地震と富士山、原監督辞任

今朝、北海道で大きな地震があった。出光の石油タンクで火災が発生するなど、大きな被害が出たらしい。
26日午前4時50分ごろと、同6時8分ごろの2回、北海道南部で震度6弱を観測する地震があった。
気象庁によると、最初の地震の震源地は釧路沖で、震源の深さは約60キロ。マグニチュード(M)は7・8と推定され、太平洋プレートの沈み込みに伴う地震とみられる。2回目の震源地は十勝沖で震源の深さは約60キロ。M7・0と推定される。

これと関係あるのかどうか知らないが、富士山が噴火するのではないかと心配されている。気象庁が噴火しないと言っているが当てにはならない。
山梨県富士吉田市の富士山中腹で確認された陥没とごく弱い噴気について、気象庁は26日午後、「富士山が噴火するという恐れはない」と発表した。マグマなどの火山活動がない。陥没や噴気は本来、長期間活動を休んでいる火山でも、よく確認される現象という。



そんな日本列島を激震が襲った。ジャイアンツの原監督が辞任するという。
巨人の原辰徳監督(45)の辞任が決まった。後任には堀内恒夫氏(55=元巨人ヘッドコーチ)が就任する。原、堀内両氏が26日夕、都内で会見して正式に発表される。今季、Bクラスに低迷しているとはいえ、昨年の日本一監督がわずか2年で退団するという異常事態。ON解任に次ぐ衝撃的な事件として波紋が広がっている。

私にとってはルーキーの頃からずっと見ているスター選手というと原が最初である。多分、30歳代の人間にとって原監督の辞任は、それより上の世代が感じた長島解任劇と同様のショックであろう。
ま、監督が誰であろうが、勝てばいいのだ。
ニュース | comments (0) | trackbacks (0)

手さぐりゲーム

タカラという玩具メーカーが出している「手さぐりゲーム」というのがある。箱の中から手探りで目的の品物をはやく探り出すというゲームだがこれを人間の腹の中でやるのが腹腔鏡手術である。
東京慈恵会医科大学付属青戸病院(東京都葛飾区、落合和彦病院長)で昨年11月、前立腺がん摘出のため、「腹腔(ふくくう)鏡手術」を受けた千葉県松戸市の男性(60)が1カ月後に死亡する事故があった。高度先進医療とされるこの手術法は患者の体への負担が少ない一方、難度が高く、熟練した技術が求められるのに、未熟な医師が担当したことが原因とみて、警視庁は25日、執刀した泌尿器科の医師ら3人を業務上過失致死容疑で逮捕した。

つまりガンの手術をするときは通常は腹を切って行うが、腹腔鏡というものを使うと腹を切らずに穴を開けるだけで手術ができる。患者に負担をかけない反面、患部が直接見えないため、難しい。どうやら助手として20例ほど体験しないと自分ではやってはいけない手術ということになっていたらしい。別のニュースによれば、この医師たちは腹腔鏡の操作マニュアルを見ながら手術をしていたらしい。「ブレーキは真ん中にあります」というマニュアルを見ながら車を運転するようなものだ。事故が起きない方がおかしい。
とんだ人体実験であった。
まあ、救いなのは「私たちも腹腔鏡手術をマスターしたい」という向上心によるミスであること。救われてないか。
ニュース > 医療 | comments (0) | trackbacks (0)

無駄づかい、気象庁

一体、何をやっているのか、誰かが行って調べた方がいい。下駄を蹴飛ばしている可能性が本当にある。
気象庁は、毎年2回発表している冬と夏の予報を、スーパーコンピューターを活用した方法に切り替える。これまでは過去約50年間の天気図を参考に予報してきたが、的中率が約41%と芳しくないためだ。25日にはスパコンを活用した初めての冬の予報が発表される。同庁は「的中率5割を目指したい」と意気込んでいる。

これ、どうも「平年より暑い」「平年並み」「平年より寒い」のどれかを当てるだけらしい。それで的中率が41%だという。あきれてものが言えない。やらない方がましである。
とにかく気象庁は廃止する。もしくは事実を調べることに専念すべきだ。
ニュース | comments (0) | trackbacks (0)

四連休

先週末に引き続き、今週末も四連休であった。千葉の実家に帰り、ケーキやパンなど甘いものをよく食べた。酒も飲んでしまった。休みの日はどうしても食べてしまう。これはとんでもない体重になっているぞと思い、はかってみると、71.9キロであった。思ったほど太ってはいなかった。
また明日からダイエットである。
生活 > ダイエット | comments (0) | trackbacks (0)

葛西臨海公園

関東を台風が直撃という天気予報は例によって「ガセネタ」であり、台風は関東に上陸せず東にそれた。
葛西臨海公園に行った。駐車料金は後払い、2時間で400円。
まず観覧車に行くと大人は700円。「水族園の半券で1割引」と書いてある。どうせそっちにも行くつもりなので先に水族園に行くことにした。
そして水族園に行くとやはり大人は700円。ところが「観覧車の半券で2割引」と書いてある。何かがおかしい気がするが今さら観覧車に戻るのもばからしいのでそのまま入場した。相変わらずマグロは元気だがマンボウは8月に死んでいた。あっという間に見終わって観覧車へ。
観覧車に乗る前に強制的に写真を撮られる。撮影を拒否すると「撮らなくていいんですか」という。「これは何なんだ。写真をくれるのか」と問いつめるとぼそぼそと「有料です」とか何とか言っている。どう考えてもこの観覧車は都立の施設ではない。
さて観覧車に乗って私は大事なことに気付いた。高所恐怖症だったのだ。とにかくこの観覧車は高さが100メートルを超え、日本有数の高さを誇る。目をつぶって何とか我慢しようとしたが1周17分もかかるという。窓枠にしがみついてがたがた震えていた。おまけに台風が通過しきっていないため風が強くゴンドラが揺れる。ディズニーランドがよく見えるはずなのだが怖くて観られなかった。

