浅間山荘事件

浅間山荘事件からちょうど30年だという。

佐々淳行の書いたドキュメントを読んだことがある。
この人は最近よくテレビに出ている。
東京大学を卒業し、元は警察のキャリアで今は文筆業という変わり種。
浅間山荘事件では、現場の指揮に当たった警察官僚側の人間である。
このドキュメントは、警察官僚から事件を見ているが、現場にもいただけあって、非常に迫力のある記述になっていた。

当時、警察官が拳銃を発砲することは世間的に認められていなかった。
安保闘争などの制圧で警察が銃器を使えば一発で鎮められるわけだが、そんなことをすると、世論が黙っていない。
最近、やっと拳銃の使用が認められる風潮になってきたが、当時はダメだった。

そんな状況の中で、ライフルをバンバン撃ちまくる犯人たちに丸腰で向かわなければならなかった警察官たちの姿を見ると、今の警察官の正義感の無さが本当に情けない。

警察の上層部では「今日中に決着をつけなければ。もし、明日が命日になったら、4年に1度しかこない」という人間がいたらしい。
この事件が起きたのは、1972年、つまりうるう年であり、2月29日があったのである。
結局、事件は2月28日に解決し、この警察の偉いさんの思いは杞憂であったわけだが、犠牲者が2名出たということからすると、まるきりの杞憂であったとはいえない。
佐々は現場にいながらこういった上層部の話も耳に入るわけで、ひどく憤りを覚えた、というようなことが書かれている。

今度、役所公司が佐々役となり、映画で再現されるという。
なかなか楽しみである。映画館に見に行く気はしないが。


連合赤軍「あさま山荘」事件―実戦「危機管理」-佐々 淳行



突入せよ!「あさま山荘」事件
豆知識 | comments (0) | trackbacks (0)

田代まさしの芸能界復帰

もうどうでもいいことだが、ちょっと、予言してみたい。今年の夏の日本テレビ「24時間テレビ」恒例のマラソンに、田代まさしが挑戦すると、見た。
テレビ | comments (0) | trackbacks (0)

出題ミスによる過剰反応

この季節は受験の季節ともいえるが、今年は出題ミスが多いように感じる。
長崎大は25日、医学部医学科の2次試験を5分早く始めるミスがあったと発表した。大学によると、78人が受験した教室で試験監督者が時計を見間違え、午後0時半開始の「数学」を同25分から始めた。この教室では、本来より5分早く試験を終了した。この教室で遅刻した受験者はおらず、苦情もなかったという。(毎日新聞)

そういう中で、このような過剰反応ともいえる、大学側の反応というのもある。世の中に、5分くらい時間の間違った時計ってたくさんあるぞ。大体、長崎大学の中、全部、探せば、30分くらい間違っている時計だって、きっとあるはずだ。スパイ大作戦じゃないんだから、作戦開始前に「時計を合わせるぞ」なんて、微妙なことは、起こらない。
やりすぎはよくない、ということで、こんな事件もあった。
脳こうそくで倒れ、救急車を呼ぼうと20回も119番通報したのに京都市消防局が「いたずら」として放置、3日間にわたって死の恐怖を味わったとして、京都市西京区で一人暮らしの無職男性が25日、市を相手取り慰謝料400万円の支払いを求めて京都地裁に提訴した。男性は今も後遺症があり、市側は男性に謝罪した。(毎日新聞)

20回も電話する元気があったら、別のところに電話してみるとか、工夫したら、如何か。嫌がらせだと思われても仕方がないような気がする。しかも3日間も死にそうなのに、誰も気づかないというのもすごい。多分、この人、ふだんから、嘘の電話をかけ続けていたのだろうなあ。家族も友人も一人もいない、孤独な生活が目に浮かびますねえ。合掌。
ニュース > 教育 | comments (0) | trackbacks (0)

年度末の工事

日曜日の夜10時に千葉を出発して、午前0時30分に川崎に着いた。年度末が近くなり、高速道路の工事が多い。5箇所くらい、やっていたように思う。いい加減にしてほしい。
生活 | comments (0) | trackbacks (0)

