カラオケ

京樽がつぶれたのはいつのことだったか。巻き寿司などで店舗展開していた京樽はファミリーレストランも経営していた。その京樽が倒産し、そのレストランの後には三崎港という、やはり和風レストランが入った。さすがに看板は替わっていたが、出てくる箸やおしぼりには京樽のマークがついていたように記憶している。
その系列の寿司屋チェーンがある。回転寿司ではないが、安い寿司を提供する店である。一個百円という触れ込みである。
さて、実際に行ってみたが、寿司以外の一品料理は500円とか700円とか、結構、ちゃんとした値段である。肝心の寿司は、確かに100円で不味くはないが、小さい。おもちゃの自動寿司握り機で作ったかのようにミニサイズである。いろいろ食べてみたい女性にはピッタリ。って、本末転倒だ。結局のところ、安い寿司で釣って、普通の料理も食べさせて、金を払わせようという魂胆と見た。
その後でカラオケにいった。毎回、違う歌を歌うように心がけているが、大体、終わると忘れてしまうので、今後は記録することにしよう。
・「ウィンター・アゲイン」グレイ
・「イフ・ユー・リーブ・ミー・ナウ」シカゴ
・「ハード・トゥ・セイ・アイ・ラブ・ユー」シカゴ
・「メリーアン」アルフィー
もっと歌ったような気もするが、まあこんなものだろう。中島みゆきの「悪女」も歌ったような気がする。
年々、声が出なくなる。とても疲れる。以前のような爽快感のある疲れではなく、本当の疲れだ。ストレス解消にはとてもならない。
生活 | - | -

中島みゆきが紅白に

とうとう、中島みゆきが紅白に出ることになった。
まだ、紅白に出たことのない大物というと、あとユーミンくらいしか思い浮かばないが(矢沢永吉もまだ出たことがないらしいが、大物かなあ)、彼女が今後、ヒットをとばすとは、とても思えない。
中島みゆきは紅白歌合戦特有の歌と歌の間のアトラクションがいやだといっていたらしい。どうやら、彼女は海外からの衛星中継による出演だということだ。ニューヨークだというから、あの同時多発テロの現場であろう。まさか「悪女」は歌うまい。「時代」の可能性もあるが、普通に考えれば「プロジェクトX」の主題歌「地上の星」を歌うのだろう。実際、この歌は2年にわたってロングセラーを続けているから、昨年、出場してもよかったのだ。大トリの可能性もあり、その他の出場歌手は例年よりさらにしょぼいので、ビデオは標準モードで最後の30分だけ録画すればよい。年末が非常に楽しみである。
音楽 | - | trackbacks (0)

桑田佳祐のベストアルバム

桑田佳祐のベストアルバムの発売日は明日であるが、今日、CD屋にいったら売っていた。発売日の前日に店頭に並べられる意味がわからない。都市部もそうでない所も同じ発売日を設定することによるゆがみであろうか。
発売が決まったとき曲名を見て「わあ、ヒット曲ばかりだ」と思ったが、知らない曲が多かった。やはり、私はサザンオールスターズと桑田佳祐が、それほど好きではないらしい。


いやで仕方がなかったが、NTTに電話をして、ISDNをADSLに変える手続きをした。オペレーターと話をするだけなので、簡単だが、本人確認がなかった。大丈夫なのだろうか。
一度、NTTに電話したところ、工事日をいつにするか、訊かれて、分からなかったので、電話を切り、アッカにも電話してしまった。こっちは男性。今日から7営業日後とのこと。またNTTに電話して12月5日にするよう伝えた。こういうのが面倒だからいやだったのに。
音楽 | comments (0) | trackbacks (0)

「TVスター名鑑2003」

「TVスター名鑑2003」という本を買った。5900人の生年月日や本名が載っている。「掲載スター200人アップ!!」と書いてあるから、どうも毎年出ているらしい。
パラパラとめくると、どのページにも、テレビで見たことのある人がたくさん載っている。「テレビ」を職業とする人が何と沢山いることか、と感嘆するのであるが、「笑点」に出てきた漫談師の名前が出ていないとか、本当に知りたい人の本名が載っていないとか、顔だけ知っていて名前を知らない人は片っ端から探さないと見つからないとか、不満はいろいろとある。
一方、新たな発見というのも当然あって、たとえば、藤原竜也という若手の人気俳優がいるが「よりによって藤竜也と同じような芸名をつけることはないのに」と思っていたのだが実は本名だった、というようなのもある。ちなみに藤竜也の本名は伊藤龍也。こっちも本名に近い。どうでもいいが。


ADSLへの変更の件だが、アッカからメールが来て「NTTに電話してISDNをアナログに切り替える手配をせよ」とのこと。全部、ネット上で終わると思っていたが、そうではなかった。明日、電話をせねば。
| comments (0) | trackbacks (0)