ツキ&ふとのラブラブ育休ライフ : シフト制にトラックバック。
お出かけ | comments (0) | trackbacks (0)

日本人は本を読まない

日本語が乱れている。「食べれる」とか「着れる」とかの「ら抜き表現」が一般化しつつあるなど、由々しき事態である。この日本語の乱れを指摘すると高校生などは「言葉は移り変わるものだから乱れても構わないのだ」と知ったようなことを言う。本当にそのような信念を持ってしゃべっている人間は、実はいない。正しい言葉を知らないだけなのだと思う。
経済協力開発機構(OECD、本部パリ)による読書傾向調査で、日本の高校1年生は漫画や雑誌など短い文章を読む生徒の割合が加盟27カ国の中で最も高く、小説など長く複雑な文章を読む生徒の割合は最低であることが16日、分かった。(共同通信)

いかに日本の高校生がとるに足らないものであるか、分かった。
しかし、この漫画ばかり読むという傾向は実は大人にも言えるのである。電車に乗って周りを見渡すと、漫画を読む人間の多いこと、多いこと。大人も本を読んでいない。
なぜこんなことになってしまったかというと日本の漫画は海外のものに比べ質が高い。これは先達の漫画家に優秀な人がいたからである。手塚治虫である。以前、この日記で手塚治虫に国民栄誉賞を、と書いたことがあるが、ある意味、日本人の活字離れのきっかけとなった人間に国民栄誉賞を授与するのは確かにいけないことなのかもしれない。
ニュース | comments (0) | trackbacks (0)

タイガース優勝

阪神タイガースが優勝した。
圧倒的な優勝ではあるがどうもこのところ、一時期の勢いはないように思える。あまり真剣に見ていないのでよく分からないのだが。となると、日本シリーズで勝つのは難しいのではなかろうか。
気が付いたらジャイアンツは5位ではないか。


世界柔道を毎日、観ている。今日はタイガース優勝のおかげで途中、中断して、タイガース星野監督の胴上げの生中継。ふざけている。
さて、今日は国別団体戦。体重別に5人が出てきてそれぞれ戦い、勝ち数で競う。メンバーはどうやって決めているのか、男子は井上康生くらいであとは知らない人ばかり。
で、井上康生が最後に出てくる前に3敗してしまい、日本は決勝で敗れた。井上が勝って2勝3敗としただけに、惜しいところ。
あまりに日本勢の調子が良かっただけに、やらせではないかと心配したが、負けたので安心した、という気持ちもある。団体戦の決勝で、2対2の状態で井上が出て、勝ったりしたら、やらせだと思ったなあ、きっと。
スポーツ > 野球 | comments (0) | trackbacks (0)

世界柔道

柔道の世界選手権大会というらしい「世界柔道」。今回は日本・大阪で開催され中継はフジテレビ。「K-1」とか「プライド」のスタッフが制作しているらしい。雰囲気とか編集とかは確かにあの感じである。
さて、私はあまり柔道は詳しくないが、オリンピックの柔道の試合はほとんど観ているので、どんな状態で投げれば一本勝ちなのかは分かる。しかしあまり観たことのない人には分からないのではないだろうか。せっかく「プライド」のスタッフが作っているのならば、このあたりがはっきり分かるようにしてもらいたかった。もっとも「プライド」のルールだってはっきり示しているわけではないが(公式サイトを見れば分かる)。
今日で、個人戦が終わり、100キロ級の井上康生、100キロ超級の棟田、無差別級の鈴木、女子では田村亮子(次の大会では谷亮子だって)、らが勝った。
スポーツ > 格闘技 | comments (0) | trackbacks (0)

ディズニーランド


結婚してから初めてディズニーランドに行った。3歳と1歳の子供を連れて行ったのだが特訓をしているのではないかと思うほど疲れた。よく考えたら、今まで冬以外にディズニーランドに行ったことがない。まして今日の暑さといったらなかった。
午前中、用事があったので、昼からの入場であったが、平日である金曜日であったので、混雑はそれほどではなかった。「ピーターパン」を40分待ちして後悔したくらいであとはスムーズであった。それでもパレードと夜のショーは大混雑。無視して早めに帰った。
生活 | comments (0) | trackbacks (0)

女川原発でひび割れ

学生のとき、東北旅行をした。東北道で事故があり、松島にたどり着いたときには日が暮れていた。目的地は松島ではなくもっと先だったので、そこに宿をとるのももったいないということで、女川まで行って、民宿に泊まった。おばあさんが一人で経営している民宿で、客は私たちの他には一組だけだった。その一組というのが、女川の原発で清掃作業をしている人だった。
東北電力女川原発(宮城県女川町、牡鹿町)2号機で、原子炉内のシュラウド(炉心隔壁)にひび割れが見つかった問題で、東北電力は10日、2カ所で計75個のひび割れが確認されたと発表した。十分な強度を保てるので補修の必要はないとして、経済産業省に運転再開を申請した。同社は、10月以降の運転再開を見込む。(朝日新聞)

原発が今の日本の電力事情を支えているのは確かだが、何か間違えているような気もする。
ニュース | comments (0) | trackbacks (0)
1/2 >>

©1995-2006stabucky.com