コカ・コーラの味

マリーンズはやっと勝って、今日までで2勝1引き分けとなった。


こんなニュースがあった。
米飲料最大手コカ・コーラは15日、バニラ味のコーラ飲料を5月15日から米国で発売すると発表した。年内にはカナダでも発売するが、今のところ日本への導入計画は具体化していないという。
米ソフトドリンク市場では、コカ・コーラとライバルのペプシコが航空会社への納入契約やプロスポーツとの提携で激しい火花を散らしている。
最近もレモン味のダイエット・コーラを両社が相次いで出すなど、競争は激しさを増すばかり。バニラ味の成功には疑問の声もあるが、コカ・コーラは「幅広い世代の支持が得られる」と自信満々だ。(ニューヨーク共同)

バニラ味のコーラときいて、気持ち悪いと思う人が多いと思う。でも、コーラフロートという食べ物がある。コーラの上にバニラアイスを浮かべたものだ。問題なく食べられる。
そもそもおかしいのはコーラ自体の味である。コーラの味を、私は説明できない。この説明できない味、というのが、コーラの売りではないのか。孤高の味である。それをバニラ、という、いわば女子供の次元にまで引き下げていいのだろうか。どうでもいいが。
コーラにバニラアイスを混ぜた味なのだろうか。それとも、バニラベースのまったく新しい味なのか。非常に興味がある。
もう一つの問題は、課税のことである。こんな果汁も何も入っていない飲み物。糖分が入っているから、そういう意味では栄養があるといえなくもないが、完全な嗜好品である。となると、他人に迷惑をかけるかかけないかという違いはあるが、タバコ、酒と同じである。タバコ、酒にはかなりの税金がかかっている。石原都知事が、またわけのわからないことをいい出して「東京で飲むコーラには税金をかける」なんてことになったら、面白いな。裁判だな。銀行にかける税金も裁判になったけど、裁判の費用、都知事のポケットマネーで払えよな。負けるの分かってるんだから。
ニュース | comments (0) | trackbacks (0)

緑の淡麗

キリンが、発泡酒の人気銘柄「淡麗」の新バージョンを出した。「淡麗グリーンラベル」。最近、キリンがサッポロに対して「ビールの缶のデザインが似ている、真似するな」と訴えていたが、ビールにイメージの合う色なんて、そんなになくて、似てしまうのは仕方がないと思う。というわけか、何なのか、キリンの今度の新製品である「淡麗グリーンラベル」は、その名のとおり、緑色である。もっとも、名前が後だろうけど。
で、この新製品、何が違うかというと、「糖質70%オフ(当社比)」ということ。ま、低カロリーってことだろう。サントリーの「ダイエット」よりはオブラートに包まれていていいけど。
で、買ってみて飲んでみたが、飲みやすい。糖質が減るということは、飲みやすくなるということか。いや、そんなことはない。となると、アルコール度数が低いな。
見てみると、案の定、アルコールは4.5%。普通の「淡麗」が5.5%であるから、薄まっているのは間違いない。飲みやすいわけだ。
私たちがビールや発泡酒を飲むのは、アルコール飲料だからだ。アルコールがいらないというのであれば、炭酸入りの麦茶を飲めばいい。つまり、アルコールが大事なのだ。それなのに、不思議なことに、アルコール度数を変えても、値段はみな同じなのだ。これは不思議だ。となるとビール会社は「飲みやすい」とか何とかいって、アルコール2.5%のビールを作ったりする。これはコストを抑えられ、値段は一緒だから、儲かる。実際に、そういうビールは、すぐに売れなくなるので、儲かりはしないようだが。だから、私はアルコール度数が高いビールや発泡酒を求める。で、実際には7%の商品もあるが、これまた、売れない。すぐに発売されなくなる。ということで、甘んじて、4.5%から5.5%のビールを飲んでいるというわけだ。どういうわけだ。


マリーンズ11連敗。どうしようもなくなってきた。千葉ロッテマリーンズ、開幕11連敗。山本監督、自殺するんじゃないかと心配だ。
もう、書くこともない。何だ、それ。
ビール・酒 | comments (0) | trackbacks (0)

