小田原

ゴールデンウィークなので家族サービスをしなければならない。妻と赤ちゃんを連れて小田原へ遊びに行くことにした。渋滞が嫌なので、小田急線でいった。
乳児を連れて電車に乗るのはなかなか大変である。ミルクやおむつを入れたバッグ、ベビーカー、そして乳児自身を運ばなければならない。シルバーシートに座る権利はあると思うが、誰も譲ってはくれない。やっと席が空いて座ってもやはり荷物が邪魔。
小田原駅は小田急線とJRが入っている。西口から出てしまったが、こちら側は山側で栄えていない。しかも東口に抜ける通路がない。
10分ほど歩いて小田原城にいった。雨が降り始めて電車で来たことを後悔し始めていたが仕方がない。城の周りは公園になっていて、小さな動物園もある。象がいた。ベビーカーを押していて気が付くことは、車椅子に乗っている人の気持ちである。この公園は車椅子だと大変、動きづらそうだ。まあ、車椅子で動きやすい城なんてものは、城としては失格なのだが。
城に上るための券(400円)と見聞館というところに入るための券がセットになった600円の券を買った。城の入り口にベビーカーを置こうとしてコインロッカーを見たら中に入らない。事務所に預けて200円。靴を履いたまま上がる。中は博物館のようになっていて、今は鎧の特別展をやっていた。最上階まで上がると中は売店と休憩所になっている。外は回廊になっていて城からの景色を楽しむことができる。私は高所恐怖症なので楽しむわけにはいかなかったが、一周した。
最上階まできちんと階段が付いている。つまりこの建物は復元なのであった。
小田原城は戦国大名、北条家の城である。北条といっても、鎌倉時代の北条ではなく、戦国時代の北条である。そのため、戦国時代の北条を「後北条」といって区別することがある。後北条は北条早雲が起こした。小田原駅の西口には、馬に乗った早雲の、かなり大きな像が建っている。後北条は、その後、関東を平定した。戦国時代に最後まで残っていたのが後北条家である。豊臣秀吉が後北条家を滅ぼして全国を制覇した。後北条は5代で終わった。
午後3時頃、城址公園を出て、駅前の商店街にある「橋本」というそば屋に行った。かき揚げとせいろそばを食べた。美味しかったが、わさびは練りわさびだった。
駅前には鈴廣という蒲鉾屋がある。もちろん、他の蒲鉾屋もいろいろあるが、この鈴廣が一番、流行っているようだ。そこで、ウニの載った蒲鉾を買った。家に帰って食べたが、本物のウニが載っていて臭みがなく、美味しかった。
帰りの電車はシルバーシートに最初から最後まで座った。
お出かけ | comments (0) | trackbacks (0)

ウォシュレット

「ウォシュレット」というのはTOTOの商品名である。ノズルが便座の下に仕掛けられていて、事の済んだ所を洗い清める物である。TOTOが最初に開発して普及させたので、このタイプの商品はみなウォシュレットと呼ばれることが多いようだ。ウォークマンや宅急便と同じである。
今は、TOTOの他、INAXなど他の会社も同様の商品を売り出している。面白いのはナショナルである。売場で見てみると、ナショナルは2種類のカタログを用意している。扱っている商品はまったく違う。よく見ると「ビューティ・トワレ」という商品を扱っているのは松下電器産業、「クリーンシャワレ」という商品を扱っているのは松下電工。同じナショナルでも違う会社なのだ。
昨夜、ビールをかなり飲んだので、夜中におなかを壊してしまい、トイレでエラい目にあった。これはウォシュレットを買わねばなるまい、と思った。
ということで、今日、ヨドバシカメラに買いにいった。売れ筋は、安い商品らしく、売り上げ1位がビューティ・トワレの最安値ヴァージョン、2位がクリーンシャワレの最安値ヴァージョン。両方とも、安くても温水は出るし、便座は暖まるので、問題はなさそうだ。温風は使わないので要らない。違いはクリーンシャワレは水の出るスイッチがダイヤル式であるところ。ということで、ビューティ・トワレを買った。三万五千円也。
買うときに店員が「ウチネジですか」といきなり訊くのでカチンときた。こんな事をいきなり訊かれて意味が分かるわけはないし、もし分かるような人が買うのならば訊く必要はない。つまり、家庭のトイレの水道栓のことを訊いていたのだ。ならば「水道栓の形状によっては取り付けできないことがあります」と前置きをするのが普通であると思う。私は事前に調べて知っていたので、わざとしらばっくれてやった。
取り付けは結構、簡単。もちろん、水道栓をいじるのなんか初めてだったが、説明書が丁寧なので、すぐできた。水道の元栓を締めなくても工事ができるところは意外。
さて、取り付けが終わったが、こんなときに限っておなかの調子がよい。それでもシャワーを試してみたが、少し水の勢いが弱い。しかし、こんなに簡単に取り付けられるのならもっと早くに買っておくんだったと思った。
買い物 | comments (0) | trackbacks (0)

