ブラジル、優勝

とうとう、優勝が決まった。
やはり、ブラジルであった。
ロナウドが2得点。
結局、予想通りの結果である。
何ともコメントしようがない。
スポーツ | comments (0) | trackbacks (0)

韓国、4位

韓国は準決勝でドイツに敗れ、日本が決勝トーナメントの1回戦で当たり敗れた相手であるトルコと今日、第3位決定戦に臨んだ。
開始11秒でトルコが得点するという波乱の幕開け。これはワールドカップ新記録らしい。韓国はすぐに同点に追いつくが、また追加点を許し、終始、追いかける展開に。後半のロスタイムに得点するが、結局、間に合わず、3対2で敗れた。
私としては、ほっとしたというのが正直なところ。サッカーの世界では、韓国は終始、日本をリードし、近年、ようやく追い越し、最近では日本が抜いたと思っていたのだから、ここで、韓国が第3位になってしまうと、もう日本は追いつけないほど突き放されてしまうことになる。


トルコの場合、選手名が読みにくく、メディアによって読み方も違う。3位決定戦で出場はしなかったが、トルコの得点源である、ハサン・シャシュという選手などは、新聞によっては、「ハサン・サス」などと書かれていて、これをラストネームだけで呼ぶと、およそ、同じ選手だとは思えない。これはこのようなマイナーな選手(第3位になった国の選手だからマイナーと言い切るのはどうかと思うが、まあそうだろう)だけではない。おそらく今大会の最大の注目選手であったフランスのジダンを「ジダヌ」と表記するメディアがあったのだ。となると、もう同一人物だとは思えない。
FIFAでもどこでもいいから、ワールドカップの出場選手くらいは、日本における標準的な表記を示すべきだろう。
ブラジルの主軸の3選手、ロナウド、リバウド、ロナウジーニョは頭文字が「R」であることから「ブラジルの3R」などと呼ばれて注目されている。この「R」という字はブラジルではハ行の発音になるらしい。ロナウドは「ホナウド」となる。ブラジリアン柔術のホイス・グレーシーやヒクソン・グレーシーなどもアルファベットの表記では「R」で始まる。こちらは発音に近い表記をしているということになる。表記に合わせるか、発音に合わせるか、どちらかに統一すべきであろう。どっちでもいいが。
ま、ロナウドなんて変な名前だと感じられるが、英語ではロナルドのことであろう。よくある名前だといっていい。ロナウジーニョだって本名はロナウド。「ちっちゃいロナウド」という意味らしい。
スポーツ | comments (0) | trackbacks (0)

韓国、ついにベスト4

韓国がスペインを破り、ついに準決勝進出。凄いことになってきた。
まったく互角の試合ぶりで、0-0のまま延長戦に突入。延長でも0-0のまま、PK戦にもつれ込み、韓国が5-3で勝った。
精神的には完全に韓国が上回っていたように思う。日本は韓国より実力が上だと思っていた。今もそう思うが、精神的な強さに関しては韓国の方が上である。日本は決めるべき試合、決めるべき場面で、なかなか決められない。
韓国がここまで勝ち上がると日本人としては妬みの感情を持ってしまうだろう。しかし、反面、韓国がここまで行けるなら、日本にも行けるという希望が持てる。となると、韓国を応援せざるを得ないではないか。
スポーツ | comments (0) | trackbacks (0)

代打、桑田

さすがにサッカーのワールドカップはベストな状態で試合をさせるために試合と試合の間をきちんと空けるようだ。高校サッカーとは違う。
ということで、久しぶりにプロ野球のニュースを見た。そしたら、凄いことになっていた。
先日、桑田はピッチャーの癖にきれいなタイムリーヒットを打ったのを見て、この人はピッチャーでなくてもプロでやっていけるのだなあと感嘆したのであるが、原監督も同じことを考えていたと見え、今日の試合で、桑田を代打に使ってしまった。
そして、桑田は見事にヒットを打った。これが決勝点のきっかけとなり、ジャイアンツは延長戦を制した。
そんなに凄くないか。
スポーツ | comments (0) | trackbacks (0)

