コンサート-アイアン・メイデン

お台場というのは、地名なのか、何なのか、よく分かりませんが、最近、いろいろなものができているようです。ピラミッドを逆さにしたような展示場や、テレビ局など。ここに行くためには、ゆりかもめという無人列車に乗らなければなりません。自動車で行く方が便利でしょう。駐車場は、1日1500円という値段。安いような気もしますが、幕張メッセの駐車場は1日700円ですから、実は割高。
というわけで、平成12年10月29日の日曜日、アイアン・メイデンの再追加公演に行って来ました。場所はお台場にある、ゼップ東京というところ。車で早めに行って、まわりの様子を見てみようと、張り切って出かけたのですが、マクドナルドでハンバーガーを買ったり、コンビニエンスストアでビールを買ったりしていたら、お台場に着いたのは午後4時頃でした。それでも充分、時間はあるや、とぷらぷらしていたところ、開演時間が午後5時であることにやっと気付いたのでした。午後5時!早すぎる。まだ、明るい。日曜日のコンサートは、会社勤めの帰りの人が少ないので、開演時間が早いのですね。「笑点」の放送時間が意外に早いのと一緒ですね。
で、4時40分頃、ゼップ東京に入ります。ポケットにはコンビニエンスストアで買った、ワンカップ(日本酒)を忍ばせてあります。場内は人だかり。全席立見(オールスタンディング)ですので、荷物はコインロッカーに入れます。300円也。で、ロッカーの前で、ワンカップをあけて飲むわけです。いやあ、なかなかアウトローであります。
会場に入ります。チケットにあらかじめ書かれたブロックに入ります。Aブロック、最前です。外は寒かったのですが、中は熱気がすごく、これは暑くなりそう。それほど広くはありませんが、天井が高いので、それほど圧迫感はありません。2階席もあります。
今回のツアーはアルバム「ブレイヴ・ニュー・ワールド」に伴うツアーで、ブルース・ディッキンソンとエイドリアン・スミスが戻り、6人編成となった新生アイアン・メイデンの姿を見ることができます。そして、今日は日本公演の最終日となっています。
午後5時を少し回った頃、ニュー・アルバムの冒頭を飾った"ザ・ウィッカー・マン"でライヴが始まりました。私たちは、Aブロックの右側に陣取っていました。ヤニック・ガーズがその目の前にいます。エイドリアン・スミスとデイヴ・マーレイは左側。となると、スティーヴ・ハリスは右側かと思うのですが、結構、左側にいる時間が長かったように思います。あるいはドラムの前で後ろ向きになっていたり。ライヴはニュー・アルバムからの曲を中心に、徐々に過去のヒット曲を織り交ぜながら進行していきます。
観客の盛り上がりもかなりのもので、さすがに立見のライヴは観客の勢いに圧倒されます。私は人と触れ合うのが嫌なので、後ろの方にいたのですが、私の前にいた男があまりに暴れ回るので、ひじ打ちを入れたくなりました。そんなに興奮しているなら、もっと前に行けばいいのに。
アイアン・メイデンのライヴは何回か見たことがありますが、今回、気になったのは、観客のジャンプです。以前、クラブチッタ川崎の周辺の住民が「振動がうるさい」と文句をいったことがあります。それでやり玉に挙げられたのがヘヴィ・メタルなのですが、伊藤政則が「ヘヴィ・メタルの観客は足を地に付けて体を動かしているだけだから振動は起きない」といっていました。私もそう思います。振動は、当時、観客がピョンピョン跳ねているライヴがあったのが原因だったのでしょう。ところが、今回のアイアン・メイデンのファンはピョンピョン跳ねています。スティーヴ・ハリスもピョンピョン跳ねています(しかも、FILAか何かの半ズボンをはいて)。ヤニック・ガーズに至ってはスキップしています。時代は変わるものです。
ステージはかなりシンプル。中央にドラムセット。その両側にお立ち台。ブルース・ディッキンソンは、猿に似ているからか、高いところが好きなので、ライヴの後半は、ステージより、そのお立ち台に載っかって歌っている時間の方が長かったようです。相変わらず、アクションが変です。アンコールを1回やって、7時過ぎにはライヴが終わっていました。早いなあ。
取材:2000年10月29日
レポート | comments (0) | trackbacks (0)

げんこつラーメン松尾

土曜日の夜にいってみた。駐車場があるが、狭い。
自動ドアから店の中に入る。横に長い店で、中央奥から右にL字型のカウンター。テーブル席の方が多い。深夜で最寄り駅からも離れているというのに、次から次へと客が来る。紳士とは呼びがたい客が多い。
醤油ラーメンを頼んだ。

○総評○
げんこつの定義がよく分からないが、もし、豚骨のようなものだとしたら、期待はずれである。スープはあっさりしている。麺は固め。美味くもないが不味くもない。ラーメン以外のメニューが多い。つまり飲み屋である。

○場所○
京成八千代台駅の西から、国道296号に抜ける道沿い。自衛隊宿舎のあたり。

○データ○
●営業時間
(不明)
●住所
(不明)
●TEL
(不明)

取材 2000年10月28日
グルメ > 千葉県 | comments (0) | trackbacks (0)

ラーメン専科

駐車場が広い。ドライブインのようなラーメン屋は期待していない。
店の中は、右側に座敷席、正面にカウンター席、その中が厨房、左側にテーブル席。
メニューをみると、札幌、東京、九州、とジャンル分けされていて、それぞれ数種類のラーメンがある。どれが売りなのか分からない。3人でいったので、それぞれ、札幌(味噌)、東京(醤油)、九州(白湯)を頼んだ。
ラーメン専科といいながら、ソーセージがメニューにあるのはどういうことだ?