狂言

狂言のルーツは、中国の散楽にあるといわれる。散楽が日本に入り、猿楽となる。この猿楽が現在の能のことである。能という呼び方は明治に入ってからのことらしい。能という劇のうち、喜劇的な部分だけを取り出して作られたのが狂言で、能の合間に演じられる。寸劇というか、コントみたいなものか。
狂言には、大きな流派が二つあって、和泉流と大蔵流。この下にあるのが「家」である。今、話題になっている、和泉元彌のところは、和泉流の和泉家。彼の家族は和泉流宗家と名乗っている。もう一人、人気があるのが、野村萬斎で、彼のところは和泉流野村家。
和泉家は先代が50何歳の若さで亡くなってしまい、急遽、息子の元彌を20代宗家として立てた。宗家というのは、家がいくつもある、和泉流の総元締めであり、宗家になるためには元々は和泉流の家の過半数の了承が必要だったという。これを元彌の母親が強引に自分の息子を宗家として立ててしまい、「二十代宗家和泉元彌」と登録商標をとってしまった。このとき、和泉元彌は21歳。狂言師としては完全に未熟だったといわれる。
和泉家は、男が一人しかいない。それが元彌で、他に内弟子もなく、いるのは姉二人だけ。普通、狂言というのは家単位で活動をするので、本来、男が演じるところを女が演じている。これが、どうも具合が悪いらしい。男女差別の問題ではなく、そもそも、狂言というのは、節回しなどが男の声に合わせられているので、女が演じるとダメだというのだ。主役は未熟者でダメ、周りは女でダメ、とダメダメな「宗家」なのである。「北斗の拳」だったら、一発で殺されているね。
同じ和泉流でも、野村萬斎のほうは、親も健在で、安定しているし、レベルも高いようだ。
和泉元彌のしゃべり方を見て、あれが狂言のしゃべり方だと思ってはいけないようだ。大体、受け口だから、正しい発音ができるわけがない。
今、和泉元彌が、遅刻で公演をすっぽかしていることが問題になっている。しかも、何度もやっているらしい。私は、よくロックのコンサートに行くが、演者が遅刻したという場面に出会っていない。時間というものは、人間すべてに平等に与えられたもの、誰にでも24時間与えられたものであるから、これがコントロールできないのは、人間としては失格なのだ。
ということで、和泉元彌は人間失格。


あのお母さんという人も、婚約のときの記者会見で威張って、嫁に対して「着物が着れるように」なんていっていた。威張るんだったら正しい日本語でいえ。ただしくは「着られる」だろう。と、江守徹がいっていた。
テレビ | comments (0) | trackbacks (0)

アブトロニック

アブトロニックという商品が売れている。これは、一種の健康器具である。ベルト状のものを腹に巻きスイッチを入れると、電極から電流が流れて、腹部の筋肉を強制的に収縮させる。つまり、通常の腹筋運動は、脳から腹部の筋肉に命令を送って運動をさせるのに対し、その脳からの命令を機械に肩代わりさせるというわけである。理屈としては、正しい。私が大学生のとき、大学の体育の先生が「効き目があるのは間違いない」といっていた。つまり、もう10年以上も前からこの手の商品は存在した。もっとも、その先生はこうもいっていた。「でも、腹筋運動をやったほうが手っ取り早いよ」
この健康器具が最近、急に売れ出したのは、ただの腹筋運動よりも効果が高いように改良されたためだろうか。
このアブトロニックは、アメリカからの輸入品であり、なぜ、こんなに売れたかというと、テレビの通信販売番組の影響によるところが大きいと思われる。通信販売の番組を見ていると、同じ商品の説明を何度も何度も繰り返し、場合によっては、30分も同じ製品の宣伝をしていることがある。これで、効くように思い込まされているのである。事実、私は思い込まされている。
通信販売では、9800円となっている。送料は別なので1万円ちょっとということになろう。同じ商品が、オリンピックという量販店では9000円で売られていた。あまり安くなっていない。今は、これが相場なのだろう。もう少しして、飽きられるともっと安くなるはずだ。
この手の商品はまねるのも簡単だから、類似商品が多数出回っていて、5000円程度のものもある。仕組みは単純だから、これはこれで効果があると思う。
不思議なのは、高級品もあるということだ。東急ハンズの健康グッズ売り場に行くと、アブトロニックと同等の商品も売られているが、さらに高級品、3万円以上もする商品が売られている。「最新型が入荷しました」なんて書かれている。こんなもの、最新型も何もないだろうと思うが、実際に売られているのが不思議だ。何が違うのだろう。
逆にとんでもないまがい物もある。東急ハンズの同じコーナーで見たのだが、形状はもっと単純でやはり腹に巻くのだが、機械自体は万歩計のような感じ。どういう仕組みかというと、普段は腹を引っ込めておく。それが油断して緩むと、信号が出て注意を促す。それでまた腹を引っ込める。木綿の糸で腹を縛っておくのと同じじゃないかと思う。まあ、目的は同じだが、仕組みがまったく違うから、まがい物というのには語弊があるか。
買い物 | comments (2) | trackbacks (1)