日本、敗れる

今日、日本は決勝トーナメントの第一回戦でトルコと対戦し、0対1で敗れた。
リアルタイムで観ることができなかったので、その後のニュースでしか観ることができないのだが、もう観る気がしない。だから、どういう感じで敗れたのか、永遠に知ることはできないだろう。
韓国は、予選リーグのポルトガルに続いて、決勝トーナメント第一回戦でイタリアを破った。同点に追いついた後、延長戦での勝利だ。凄い。日本は、底力がないなあ。
日本も韓国も、先に失点したのは同じ。その後の粘りが韓国の方が凄かったということだろう。トルシエは叩かれるんだろうなあ。なぜ、好調だった先発メンバーを変えてしまったのだろう。
あんまり書くと馬鹿サッカーファンだと思われるから、やめとこう。
スポーツ | comments (0) | trackbacks (0)

FIFAランキング

そろそろ予選リーグも大詰めである。
いつも調べようと思って忘れていたFIFAランキングをやっと調べたので、分析してみた。今さらという気がするが。
まずはグループ分けとその国のランク。

グループ国名ランク国名ランク国名ランク国名ランク
Aフランス1デンマーク20ウルグアイ24セネガル42
Bスペイン8パラグアイ18スロべニア25南アフリカ37
Cブラジル2トルコ22コスタリカ29中国50
Dポルトガル5アメリカ合衆国13ポーランド38韓国40
Eドイツ11アイルランド15カメルーン17サウジアラビア34
Fアルゼンチン2イングランド12スウェーデン19ナイジェリア27
Gイタリア6メキシコ7クロアチア21エクアドル35
Hベルギー23ロシア27チュニジア30日本32

という風になっている。
このランクを合計するとそのグループに強いチームが集まったかどうかの目安になる。

グループ合計
A87
B88
C103
D96
E77
F60
G69
H112

「死のF組」なんて言われていたが、やはりランクの合計が一番少ない。FIFAランキングの上位チームが集まったということだ。
しかし、何をもって「死」とするかだ。上位チームが順当に勝ち上がることができれば、それは「死」ではない、と考えるとどうだろう。つまり、上位2チームと下位2チームの差が小さければ、下位チームがリーグを勝ち上がる可能性の高い激戦区となる。

グループ上位2チーム下位2チーム上位と下位の差
A216645
B266236
C247955
D187860
E265125
F144632
G135643
H506212

おお、日本のH組がもっとも差が小さい。つまり激戦区ということになった。この見方で行くと一番、順当な結果になりそうなのが、D組である。
ま、明日にはすべての結果が出揃うだろうから、実際との比較は後日。
スポーツ | comments (0) | trackbacks (0)

ナンシー関、亡くなる

いやあ、フレディ・マーキュリーが死んだときもそんなにショックではなかったが、今回のはかなりびっくりした。
ナンシー関が死んでしまった。

数えてみたら、ナンシー関の本を6冊も持っていた。
すべてコラムだ。
最近の私の日記の書き方は、彼女の書き方をかなり真似ている部分がある。
それほど、私は彼女の影響を受けている。

まだ39歳だったそうだが、体重が100キロを超えていたというから、まあ長生きはできまいと思っていた。
しかし、突然でびっくりした。
ま、たいてい、芸能人の死は、突然だけど。
ナンシー関は芸能人じゃないがな。
という書き方はナンシー関の真似。
最近では、脳障害の少年が、母親の持つ文字盤を指差してコミュニケーションをとりながら、詩などを発表している姿をドキュメンタリーとして描いた、NHKスペシャル「奇跡の詩人」について、「母親、勝手に動かしてねえか?」「何でNHKスペシャルともあろうものがこんな番組放送してんだろ」と、痛烈に批判していた。(夕刊フジ)
ニュース | comments (0) | trackbacks (0)

「匣の中の失楽」

竹本健治の「匣の中の失楽」を読んだ。

日本の4大ミステリーというのがあるらしい。
中井英夫「虚無への供物」、小栗虫太郎「黒死館殺人事件」、夢野久作「ドグラ・マグラ」、そしてこの「匣の中の失楽」。
このうち、読んでいないのは「黒死館殺人事件」だけである。
実は、途中まで読んで挫折した。
私がぎっくり腰になったときに病院の待合室で読み始めたのがいけなかったのだろう。
今度、具合のいいときに読むことにしよう。

