とばく

昨夏の全国高校野球選手権大会を巡り、三重県科学技術振興センター(旧県農業技術センター)の農業研究部職員と臨時職員の計16人がかけをし、とばく容疑で津区検に書類送検されたことが分かり、同県は31日、32〜57歳の男性技術員3人を減給10分の1(1カ月)、男性主任研究員(43)と28〜59歳の男性技術員11人を戒告の懲戒処分とした。60歳代の男性臨時職員は、昨年10月末に雇用を打ち切った。
同県警久居署の調べでは、同研究部(同県嬉野町など)の県職員ら16人は県内の30〜60代の商店主5人とともに、夏の甲子園の優勝、準優勝校を当てるとばくをし、県職員ら16人は1口500円で2〜22口、計5万500円をかけた疑い。(毎日新聞)

こういうことは、どこの職場でもやっていることだろう。高校生だってやっている。罪の意識などない。マージャンなどは、賭けずにやる人がいるのだろうか。
今回の事件、合計で5万円程度の賭けだというから、一人当たり、3000円である。こんなことで、クビになったり、減給されたりしている。運が悪いというか何というか。
私は、こういうことには、参加しないようにしている。犯罪だから、というわけではない。儲からないからである。
ニュース > 犯罪 | comments (0) | trackbacks (0)

豆腐グラタン

お笑い芸人の坂本ちゃんが大学入学を目指すというテレビ番組の企画があった。
このときの家庭教師が東大卒のケイコ先生。
後で、売れない女優だということが分かってがっかりしたが、ケイコ先生はこの企画のおかげで、最近はテレビにもよく出るようになった。
バイオリン弾けなきゃただのデブと結婚した、やはり東大卒の女優、高田万由子は何か企んでいそうな感じがして嫌だが、ケイコ先生はなかなか感じが良くて好きである。
でも、いくら美人だとはいえ、他の芸能人と一緒にいると、大したことはないというのも事実である。

さて、その彼女が最近出ている豆腐グラタンのコマーシャル。
最後のほうで、彼女がスプーンですくった豆腐グラタンを口に運ぶシーンがある。
スプーンを口に入れた瞬間、ベロが出ているところに注目してほしい。
舌をなぜ、ベロというのか分かるような気がする。
テレビ | comments (0) | trackbacks (0)

雪印

あっぱれというほかない。あまりに馬鹿げていて。
雪印乳業の子会社「雪印食品」(東京)の関西ミートセンター(兵庫県伊丹市)が昨年10月、オーストラリア産の牛肉を、狂牛病対策で買い取り制度の対象となった国産牛の箱に詰め替える偽装をし、業界団体に買い取りを申請していたことが23日、関係者の証言で明らかになった。雪印乳業の集団食中毒事件に続き、グループ企業のモラルが厳しく問われそうだ。(共同通信)

「モラルが問われる」どころの話ではなく、これは犯罪である。新聞社も正しく言葉を使うべきだ。
しかし、企業が営利を追求する以上、これは、ありうる話で「あ、こういう手もあったか」と目からうろこが落ちた食品業者もあるかもしれないし、「え、ダメなの?」といっている肉屋もいるかもしれない。
その一方、国のとった対策が正しいのか、という疑問もある。
一方、国の買い上げ価格が、オーストラリア産牛肉の正規の卸売価格よりもはるかに高いことも判明した。オーストラリアを含むオセアニア産牛肉の卸売価格は昨年10月実績で、冷凍ものなら1キロ当たり382〜485円、冷蔵もので同383〜875円。これに対して、国の対策事業では、最高で1キロ当たり1554円で、問題の肉も1114円で買い上げられていた。(毎日新聞)

これなら、やっちゃうかもしれない。
たとえば、ある商品が非課税になることがある。これも、国の政策である。この非課税の制度を利用して、儲ける業者もいる。今回も、国の政策を利用して儲けようとした業者の話である。ま、あまり、変わらないような気がする。
「この買取価格の元は、国民の税金だぞ」と怒るかもしれないが、こんな対策を打ち出した国が悪いような気がする。何のためにこんなことをしているんだ?
ニュース | comments (0) | trackbacks (0)

