、掲げられているのは、分かる。一つは「重機を倒さない」。目標というのは、十分、能力を発揮すれば達成することが可能である、具体的なものにするのがよい。この「重機を倒さない」というかなり具体的で良い標語である。さて、もう一つは「列車を止めない」であった。
今日、いこうとしているのは、津田沼にあるなりたけの姉妹店である。
雑居ビルの地下1階にある。金曜日の深夜0時頃にいった。酔っ払いの団体客がいたので空席が少なかったが、それを除けば、津田沼の行列とは較べものにならないほど、客はいない。
店に入ると、間取りは入り口から右に横長。L字型のカウンター席のみで、その中が厨房。広いが店員は3人だけ。
醤油ラーメン(600円、税込み)を頼む。

○総評○
特徴的なのは、麺。太麺で、かなり固い。茹で方を間違っただけなのか。次に来たときに柔らかかったら、怒るぞ。
スープはこってり系のなりたけの味。脂を表面に散らし、茹でたモヤシをたっぷりと載せるところも同じ。しかし、津田沼の方が美味いのは確か。

○場所○
JR千葉駅と京成千葉中央駅の中間辺りに田原屋という洋服屋がある。その脇の一方通行の道を入っていった、右側。オレンジ色の派手な看板なのですぐ分かる。

○データ○
●営業時間
午前11:00〓午前03:00(水曜定休)
●住所
千葉市中央区富士見2-14-6
●TEL
043-227-5599

取材 2000年9月16日
グルメ > 千葉県 | comments (0) | trackbacks (0)

喜多方ラーメン蔵囃子

午前0時を過ぎると、開いているラーメン屋も少なくなる。蔵囃子は、午前5時まで開いていることが分かっていたので、夜が更けて、開いているラーメン屋が見つからないときにいこうと思っていた店だ。スナックばかりが入っている雑居ビルの1階にある。
店に入ると、あまり清潔そうな感じがしない。店の壁中にメニューが貼り付けられている。テーブル席が5卓くらいある。そのうちの一つに男3人女1人のグループがいた。ホステスとその客としか思えない。あべ静江を若くしたような結構、きれいな女性であった。やがて、彼らは出ていった。店には、私たち3人だけが残った。
中国人と思われる若い店員が注文を取りに来た。日本語がほとんど分からないようだ。私は、こてこてラーメンを頼んだ。
ラーメンを待つ間、店内を見回してみたが、メニューにはカレーチャーハンなどがあるようだ。カレーライスをメニューに加えているラーメン屋で、良かったためしがない。

○総評○
スープがぬるい。麺はきしめんのような太さで、かなり柔らかい。のびているといってもいいかもしれない。「どん兵衛」といった感じ。
朝5時までやっているというところだけが、メリット。

○場所○
千葉駅周辺の繁華街にあるのは確か。上手く説明できないし、もういくつもりもないから、その辺り、ということで。

○データ○
●営業時間
午前11:00〓午前05:00
●住所
千葉市中央区栄町37-1
●TEL
043-221-7878

取材 2000年9月14日
グルメ > 千葉県 | comments (0) | trackbacks (0)

とんこつラーメンみよし

土曜日の正午にいった。駐車場がないが、道路が広いので、路上駐車ができる。間口の狭い店である。普通の民家を改造したと思われる。
店に入ると、逆L字型のカウンター、7人ほど座れる。店の中も狭い。カウンターも素人大工が作ったような雑な作り。小綺麗とは対極にある。
とんこつラーメン(550円、消費税込み)を頼んだ。

○総評○
変わっているのが、どんぶり。かなり深い皿、といった方がよいくらい、浅い。れんげで掬うとスープが最後まで飲めない。
麺がべったりと固まっている。ほぐすのが大変。「のびている」というのともちょっと違う。まあ、かなり柔らかめの麺ということにしておこう。
スープは、白っぽいとんこつスープ。結構、美味い。紅生姜が最初に入っているが、これは好みがあるから、別にした方がよいのでは。
チャーシューは、肉のかたまりが出てきて、とても柔らかい。
この店の面白いところは、営業時間。午後9時から12時なんて、ずいぶん、わがままなんじゃないの。家族連れは相手にしないのだな。しかし、意外に美味かったので良しとしよう。