ということで、実は「匣の中の失楽」以外はすでに本は入手していた。
「ドグラ・マグラ」と「黒死館殺人事件」はそれぞれ創元推理文庫の「日本探偵小説全集」の中に入っているので、普通に入手できるし、「虚無への供物」も文庫化されている。
しかし「匣の中の失楽」だけはなかなか入手できなかった。
文庫化もされていないのではないだろうか。
最近、偶然、古本屋で見つけたので、購入した。

かなり複雑な内容であった。
休日の朝から晩にかけて一気に読むのが良かろう。


匣の中の失楽
| comments (0) | trackbacks (1)

おにぎり-その後

例の指入りおにぎりのお詫び広告の翌日からは毎日、別の大量のお詫び広告が出されている。
何でも、日本では許されていない食品添加物だか何だかを作って使っていたことがばれた会社があるらしい。
その材料というか原料というか、何でもいいが、ありとあらゆるメーカーがその怪しいものを使っていたということで、お詫び広告を出させられているわけである。


あれから考えてみたのだが(もう新聞や雑誌の記事を見るのは面倒なので勝手に推測するのだが)、あれがビビンバのような混ぜ御飯系の食べ物でなければすぐに見つかったのではないだろうかと思う。
つまり、かなりの出血があったはずで、真っ白い御飯がお赤飯になっていたら気付くわけで、それが気付かなかったのは、混ぜ御飯が原因である。
ニュース > 食物 | comments (0) | trackbacks (0)

ローソンのおにぎりに指が混入

とうとうとんでもない事件が起きた。

色々な食べ物に異物が混入しているが、とうとう人間の指が混入してしまった。
あまりに怖いので新聞をよく読んでいないのだが、人間の人差し指、横1センチ半、縦1センチが切断され、ローソンのおにぎりの中に混入、そのまま売られてしまった。
それを手に入れて、食べた人が違和感を感じ、人間の指であることに気付いたというわけだ。

おにぎり工場では、人間の指が材料に混ざったことを知りながら、そのまま、ラインを止めなかったらしい。
「うわあ、指が混ざっちゃったよお。ま、ばれなければいいか」というわけだ。

指を落としたほうも、何で訴え出なかったのだろうか。
大金を積まれたのか。
だったら、その金でラインを止めろ。

もう、市販のおにぎりは食べられない。
しかし、昨日は回転寿司でたらふく食べた。

さて、今日の読売新聞にこんな記事が。
日本フレッシュデリカのお詫び広告だ。

お詫びとお知らせ
弊社が製造を行い、宮城・山形地区および福島地区の一部にて販売しておりました「直巻おにぎり石焼風ビビンバ」におきまして、平成十四年五月三十一日製造いたしました商品の中に、異物が混入する事故が発生いたしました。(後略)


この隣りにローソンのお詫び広告も。
さすがに「切断された指の先端が混入する事故」とは書かれていない。

インターネットで、この会社「日本フレッシュデリカ株式会社」を検索してみたがヒットしなかった。
代わりにヒットしたのが、三島学園女子高等学校。卒業生の就職先の一つが日本フレッシュデリカだって。

「事故発生の時点で肉片が混入したと思われる製品を排除したつもりだったが、誤って出荷してしまった」(河北新報社)


十個ほどは捨てたらしいが、結局、中田のキラーパス(死語)のごとく、出荷されてしまった。
この会社は営業停止を食らったが、一日だけ。
ま、ローソンからは取引が中止されるから、永久営業停止だろうけど。

最後に気になった点を三つ。
大当たりの(指を食べ損なった)運の悪い人は、女性だったという。ビビンバを食べようとしていたとは食いしん坊だな。
切断された指のサイズを「横1センチ、縦1.5センチ」と報道しているところもある。いくらなんでも、人差し指が横1センチは細すぎやしないか。指って意外と太いもんだ。
この事件を、食品の安全性が云々という括りで報道しているところもあるが、今回のケースは従業員の安全性には問題があっても、食品の安全性には問題はないぞ。ソーセージとかハンバーグとかだったら、切断された指が混ざっていることはよくあることだ。食べたって、なんてことはない。それが人の指か、豚の指か、って違いだけだ。
ニュース > 食物 | comments (2) | trackbacks (0)
1/1

©1995-2006stabucky.com