遭難

もう、遭難しても、探さないことにしてほしい。
滋賀県警は20日朝から、同県伊吹町の伊吹山(1377メートル)山頂に19日に向かったまま下山しない岐阜県大垣市安井町7、県立大垣農業高2年、木村智行さん(17)の捜索を始めた。米原署員ら約40人と県防災ヘリコプターで、登山道や、8合目と山頂の山小屋内を確認したが、午後1時現在見つかっていない。

大体、何で、こんな平日の昼間にスキーだか山登りだか知らないが、遊んでいられるのか、高校生が。
テスト休みだろうか。だったら、勉強しろ。
自殺かもしれないから、探さないのがよいだろう。
この費用、親が負担するのだろうか。

ちょっと、正確なことを忘れてしまったが、こういう捜索の場合、何に費用がかかるかというと、人件費よりもヘリコプター代が一番らしい。
飛行機はもう少し安いが、砂漠の捜索ではないから、使えない。
やはりヘリコプターしかないが、これが高い。
40人の人件費が、単純に1日1万円とすると40万円。
ところが、ヘリコプターは、1時間あたり、百万円単位の金がかかると聞いたことがある。
ニュース > 無駄 | comments (0) | trackbacks (0)

裁判長とさだまさし

東急田園都市線の三軒茶屋駅で、銀行員の男性(当時43歳)が暴行を受け死亡した事件で、東京地裁の山室恵裁判長は19日、傷害致死罪に問われた19歳の少年2人に懲役3年以上5年以下の不定期刑を言い渡した後「唐突だが(シンガー・ソングライターの)さだまさしの『償い』という歌を聴いたことがあるだろうか」と語りかけ、反省を促す説諭をした。(毎日新聞)

自分でもいっているが、本当に唐突である。さだまさしの歌なんか、今の未成年者が知るか。よほどのファンなのだろうが、さだまさしから、頼まれたってことはないだろうか。
この歌は、「夢の轍」というアルバムに入っているらしく、もちろん、さだの作詞、作曲によるもの。
人殺しあんたを許さないと
彼をののしった被害者の奥さんの涙の足元で
彼はひたすら大声で泣きながら
ただ頭を床にこすりつけるだけだった

交通事故で人を殺してしまった男の歌だということらしい。
興味があるなあ。なんて、嘘。

歌手としては、こういう直接的な歌は稚拙な部類に入ると思う。
聴いてみたら、どうかは、分からないけれども。

裁判長は「歌詞だけでも読めば、君たちの反省の言葉がなぜ心を打たないか分かるだろう」といっている。
よほど、この犯人たちは、口先だけの反省の言葉をぺらぺらとしゃべっていたのだろう。と、裁判長は決めつけている。多分、そうだろうしな。

この事件で、はっきりしていることは一つ。君子、危うきに近寄らず。いくらむしゃくしゃしていても、喧嘩はしない方がよいということだ。と、あまりに普通な締めくくり。
ニュース | comments (0) | trackbacks (0)

餓死事件

群馬県伊勢崎市で昨年11月、無職、長谷川三根子さん(当時36歳)に食事を与えず餓死させたとして、同県警捜査1課と伊勢崎署は13日、内縁の夫の同市上諏訪町、無職、金井幸夫容疑者(37)ら家族4人を殺人容疑で逮捕した。(毎日新聞)

私はこの日記にはインターネットに載っている新聞社の記事をそのまま引用している。
同じ内容でも、書き方によって分かりやすさが違うと感じることがある。
長谷川さんは同県内の中学校の同級生だった幸夫容疑者の家族と平成十年一月ごろから同居していたが、殴られたような外傷や縛られたような跡があり、たびたび暴行を受けていたらしい。(産経新聞)

「同県内の中学校の同級生」とあるが、単に「中学の同級生」で済むのではないか。
同じ県だろうが違う県だろうがどうでもいい。
また「中学校の同級生だった幸夫容疑者の家族」とあるが、家族と同級生だったようにも読めて、分かりづらい。
もちろん文脈からそんなことはないと分かるが、よい書き方ではないだろう。
これまでの調べでは、金井容疑者と長谷川さんは太田市内の中学の同級生。(毎日新聞)

こっちの書き方のほうが分かりやすい。

さて、わき道にそれたが、気になったのは、次の部分。
司法解剖の結果、長谷川さんの死因は餓死で、体重は約二十六キロしかなかったという。(産経新聞)

あの新潟少女監禁事件で、被害者の救出時の体重は38キロ
どっちのほうがすごいんだ?
ニュース > 犯罪 | comments (0) | trackbacks (0)