新潟少女監禁事件

新潟県三条市の女性(21)が9年2カ月間監禁されていた事件で未成年者略取・逮捕監禁致傷などの罪に問われた同県柏崎市、無職、佐藤宣行被告(39)に対し、新潟地裁は22日、懲役14年を言い渡した。裁判長は「肉体的、精神的成長に最も重要な時期を奪い、人格形成や社会適応性の醸成に大打撃を与えた。」と指摘。(毎日新聞)

こういう場合は、本当は最高10年しか刑務所に入れられないらしい。
それを、この男が別に犯した窃盗罪を5年プラスして、15年を求刑。
母親がいるからなどの理由で1年減って、懲役14年になった。
多分、出所する頃には、母親は亡くなっているかもしれない。
母親も同罪だからなあ。

いくらひどい犯罪だからといって、こういう無茶な求刑、判決はない、とも思う。
法律がおかしいのであろう。

さらわれたとき46キロだった体重が救出時には38キロになっていたらしい。
これ、かなり痩せていると思われるが、実際、40キロ程度の大人の女性は、結構いる。
それよりも、9歳の子供が46キロもあったということに注目すべきだろう。

とはいえ、自分自身や自分の子供が、10歳代のほとんどを監禁されて過ごしたと想像すると、かなり恐ろしい。
ニュース > 犯罪 | comments (0) | trackbacks (0)

プレステ2

久しぶりにテレビゲームを買った。以前に買った「ファイナルファンタジー」はプレー時間50時間を越えてもまだまだ終わらない。だんだん、修行のようになってきた。飽きてきたので、新しいゲームを買うことにしたのだ。
「バイオハザード」を買った。専用の拳銃型コントローラーも購入して約8000円もしたが、ヨドバシカメラのゴールドポイントを使ったら、それで賄えた。
本体にUSBで接続するほか、テレビと映像コードの間に別の映像コードを入れて、コントローラーにつなぐ。すると、コントローラーをテレビ画面に向けて動かすと、それに応じてカーソルが動く。少し反応が遅い。
ゲームは、ゾンビとかお化けとかがたくさん出てきてこっちに向かってくるのを、ひたすら撃つ。
これもなかなか修行度が高い。
実はもう一つ買っていた。「ブラボーミュージック」という音楽ゲーム。これは以前、発売されていたものの廉価版である。曲数が少ない。
画面に表示されるテンポに合わせて、コントローラーのボタンをひたすら押す。こういうゲームはよくあるが、違うのは、ボタンを押す強さを調節しなければならないこと。この押す強さが、音の大きさになる。曲は、「運命」や「G線上のアリア」など有名なクラシックばかり。これに合わせて、コントローラーを操作すると、さながら指揮者の気分。
しかし、これもなかなか修行度が高い。
デジタル | comments (0) | trackbacks (0)

「美人銀行員オンライン横領事件」

松田美智子という人の書いた「美人銀行員オンライン横領事件」という本を読んだ。
実話である。
プレイボーイ(死語)にだまされて貢がされ、脅されて横領を働いたOLの話である。
昭和56年3月の事件で、刑も執行され、すでに出所しているからか、実名で書かれていない。
こういうドキュメンタリーは実名でないと面白さが少し薄れる。
確か、伊藤素子(もとこ)という名前だったように記憶している。

今、世間で騒がれているのは、東京ガスの美人OLが殺されて、実は夜は娼婦だったという事件。
犯人はネパール人らしく、現在、裁判の最中である。
これは殺されたほうも自業自得だったような気がする。
本当に美人か、という疑問は残る。

しかし、この「美人銀行員」は本当に美人だったように記憶している。
当時、「結婚したい」とか「愛人にしたい」とかいう男がいっぱい、現れた。
もっと、早く、言ってやれよ。

彼女は、銀行に客としてきた男にデートに誘われる。
外車に乗せられ、高級レストランにつれていかれ、そして、身体を許してしまう。
そして、その男にのめりこみ、貢がされ、30歳過ぎまで独身で、贅沢もせずに貯めた一千万円近い金を2年の間にゼロにされてしまった。
そして、男はヤクザの存在を匂わせ、女に横領を強要する。一億三千万円。