○総評○
私は、東京ラーメンを食べたが、ごく普通の醤油ラーメン。特筆すべきところはない。
味噌ラーメンはひどかった。ニンニクなのか、ネギなのか、臭くて食べられない。
九州ラーメンは、確かに白湯スープだが、変わった味。ハムか?
これでも、客は次から次へと入ってくる。不思議だ。
醤油ラーメンは500円であったが、消費税を別に取られた。消費税を導入したからといって、600円に値上げするよりは良心的か。

○場所○
津田沼の西、中野木の交差点を北に行ったところ。

○データ○
●営業時間
(不明。2時まではやっているはず)
●住所
(不明)
●TEL
(不明)

取材 2000年10月28日
グルメ > 千葉県 | comments (0) | trackbacks (0)

昇龍

店の名刺には「牛肉麺・点心・小菜」と書かれている。ラーメン屋というよりは、中華料理屋なのだろう。はっきりと確認したわけではないが、調理人は中国の人である。
店は広く清潔感がある。二重扉を入ると右側に座敷席、左手前にテーブル席、正面に逆L字型のカウンター席があり、その中が厨房である。カウンターの前が高くなっていて、厨房の中は見えないようになっている。
その店の売り物メニューまたは基本メニュー(しょうゆラーメン)を頼むことにしている。この店ならば牛肉麺(そんなメニュー、あったかな)を頼むところかもしれないが、ここはオーソドックスなラーメン(550円、税込み)を頼んだ。

○総評○
麺は細く固め。スープは、あっさりしている。麺にスープが絡まないので、物足りない感じがするが、スープそのものは美味い。

○場所○
JR新検見川駅の陸橋を北に向かう。ひたすらまっすぐ行くとT字路にぶつかるので、そこを左折。ほっかほっか亭の隣。

○データ○
●営業時間
午前11:00〓午前1:00
●住所
〒262-0018千葉市花見川区畑町1322-2
●TEL
043-273-0999

取材 2000年10月14日
グルメ > 千葉県 | comments (0) | trackbacks (0)

にゃがにゃが亭

千葉県でもっともラーメン屋が集中している通りは、行徳バイパスではないだろうか。この通りを東西線行徳駅の辺りから、浦安駅の方に走っていくと(もちろん逆向きに走ってもいいが)、道路の両側に、数多くのラーメン屋が建ち並んでいる。
その中でも、客が多く、一番、目立っていたのが、にゃがにゃが亭というラーメン屋である。私たちが訪れた、ちょうど、その前日、テレビ番組で紹介されたこともあるのだろうか、行列ができていた。せっかく、行徳に来たのだからと思い、その店に入ることにした。
間口が広く、ドアがない。つまり、店の外から中の様子が丸見えである。比較的、店内は広いが、席と席の間がゆったりしているので、席の数は少ない。カウンターに10席強くらい、あとはテーブルが3卓ほど。カウンターの中が厨房になっており、5人ほど、店員がいた。なかなか活気がある。店に入ると(開け放しだが)右側に食券の自動販売機がある。らうめん(750円、税込み)が定番のようだが、奮発してちゃあしゅうめん(1000円、税込み)にした。
まず、食券を買ってから、待て、との指示があるので、その通りにする。やがて店員が順番に、席に座らせる。席もゆったりしているし、天井も高い。店内は清潔で、快適である。カウンター席に座ると、一段高いところに、サラダボウルがあり、キムチが山盛りになっている。店主は韓国の人らしく、このキムチは自家製である。そして、ただで食べ放題である。ラーメンがでてくるのを待つ間、キムチを小皿にとって食べる。私は辛いのは苦手だが、このキムチは美味しく食べられた。何でも、このキムチを作るための人件費が月に100万円だとか。名物になってしまい、やめるにやめられないらしい。

○総評○
美味い。スープは豚骨と鶏ガラ。こってりしすぎず、ちょうどいい。麺は細麺で固すぎず、柔らかすぎず、これもちょうどいい(みそらうめんは太麺。ただし、好みで選べるらしい)。チャーシューも柔らかく、味も良い。ゆで卵が半分載っているが、これはちょうどいい半熟になっている。
あえて気になった点をいえば、スープが若干、ぬるかった。冬は、店が開けっ放しだから、寒いんじゃないか。
なお、みそらうめんは辛味である。

○場所○
行徳バイパスの道路沿い。行徳駅から歩いて10分くらいのところにある。

○データ○
●営業時間
(不明。午前3時までやっているのは確か。)
●住所
(不明)
●TEL
(不明)

取材 2000年10月7日
グルメ > 千葉県 | comments (0) | trackbacks (0)
1/1

©1995-2006stabucky.com