首相公選制

小泉首相が首相を国民が直接選ぶことを発言した。
本当にこれをやってしまうと、人気投票になってしまうので、長島茂雄が首相になってしまう。しかし、小泉首相の考えでは、国会議員何十人かの推薦が必要とすることで避けられるとのこと。
ニュース > 政治 | comments (0) | trackbacks (0)

新首相

首相と内閣総理大臣の違いがよく分からない。
首相というのは「相の首」つまり「大臣のトップ」という意味だろう。
日本だと「大臣のトップは内閣総理大臣である」という位置づけでそう呼んでいるようだ。
英語だと首相も内閣総理大臣もprime minister(一番エラい大臣)と訳される。

日本の新しい首相に小泉純一郎が選ばれた。
国民が直接選んだわけではないが、国民の人気に一致する人が選ばれたわけで、いつものようにどうやって決まったのか分からないというもどかしさが、今回はなかった。
59歳と若いこともあって、とても身近に感じる。

田中真紀子を外務大臣に起用したのも面白い。
彼女は小泉純一郎の応援演説の中で、小渕元首相に対し「おだぶつ」などといって物議を醸したが、身内の悪口だから、別にいいんじゃないか。
このことで小渕の跡を継いで衆議院議員となった娘が泣いたという。
こんな弱い人間が議員をやっている方が心配だ。
田中の娘と小渕の娘では格が違うということか。
ニュース > 政治 | comments (0) | trackbacks (0)

河島英五

河島英五が死んだ。
フォーク好きにとっては、なかなか大事な人を亡くした。
彼のヒット曲では「酒と泪と男と女」が一番、有名かもしれない。

飲んで飲みつぶれて寝むるまで飲んで


「眠る」と書くべきところを「寝むる」と書くところが、河島英語である。

彼の声真似は簡単で、下顎を突き出すようにして歌うとよい。
そう、彼は美声ではなかった。
それが却って良かったのかもしれない。
ニュース > おくやみ | comments (0) | trackbacks (1)

無断で同居

今日の新聞にすごい記事が載っていた。「無断で同居、バレずに6年」これは義母に家を追い出された男が、こっそり戻ってきて、その家の2階に6年間住んでいたという事件。何でこんなことができたかというと、この「義母」、目と耳が不自由。それで全然、気付かなかったというわけ。この「義母」が気付かないのは仕方がないけれど、馬鹿ちんなのは、介護にきていたヘルパーの人。まったく気付かなかったらしい。
で、何で見つかっちゃったかというと、それまで定職のあった男が職を失い、金に困り、義母の貯金に手をつけちゃったため。それで義母がお金が減っていると気付き、泥棒が入ったと警察を呼んで、この男が見つかった。
ところが、親族間の窃盗は刑が免除されるらしい。そこで貯金を引き出す際に郵便局員をだましたということにして詐欺罪を適用した。この男、警察が家に踏み込んで発見されたのではなく、実は郵便局で義母の金を引き出そうとしたときに書いた書類の筆跡から割り出されたらしい。馬鹿だ。
ニュース | comments (0) | trackbacks (0)

フリーソフトでゲーム

最近、この日記も休みがちだが、なぜかというとインターネット上で見つけたフリーソフトのゲームに夢中になっているからである。
ウィザードリーというゲームがある。最初はパソコンで発表されたゲームである。地下にできた架空の迷路をさまよい歩いて時々現れる化け物をやっつけるという単純なゲームである。ゲームというと、将棋や双六のようなものだが、これは1人でやるゲーム。いってみればトランプのソリテアに似ている(Windowsのおまけに付いている「ソリティア」は発音が違うと思う。「ソリテア」だろう。「悲しみのソリテア」という歌もあった)。子供の頃、パソコンとこのゲームを手に入れた。単純だがなぜか、夢中になって遊んだ。もう10年以上も前の話だ。
そんなゲームがインターネット上にないだろうかと思って探してみたら、あった。「Wanderers」というゲームだhttp://homepage1.nifty.com/taka_homepage/。これは完全にタダで遊べる。それに当時、私が遊んだ本物にそっくりである。ちょっと難易度が高いが。
プレイステーション2も買ったが、こちらは、あまりやっていない。パソコンを買い替えたので、DVDの機能も不要だ。ゲーム専用機を買わなくても、インターネットで見つけたゲームで十分なような気がする。
デジタル | comments (0) | trackbacks (0)