犯罪を犯すと、人はみな、なぜそんなことをしたのか、と言う。
この事件だってそうだ。
しかし、この話を読むと、ありえないことではないと思う。
強い不安感を覚えた。
| comments (0) | trackbacks (0)

ブッシュ大統領が、ろう人形に

ロンドンのマダム・タッソーろう人形館で15日、ブッシュ米大統領の人形の顔に傷が描き込まれた。同大統領が14日、ホワイトハウスでフットボールをテレビ観戦中、のどにクラッカーをつまらせ一時失神、転倒した際にできた傷を「再現」したもので、本物そっくりになった。(毎日新聞)

どうも、ブッシュ大統領というと、父親のイメージが強く、じじいだという印象がある。ところが、実際には、還暦を迎えた小泉純一郎よりずっと若く、まだ55歳だという。それで食べ物をのどに詰まらせるかねえ。
そういえば、父親ブッシュも晩餐会か何かで、ゲロゲロ吐きながら倒れたことがあったような気がする。アメリカもガードが甘いなあ。日本じゃ、そんなこと、めったにないもんね。
ニュース > 海外 | comments (0) | trackbacks (0)

年賀状お年玉くじ

年賀状の下にくっついている番号で賞品が当たるというお年玉くじ。普通の葉書で年賀状を送ると、これが付いていないため、怒る人もいるという、非常にありがたい仕組みである。
子供の頃に比べ、年賀状を送る数は増えたので、もらう数も増えたが、くじに当たる回数は減ったような気がする。もっとも、当たっても、切手シートばかりであったが。
ところが今年はふるさと小包が当たった。何がもらえるのかわからないが、みかん5個くらいはもらえるだろう。
生活 | comments (0) | trackbacks (0)

成人式

この日記も始まってから1年以上になる。昨年の日記には、若者が大暴れして、各地の成人式がめちゃくちゃになったというようなことが書かれている。暴れた連中の「名前と顔を公表すればいいじゃないか」とも書いている。今年は、昨年ほどではなかったが、やはり田舎の連中が暴れて、沖縄では逮捕者が出たらしい。久米宏の「ニュースステーション」では顔にモザイクをかけていなかった。それでいいのだ。もっとも警察官もテレビを意識しているようなところがあったなあ。「逮捕だ。逮捕するぞー」だって。「バカボン」か。威嚇射撃なしで発砲すればよいのだ。これでいいのだ。
若者たちが、なぜ、昨年、あんなに暴れたのかは、実は理由がある。それまでの成人式は、1月の15日であったから、正月気分が抜けている。ところが、昨年は1月8日だった。子供の気分からすると、はっきり言って、冬休みの終わりである。つまり、明け方に叩き起こされたようなものだ。誰だって、怒る。今年は、14日ということで、平年並みである。今年、浦安市はディズニーランドで成人式をやったが、あれが昨年のような冬休みの最終日である8日だったら、ダメだったろう。
成人の日の定義をよく知らないのだが、もし第二月曜日ということであれば、来年は13日になる。多分、大丈夫だろう。
ニュース | comments (0) | trackbacks (0)

ラーメン茶漬け

永谷園の「ラーメン茶漬け」を食べてみた。
2種類あるらしい。
私が買ったのは「とんこつシリーズ」。
一袋、百数十円する代物だが、中身は2食分しかない。
「とんこつ」と「醤油とんこつ」の2種類。

味は、予想通り。
カップラーメンのスープと同じである。
私はカップラーメンを食べると、そのスープにご飯を入れて食べることがあるので、よく分かっている。
まさにその味である。
カップラーメンは1個100円だから、この「ラーメン茶漬け」の値段は破格である。
「そばめしふりかけ」と同じで、珍しさで一回、買わせようという魂胆だ。
もう二度と買うまい。
食べ物 | comments (0) | trackbacks (0)
1/2 >>

©1995-2006stabucky.com