ADSL申込み-続き

早速、プロバイダーであるOCNからADSLへの変更の手続きを書いた手紙がきた。接続業者はアッカネットワークスというところらしい。NTT、NTTコミュニケーションズ、OCN、アッカ。一体、何社が関係しているんだ?
デジタル | comments (0) | trackbacks (0)

ペタジーニ

さすが読売新聞。ペタジーニがジャイアンツに入るというニュースが一面に載った。以前、ジャイアンツは日本人選手だけで日本シリーズに勝ったというようなことを書いたが、松井が出てしまったので、そうも言っていられなくなったようだ。3番高橋、4番清原、5番ペタジーニという布陣が噂されている。普通は3番高橋、4番ペタジーニとするところだろう。清原は走れないのだから、ペタジーニの前にいると邪魔である。かつて、南海の4番打者、門田はこう言った。「全打席、ホームランを狙う」。ジャイアンツの仁志も1番打者のくせにホームランを狙うので首脳陣の怒りを買ったようだが、門田の発言はちょっと意味が違う。
門田はアキレス腱を断裂したことがある。今でこそ、アキレス腱を断裂しても治るが、昔は選手生命を絶たれるほどのけがであった。門田はアキレス腱の断裂から立ち直ったが、速く走ることができなくなった。だから、門田はランナーとして出塁しても、次のランナー、バッターの邪魔になるのである。ホームランであれば速く走る必要はなく、自分が塁に残ることもない。
ジャイアンツの清原の状況は、門田に似ている。トレーニングのし過ぎであろうか、何度も足を傷めている。全力疾走ができない。しかし、門田ほどのホームランバッターではない。清原が出塁し、次のペタジーニがヒットを打っても、生還できない場面が多く見られるに違いない。ランナーが高橋ならば、生還する可能性がかなり高くなる。かくしてペタジーニの打点は増えず、そのうち、彼は首脳陣批判をするようになるだろう。打点の多寡が年俸に跳ね返るからだ。
ま、例年通り、早い次期に清原がけがをして戦列を離れてくれることを祈る。しかし、日本シリーズには復帰してもらいたい。今年の日本シリーズもそうだったが、なぜか、彼は大舞台に強いのである。
スポーツ > 野球 | comments (0) | trackbacks (0)

ADSL申込み

記憶によれば、昨年の夏にヤフーBBの申込みをした。
何ヶ月経ってもつながらない。
ほったらかし。
非常に不愉快な思いをした(実際はそうでもないが)。
で、申込みを取消ししたのは冬のことである。
それは、確か申込みのときに「ISDNを使用している」と伝えてあったのに、何ヶ月も経ってから「ISDNですか」と訊いてきたことに腹が立ったからである。
でまた、このISDNの解約は「客のほうでやれ」という。
それは当然という気もするが、であれば、もっと早く言ってほしい。

というわけで、ADSLに切り替えるチャンスを見逃してここに至る。

最近、ヤフーの加入者が100万人を突破したということらしい。
私は最もタイミングの悪いときに申込みをしたようだ。
で、今度、私はあえて別のプロバイダーに申し込むことにした。
そして、先ほどインターネット上で申込み手続きを終えた。

まあ、手間のかかること。
何度も何度も同じページに飛ばされた。
私の方が慎重になりすぎたということもあるが。

さて、なぜ、今になってADSLに切り替える気になったかというと、ISDNからADSLに切り替えると電話番号が変わるという取扱いだったものが、変わらなくて済むことになったということが挙げられる。
手続きも簡単になった。
何しろ人と話をするのが嫌いなので、すべてネット上で済ませられるのはありがたい。

また、12メガの取扱いが一般的になって、電話局から遠くてもつながる可能性が高くなったことも要因である。

何はともあれ、今日、申し込みを済ませた。
今度はどれだけ待たされるのか。
首を長くして、開通の日を待つことにしよう。
なお、私のパソコンにはLANカードが付いているが、不具合で動いていない。
あれだけ、申込みのページを行き来させられたが、必要な機材については一言も触れていなかった。
LANカードは必要だと思うのだが。
大丈夫だろうか。
デジタル | comments (0) | trackbacks (0)

月刊歌謡曲

今年も月刊歌謡曲の総集編を買った。
もう惰性になっている。
だんだんと知っている曲がなくなってくる。

何かないかなあと思ってぱらぱらとめくると、ありました、「おさかな天国」。
私はこういう歌が大嫌いなのだが初見で弾き語りできました。
おそろしや「おさかな天国」。
歌っているのは柴矢裕美という女の人。
ちょっと前にテレビで見たら、つまらなそうにしていた。
きっと、売上の何%という契約ではなく、歌ったら何万円、という契約であったのだろう。
だから、いくらレコードが売れても嬉しくないのだ。
作曲が柴矢俊彦という人らしいので、夫婦だろうか。

さらにぱらぱらめくってみたが、歌える歌は他にはなかった。
もう来年から買うのはやめよう。
音楽 | - | trackbacks (0)