モーグル

モーグルという競技がある。でこぼこした斜面をスキーで滑り降りるやつだ。
この競技は途中で小さなジャンプ台で飛んで、足を開いたり、くるっと回ったりする。このときの演技が得点に加算されるという、なんだかよく分からない競技だ。私は、このジャンプが(エアーというらしいが)、全体の10%くらいのウェイトだと思っていた。
ところが、何と、このジャンプが25%を占め、スピードが25%、滑っているときの姿勢が50%だという。恐ろしいことだ。私は90%をスピードが占めるのだと思っていたが、まったく逆だった。これは、スキーというよりは、フィギュアスケートに近い。もはや、スポーツではない。
日本の里谷という選手が銅メダルを取ったが、おそらく、スピードだけの勝負だったら、金メダルだったかもしれない。もっとも、前回の長野では金メダルだったらしいので、得点の割合がどうこういう問題ではないのかもしれない。何をいってんだか。
スポーツ | comments (0) | trackbacks (0)

ソルトレークオリンピック

面白くないのでもうやめてほしいと個人的には思っている冬季オリンピックが、アメリカはユタ州で始まった。
何か書こうと思ったが、特になくなった。
スポーツ | comments (0) | trackbacks (0)

月刊歌謡曲

少年誌というジャンルがある。「週刊ジャンプ」や「週刊サンデー」といったマンガ雑誌である。これらの雑誌のターゲットは明らかに子供である。彼らは物がかさばることにあまり頓着しない。むしろ、マンガなどはかさばった方が、買い得感が増すらしい。ということで少年誌は、あえて粗雑な紙を使い、ページ数の割りに分厚くなるように考えられている。
さて、「月刊歌謡曲」という雑誌がある。少年誌のように分厚い月刊誌である。タイトルの通り、歌謡曲の雑誌である。その時、流行っている歌を歌詞、ギターコードはもちろん、メロディをすべて楽譜にして載せているのである。一曲一ページというレイアウトでなかなか使いやすい。私はこの「月刊歌謡曲」の年末特集号を1991年から、欠かさず買っている。年末特集号は、その年のヒット曲をすべて載せているのである。
この年末特集号は12月号であり、通常11月に発売される。12月になるともう新年号になってしまい、店頭には置かれない。昨年の年末特集号を私は買いそびれた。12月になり、今年も年末かあ、と感慨に耽る頃には、もう売られていないのである。私は慌てた。早速、なじみの本屋に取り寄せてもらった。
何日か経って、私の手元に、その本が送られてきた。紙にくるまれたそれを見て「これは違う」と思った。厚さが違うのである。年末号は、分厚い「月刊歌謡曲」の中でも、特に厚い。明らかに、薄いのである。案の定、開けてみると、1月号であった。全然、意味がない。本屋にクレームを付けて、年末特集号をくれ、と改めて申し付けた。
さて、やってきた「月刊歌謡曲」年末特集号。さて、どんな曲があるかなあ、とページを繰ると、知っているのは、4曲だけ。それも、すでに昨年の年末特集号に載っていた曲である。つまり、2001年で新しく知った歌はなかったことになる。
1980年代の日本の歌謡曲は、アイドル全盛で、非常につまらなかった。この間、私は洋楽と呼ばれる音楽を聴いていた。今でも当時のアイドルの曲を聴くと寒気がする。
それで思い出したが、先日、駅でストリートミュージシャンを気取る若者がギターを弾きながら歌を歌っていた。非常に下手である。その彼が何を勘違いしたか、「ナイナイシックスティーン」という曲を歌っていた。本当に寒気がした。下手な上に下手な選曲である。
そして1990年代。チャゲ&飛鳥や小田和正がヒット曲をとばした1991年から始まる日本のポップスの黄金期である。この黄金期の「月刊歌謡曲」年末特集号は、なかなか大事なような気がするのである。
しかし、昨年は4曲しか知らないとは。実はその前の年も4曲しか知らなかった。2000年になった途端、これだ。もう、日本のポップスからも手を引かなければならないのかもしれない。
というわけで、結局、古い歌の本を引っぱり出して、歌うわけである。
音楽 | comments (0) | trackbacks (0)
1/2 >>

©1995-2006stabucky.com