「風化水脈」

大沢有昌「新宿鮫」シリーズの最新刊「風化水脈」を読んだ。
もうシリーズ8作目である。
いやあ、このシリーズではもっとも面白くなかったと思う。
すごい偶然のオンパレード。

盗んだ車の改造工場として使っていた民家の古井戸から、鮫島が偶然、死体を発見してしまう。
その死体が見つからないようにと40年前から、それを見張っていた老人。
この老人は元警察官で、40年前に居酒屋で睡眠薬を混ぜられ、拳銃を奪われて、失職。
井戸から見つかった死体は、この娘が拳銃で殺した男。

時は流れて、この娘の娘の恋人はヤクザ。
このヤクザ、かつて、車の窃盗団の元の頭領を改造拳銃で撃って殺していた。
この車の窃盗団が使っていたのが、古井戸のある民家。

いくら、新宿が舞台だからといって、そんな偶然が許されるのか、ハードボイルド。
しかし、ハードボイルドって、こういう偶然に頼っているのが実情。
むしろ、偶然がなければハードボイルドではない。
大体、主人公は、後頭部を殴られて気絶して、ちょうどいい頃に目が覚めるが、現実には、かなりの確率で死んでしまうものらしい。

でも、このシリーズ。面白さでは群を抜いているので、そのシリーズの中では下だとしても、一般的な水準からすると、十分、面白い。


新宿鮫風化水脈
| comments (0) | trackbacks (0)

みずほ銀行-まだまだ

みずほ銀行は、今朝のニュースで、トラブルが全面的に復旧したと発表したが、その後、まだトラブルは続き、まだ収拾がつかない。
私は旧第一勧業銀行を使っているので、そろそろ、冗談ではなくなってきた。明日はカード会社の引き去りがあるが、これが引き去られなかったらラッキーである。「ブラックリストに載るのか」という問い合わせがカード会社に殺到しているようだが、こんなのは銀行のせいにして、無利子で金を借りられるようになるはずだ。
心配なのは、二重引き去りなどの間の利息計算は正しく行われているのかということである。明日こそ、通帳の記帳をして、正しく処理されているのか、確認しようと思う。
雪印食品は、わずか1ヶ月で倒産に追い込まれた。まさかみずほ銀行ほどの巨大な会社が倒産するとは思えないが、まったくないとも言い切れない。
ニュース | comments (0) | trackbacks (0)

鬼武者2

プレイステーション2用のゲームソフト「鬼武者2」であるが、とうとうエンディングを迎えた。
このゲーム、途中でいわゆるボスといわれる強い敵が所々に出てくる。これをやっつけるには、自分の命を回復するアイテムが必要になる。こんなのゲームをやったことのない人には分からないが、やったことがある人にはいちいち、くどくど説明するな、ということになるので、厄介だ。
そのアイテムがないとなかなかボスを倒せないのがこの手のゲームである。
このゲーム。最後のボスがかなり強い。実は私は、このゲームを進めていき、最後のボスのところまでは終わっていたのである。しかし、回復用アイテムが1個しかない。元々あまり持っていなかった上、と中のボスでじゃんじゃん、使ってしまったのである。おかげで、最後のボスにはまったく歯が立たず、諦めてしまった。
インターネットで調べると、このアイテムをたくさん手に入れる方法が説明してあった。別に卑怯なまねをしなくても、きちんと丁寧に探していけば、見つかったり手に入ったりするものらしい。
ということで、また最初からやり直すことにした。そして、今日、最後までたどり着いたのである。この間は回復アイテムの中程度のものを1個だけ持っていたが、今回は、小、中、大とも10個以上ある。中は20個以上あった。途中、たくさん、手に入った上、けちけち、使っていたのである。
このゲームは途中で仲間に色々なものをあげると、大事なところで助けに来てくれる。最後の一歩手前のボスとの戦いでは、前回はかなり苦労したのに、今回は仲間が一撃で倒してしまった。
ということで、最後のボスに全力を集中させることができたのだが、回復アイテムをほとんど使い切らなければ、倒すことができなかった。逆にいえば、このゲーム。回復アイテムさえ、たくさん持っていれば、攻略するのは簡単だということである。
エンディングを迎えると、ゲームした総時間数が表示される。15時間くらいであった。本当に無駄な時間だと思うが、ついやってしまう。そしてこのゲーム、途中、誰を仲間にするかで、展開が変わるので、またやってみたくなってしまうのであった。