プラレール

先週あたりから、子供にプラレールを買ってあげようと思い始めた。
プラレールというのは、玩具メーカーのトミーが昔から発売している電車とレールのおもちゃである。
レールを自由に組み合わせることができ、電車もローカル線から新幹線の最新型までいろいろとあり、子供だけでなく、最近は大人も夢中になって遊んでいるようだ。
私の子供の頃にこれで遊んでいた記憶がある。

最近はどうなのだろうと、先週、イトーヨーカ堂にいったときに見てみたら、ベーシックセットというものが、2000円で売られていた。
しかし、種類が少なかったので、トイザらスで買うことにした。

そこで、トイザらスにいってみると、ものすごい数、種類のプラレールグッズが売られている。
しかし、ベーシックセットは2500円で、イトーヨーカ堂より高い。
もっとも、イトーヨーカ堂の値段が、店舗オープン記念価格で、格安であったのである。
買っておけばよかったと後悔したが、仕方がない。
セットBというレールだけのセットとD51(デゴイチ)を買った。
機関車トーマスの電車もあって、この方が子供が喜ぶかと思ったが、これは車体が軽いらしく、踏み切りがうまく動かないらしい。
2歳の長女が家に帰るまで箱を離さず、帰宅するとすぐにやりたいといい始めたので、組み立ててみた。

組み立てはとても簡単である。
レールの接合部が片方が凸、片方が凹となっていて、組み合わせるだけで繋がる。
これは、私が子供のときからと同じ仕様である。
この方法は組み立てが簡単だが、レイアウトの都合で、凸と凸、凹と凹が、重なってしまう場合があり、この場合は繋がらない。
プラレールの類似商品で後発のポケットトレインというのがあり、こちらはレールの片側に凸と凹がそれぞれ付いており、こちらはレイアウトに関係なく繋がる。
しかし、レールの両面が使えない。
プラレールは両面が使える。

レールを組み立て、電車を走らせる。
電車には単2乾電池を入れる。
あまり使わないサイズの電池である。
機関車トーマスは単3乾電池である。
道理で軽い。
電車の天井にあたる部分に比較的大きなスイッチが付いており、オンとオフができる。
これで走っている電車を簡単に止めることができる。

電車は組み立てられたレールの上をぐるぐると走っている。
意外にこれを見ていると飽きない。
子供は「おもすろいねえ」とか「おもすろいよお」とか言ってはしゃいでいる。
とてもうれしいらしい。
ちょっと訛っているのでさらに面白い。
レールは単純だが、電車はなかなかよくできている。
大人が夢中になるのも分かる気がする。
私ももっとレールを繋げて長いレイアウトを作りたくなった。

難点をいうとレイアウトがかなり場所をとるところだ。
電車が1周するレイアウトを作る場合は曲線レールを8本つないで円にするのだが直径約50センチになる。
これが最小のレイアウトである。
遊ぶだけならよいがこれを片付けなくてはならない。
片付ける必要のない専用のスペースを決めるのがよいのだが、そんなに部屋が広くない。
遊ぶ都度、バラバラにして片付けるか。
板の上で組み立ててそのまま棚の上に載せて片付けるか。
もっとも、専用の部屋があれば片付けなくても済むのだが。

篠田耕一のWebsite:父、プラレールに夢中にトラックバック。
買い物 | comments (2) | trackbacks (0)

イトーヨーカ堂八千代店

イトーヨーカ堂の八千代店が昨日オープンした。場所は村上というところで極めて田舎である。しかし、東葉線とかいう新しい私鉄の線路ができ、これは営団東西線と直結であるから、東京に行くには便利なので、これから栄える街であることは間違いない。おかげで以前、よくいっていたバッティングセンターがつぶれて住宅展示場になっていた。まだ、使っていないコインが残っているのだが、何とかしてくれないだろうか。
さて、イトーヨーカ堂であるが、さすがに初日は混むと思い、二日目の今日、いってみた。開店は9時だったので、それに間に合うようにと思っていたが、実際に着いたのは10時だった。まだ、それほど混んではいなかった。
皿のセットであった。最初に赤ちゃん本舗にいった。このイトーヨーカ堂は、ショッピングセンターと隣接していて、そこには赤ちゃん本舗、ユニクロ、などが入っている。次に、オープン記念の粗品をもらいにいった。あとは、特に目的もないので、ぐるぐると店内を回った。さすがにだんだんと客が増えてきて歩くのが大変になってきたので、店を出た。店を出ると、車の列がすごかった。国道16号もとばっちりで大渋滞であった。
その後、幕張のイトーヨーカ堂にいった。お宮参りの写真を受け取るためである。その後、食料品売り場にいった。薄々、感づいていたが、やはり八千代店のほうが、商品の値段がかなり安い。2割くらいだろうか。オープン記念なので当然か。
買い物 | comments (0) | trackbacks (0)
1/2 >>

©1995-2006stabucky.com