○場所○
花見川スイミングスクールから北(京成大和田駅)の方に行った左側。不二家の向かい。小さいから見落とすな。
花見川スイミングスクールは、京成八千代台駅の東口のロータリーから東にのびるメインストリートをまっすぐ行ったところにある。

○データ○
●営業時間
午前11:00〜午後2:00、午後9:00〜午後12:00
●住所
(不明)
●TEL
(不明)

取材 2000年9月9日
グルメ > 千葉県 | comments (0) | trackbacks (0)

潜水艦沈没

先日、ロシアの潜水艦が沈没した。アメリカの軍艦にぶつかったのが原因とロシアは言っているが、アメリカは否定している。ぶつかったくらいで潜水艦が沈没してしまうのか、疑問だが、まあ、どちらでもいい。
沈没したときに潜水艦の中に100名ほど乗組員が取り残されていた。脱出ハッチが壊れていて開かないらしいし、ノルウェー沖の海底100メートルのところだから、水温が零度、水圧が約10気圧、脱出しても助からなかっただろう。
ピーター・バラカンにそっくりなプーチン大統領の対応が拙かったといわれている。ロシアは資金も技術もなかったのに、自国での救出に、最初、固執し、結局、ダメだった。その後、ノルウェーなどに救助を求めるのだが、時すでに遅し、である。これが、ロシア国内はもちろん、海外からも非難された。
責任者による説明会の席上で、乗組員の母親が騒ぎだし、これを黙らせるために、ロシアの職員らしき女性が後ろから近づいて、注射を打つシーンが世界中に流れて、これまた、物議を醸した。ロシアは、この母親は心臓が悪く、興奮すると危ないので、鎮静剤を打ったと説明したが、これもどちらでもいい。
私などは、注射で黙らせるという手段をとったロシアの底力を感じた。そもそも、潜水艦イコール潜れる軍艦、つまり戦闘用の乗り物なのだから、沈没しても仕方がないのだ。沈む可能性が高いのが軍艦であり、死ぬ可能性が高いのが軍人である。それをとやかくいうのは、おかしいのである。ま、好きで軍人になったわけではないだろうけど。
ニュース | comments (0) | trackbacks (0)

金時

下北沢にある寿司屋である。店に入ると中央に回転寿司屋のようなベルトコンベアがある。回転寿司屋ではないが、元々回転寿司屋をやっていた店舗を引き継いだため、このような形態になっている。給仕する必要がないので、店員は板前さんの他は一人だけ。

○総評○
安い。

○場所○
下北沢駅の改札を出て左に行き、階段を下りて線路に沿って左側に行く。左に踏切が見えるところを右に曲がり、最初の十字路を左に曲がったすぐのところ。

○データ○
●営業時間
(不明)
●住所
(不明)
●TEL
(不明)

取材 2000年9月7日
グルメ > 東京都 | comments (0) | trackbacks (0)

江水

「こうすい」と読むのだろうか。喜多方ラーメンの店である。
店にはいると横長のカウンター、左側の端にテーブル席が一つだけある。カウンター席の中が厨房。老夫婦二人が働いている。デジタル式のキッチンタイマーがいくつも張り付けられている。
醤油ラーメン(500円)を頼んだ。

○総評○
麺は太め、スープはオーソドックス。よく福島の土産でもらう、喜多方ラーメンの味である。しかし、それよりは若干、美味い。

○場所○
通称、マラソン道路沿い。五十番作新台店の近く。

○データ○
●営業時間
(不明、夜11時までだと思う。ギリギリに飛び込んだら、喜んでくれた。)
●住所
(不明)
●TEL
(不明)

取材 2000年9月2日
グルメ > 千葉県 | comments (0) | trackbacks (0)
1/1

©1995-2006stabucky.com