Windows xpは何だか訳が分からないうちに設定がデュアルブートになっていて、今は、Meとxpの並存状態になっている。xpだとうまくいかない機能を使いたい場合は、Meで行えばよいということになる。CD-ROMはただの丸い板にはならずに済みそうだ。
買い物 | comments (0) | trackbacks (0)

ウィンドウズエックスピー

「Windows」といえばパソコンの代表的なOSである。「ウインドウズ」と発音するのではなく「ウィンドウズ」と発音するのが正しいが、みんな「ウインドウズ」と発音している。
Windows xpが発売されたのがいつだったか、忘れてしまったが、私はやっと購入した。パソコンを買い換えたのではなく、OSのアップグレードである。ホームエディションというやつで12,000円也。
ヨドバシカメラで買ったのだが、ついでにメモリを購入。店員に「256メガで一番安いメモリはどれだ」と訊いたら「どれでもいいってわけではないんですよねえ」と馬鹿にした態度。メモリなんて、規格が合っているのを買えば、まず間違いなく使えるのだが、ヨドバシカメラの店員は馬鹿の一つ覚えで「ご使用のパソコンの機種は?」なんて訊いてくるのである。私は「どれを買えばいいですか」と訊いたのではなく「どれが一番安いか」と訊いたのだ。馬鹿め。私は今のパソコンが4台目であるし、それぞれ、必ず、メモリの買い足しをしているし、半年ほど前には妻のパソコンのメモリの増設もしているから、メモリの増設については、初心者ではないのだ。
おまけにその店員は息が臭かった。
でも、ヨドバシカメラの店員全部が悪いわけではない。中には「(ヨドバシカメラとしては)使えるかどうかは保障できませんが、個人的には問題ないと思いますよ」といってくれる店員もいるのだ。大体、この「個人的」な判断に間違いはない。
しかし私は、おとなしく、その店員の高説を拝聴した。そして「じゃあ、これください」という意味のない接続詞を付けて店員に告げた。
家に帰り、風呂に入り、酒を飲んで、急に思いついて、パソコンを開けてメモリを増設してみた。パソコンのカバーを開けるのに手間取ったが、メモリ自体は問題なく増設され、パソコンを起動してみるとちゃんとメモリが増えていた。馬鹿店員め。
ところが、本来の目的であった、xpへのアップグレードであるが、これがうまくいかない。いや、アップグレードはうまくいったのだが、インターネット接続、DVDの再生、CD-Rドライブの使用など、今まで使えていて、どれも欠かすことのできない機能がことごとく、使えなくなってしまったのだ。インターネット接続ができれば、マイクロソフトのサイトで調べることもできるのだが、それができない。
ということで、元のWindowsMeに戻すべく、再インストールを敢行した。自分の作成したデータは残されるが、ソフトはすべて再インストールである。
その後で、マイクロソフトのサイトにいってみたが、詳しい説明はない。ただ、再インストールではなく、実はxpを削除するだけで元の環境に戻せたようだ。
ということで、xpのアップグレードCD-ROMはただの丸い板になってしまった。
買い物 | comments (0) | trackbacks (0)

みずほ銀行-その後

木曜日夜の定番ドラマは「渡る世間は鬼ばかり」。これ、今の子供は本当のことわざを知らないのではないだろうか。「渡る世間に鬼はなし」。しかし、現実の世間は、本当に鬼ばかりかもしれない。


変な名前だ、みずほ銀行。って、先日も書いたか。
まだ、ATMのトラブルがおさまらないらしい。システム変更のデバッグを本番環境でやっているという。恐ろしい話だ。
多すぎる預金額を減らすために、わざとミスっているのか。
信頼されることが仕事の銀行までが、鬼になっている。
ニュース | comments (0) | trackbacks (0)

みずほ銀行

甚だセンスのない名前である。みずほ銀行。
こっちは、年度変わりで定期券を買わねばならぬのに、ATMを止めた大馬鹿銀行であるが、止めたにもかかわらず、システムトラブルを起こした。何でも、旧富士銀のカードで、旧第一勧銀のATMからお金が引き出せなかったらしい。統合する前なら、普通に下ろせたのに。実験したのか?
ま、私は定期が買えなかったくらいで済んだからいいが、なんと、退職金が下ろせなかった人もいるらしい。家のローンの支払いに当てるために、絶対に引き出さねばならなかったという。これで、家を取り上げられるということはないだろうが、延滞利息を取られるかもしれない。かわいそうに。預金の利息はほとんどないのに、家のローンの利息は、いっちょまえにとるからなあ。
ニュース | comments (0) | trackbacks (0)
1/2 >>

©1995-2006stabucky.com