寿司

テレビで寿司の場面が出ると、シブがき隊の「スシ食いねェ!」が流れる。彼らはその活動の中で1曲しかオリコン1位になっていないが、この曲ではない。それなのにみんなこの曲を知っている。恐ろしいことだ。私たちの限りある灰色の脳細胞の一部は聴きたくもなかったこの曲に占拠されている。1980年代に思春期を送った者は、その他にも近藤真彦の「ヨイショッ!」など、音楽的価値があまりないと思われる歌に脳が冒されている。おかげで、おそらく、その頃より音楽的価値は高いと思われる、現代のヒット曲が頭に入らないのだ。
話は変わるが、年をとると記憶力が悪くなるとよくいう。しかし、実際にはそれだけではないらしい。年をとると、若い頃に比べて勉強しなくなるかららしい。そう考えると、子供の頃は毎日、1日5〜6時間も勉強していたのである。頭がよくなるはずである。
ということで、子供の頃の勉強は大事である。小学生は6年までの教科書を3年までにマスターすべきだ。音楽は聴かない方がいい。
豆知識 | comments (0) | trackbacks (0)

乗用車の中の死体

今月12日、川崎市で街路樹に衝突した乗用車の運転席から死体が発見された。事故が原因で死んだのではなく、窒息死だったという。つまり誰かに首を絞めて殺されて、事故死に見せかけられたらしい。いくら警察が馬鹿でも絞殺と衝突死だったら、気付くぞ。
車は午後7時40分頃に発見された。死体は運転席に座りシートベルトを締めていた。運転している最中に首を絞められたのか、別のところで絞め殺されて運転席に座らせられたのか。死亡推定時刻は午後3時。こんな明るい時間から夜まで発見されなかったことも不思議だが、ま、あり得る話か。
もし別のところで殺して、偽装のために運転席に座らせたとしたら、犯人は馬鹿である。街路樹にぶつけたのは犯人であるし、わざとぶつけたとするとかえって目立つようにしているからだ。死体を運転席に座らせて、路肩に停めておけば、翌朝まで気付かれなかったかもしれないし、あるいは死体をトランクに入れておけば数日は発見されなかったかもしれない。普通、死体の発見が遅れるほど、捜査は難しくなる。これが推理小説だと、わざと早く発見させるということは、犯人は犯行時刻のアリバイを偽装しているということになる。
かといって、運転している被害者の首を絞めるというのもすごい。バスの運転手を射殺しちゃうようなもんだ。
鍵は開いていたようだから、密室ではない。もっとも車の場合は密室にするのは簡単だから、意味はない。
新聞を見る限り、絞殺とは書いてあるが、何で絞められたのかは、詳しく書かれていない。犯人しか知り得ない状況というやつか。
ニュース > 犯罪 | comments (0) | trackbacks (0)

ハッピーマンデー

私の記憶が確かならば「悲しみのマンディ」という曲があった。ライブエイドを提案し成功に導いたボブ・ゲルドフが率いるイギリスのバンド、ブームタウンラッツの(唯一の)ヒット曲である。この歌は、アメリカの女子高生が「月曜日が嫌いだから」という理由で、学校内で銃を乱射した事件を元にしている。
この女子高生だけでなく、月曜日が嫌いだという人は多いと思われる。

ということかどうかは知らないが、ハッピーマンデーという制度がある。
今まで、月日で固定されていた祝祭日を、何月の第何週の月曜日という風に変えることである。
これにより、連休が増える。
余計なお世話である。
すでに体育の日などはこの考え方によって、変えられた。
今まで月曜日が定休日だった会社員はどうするんだ。

で、今度は、海の日を7月の第3月曜日、敬老の日を9月の第3月曜日にしようという法案が、今国会に提出されているらしい。
またもや余計なお世話だと思うが、そうなってしまっている。
海の日はいいだろう。導入されてまだ間がないから。
敬老の日もいいや。と思っていたら、全国老人クラブ連合会からクレームが付いたという。
いわく「本来の敬老精神の意味が薄れる」だって。
どうしたらそんな理屈が出てくるんだ。
大体、本人が言うなって。
年がら年中、休みじゃないか。
ニュース > 無駄 | comments (0) | trackbacks (0)
1/2 >>

©1995-2006stabucky.com