散財

今日は久しぶりにいろいろと買い物をした。

まずテレビゲームを二つ。
「鬼武者3」と「戦国無双」。
どちらも新作である。
大体、テレビゲームを二つまとめて買うと、どちらかはあまりやらずに放置されることが多いのだが、つい買ってしまった。

そしてCD。
ザ・ダークネスの「パーミッション・トゥ・ランド」とキャメルの「ラジャーズ」。
キャメルの方は中古だが、家に帰って聴いてみたら、聴いたことのあるメロディ。
すでに以前、買っていた。
同じのを2枚買ってしまうというのは確か2回目の体験である。
まあ、中古だから被害も少ないか。
返品が効くのかどうか分からないが、電車代がもったいないし、第一、時間がもったいないので、返品はしない。
ザ・ダークネスは昨年、デビューしたばかりのイギリスの新人。
かなり売れているらしい。
さっき、イントロを聴いたが、なかなか良さそうだ。


Rajaz



パーミッション・トゥ・ランド[最強版] [LIMITED EDITION]
買い物 | comments (0) | trackbacks (1)

高齢者の運転免許

恐ろしいことになっている。
車やバイクなどの運転免許保有者のうち、65歳以上は昨年末現在で約879万1000人に上り、16-24歳(約798万5000人)を初めて上回ったことが26日、警察庁のまとめで分かった。
高齢化社会を反映した形で、100歳以上は4人。最高齢は104歳の宮崎県の男性で、現在も車を運転しているという。(共同通信)

そもそも若い人口が少なくなっているのだろうが、取りたくても経済的に取れないという人もいるのだろう。私は免許が取れる年齢になったらすぐに免許を取った。取るのが当然だと思っていたのである。バブルの時代である。私の周りにいる同世代の人間もやはりすぐに取っていた。不景気がここまできているのかと暗澹たる気持ちになる。
さて、問題は、高齢者の免許保有が多いこと。100歳以上の免許保有者が4人もいるというのは、言い換えれば、免許は一度、取れば、ほったらかしということである。更新の時には視力検査しかしていないので、実質はほったらかしである。ボケ老人でも、視力検査のときの受け答えさえでき、行列の順番を守ることさえできれば、免許の更新ができてしまうのである。極端な話、半身不随でも、検査官がきちんと見ていなければ通ってしまう。104歳の老人が車を乗り回しているなんて恐ろしくて外を歩けない。
今までこの日記では老人の運転ミスによる事故を何度も取り上げてきた。高齢者については、免許試験の再受験の義務化を強く希望する。実務試験も必須にするのがよかろう。
ニュース > 交通 | comments (2) | trackbacks (0)

渡辺謙が「バットマン」に

渡辺謙が「バットマン」に出るらしい。
24日付米雑誌バラエティーによると、今年のアカデミー賞の助演男優賞候補となり注目を集めている俳優、渡辺謙さんが米映画「バットマン」シリーズ第5作(タイトルは未定)に悪役として出演することが決まった。

私は「バットマン」がわりと好きで、3作目くらいまでは映画館で見たはずである。
もっともストーリーはまったく覚えていない。
この映画は特撮が面白いし、出演者も特殊メイクが凄いので、実は誰が出たって同じなのだが、まあ日本人が出るのは喜ばしいことだ。
映画の収益は、日本はアメリカに次いで2番目だというから、日本人受けする映画を作ることは意味のあることなのだ。
ニュース > 海外 | comments (0) | trackbacks (0)

ヤフービービー


ヤフービービーが漏洩したデータをばらまくとか何とか言われて脅迫を受けるという事件があった。脅迫されたので被害者ではあるがデータを漏洩したのは確かである。前々から怪しい会社だと思っていたので、いい気味である。
そういえば、先週末に「あなたのおたくでもヤフービービーが使えるようになりました」と極めてトンチンカンな電話を掛けてきた。今頃、何を言っているのか。ヤフービービーが出はじめの頃、申し込んだら、半年以上も音沙汰がなく、やっと連絡があったと思ったら「使えないかもしれません」とか何とか。だったら、もっと早く連絡を寄こせ。あまりにいい加減なのでOCNにしたという記憶がある。実際はどうだったか忘れたが、とにかくいい加減な対応だった。
これをきっかけに潰れてしまえばいいのに。
デジタル | comments (0) | trackbacks (0)

カレーライスその後


カレーも二日目になるとかなり美味くなる。ガラムマサラも二日目になり香りが飛んでどこかへ行ってしまった。これも昨日の残りであるカキフライをご飯にのせカレーをかけて食べたらとても美味かった。
食べ物 | comments (0) | trackbacks (0)

カレーライス


カレーを作った。私が作ることのできる料理は2種類しかなく、一つはカレーでもう一つはビーフシチューである。タマネギを薄く切り、飴色になるまで炒める。これに、ニンジン、ジャガイモ、肉を加えて、コンソメを入れて、圧力鍋で煮る。一旦、火を止めて、ワインとトマト缶を入れて、また煮る。この後、カレーを入れるかシチューを入れるかの違いでしかないから、実質は1種類である。
こうやって作るカレーは、実はカレーではなく、カレー味の煮物のようである。美味いことは美味い。
さて、今日はこれにガラムマサラを加えてみた。ほんの少し入れただけで、本物のカレーのようになったが、私の求めている味からは離れてしまった。
食べ物 | comments (0) | trackbacks (1)

太ること


今日はひげを剃らなかった。私はひげが薄いので髭剃りは1日おきでも大丈夫なくらいである。しかしどうも痩せてからはそうでもなくなった。おそらく痩せたことにより顔の表面積が小さくなり、一方、毛穴の数は変わらないのだから、単位面積当たりの髭の量は増えているわけである。というわけで、濃くなったように思える。
ともあれ、風邪をひいたことによって体重が激減していたが、無理に多く食べることで体重が70キロ台を回復。風邪で体重が減ったことはダイエットによる減量ではないのでダメである。体重をいったん元に戻した上でダイエットを再開することにする。
生活 | comments (0) | trackbacks (0)

オマーン戦


ドイツワールドカップ予選が今日から始まった。1次予選の最初の試合はオマーンとの試合である。とても苦戦していたが後半ロスタイム、相手ディフェンダーのヘディングによるクリアが小さく、中村に当たり、転がったところを久保が冷静に押し込んだ。よもやのミスを落ち着いて捌いたところを見ると日本も強くなったと思う。今までは逆にこういったケースではやられることが多かったように思う。あのドーハの悲劇はまさにそれである。
久しぶりにスカッとした。勝てばいいんだ、勝てば。
スポーツ > サッカー | comments (0) | trackbacks (0)

風邪8日目


朝起きて熱を測ると36度3分で平熱。昨夜の地獄絵図が嘘のようである。仕事に出かける。遅まきながら、午前中、病院に行く。インフルエンザの検査をしてもらうと、インフルエンザではないらしい。まずは安心。スーパーマーケットの袋にいっぱいの薬をもらう。7種類もある。ご丁寧にも座薬付き。昼食を食べて、薬を飲むとその後は気分もなかなかよい。この日は発熱もせずに一日を終える。
生活 | comments (0) | trackbacks (0)

風邪7日目


微熱があるが仕事に出かける。6日ぶりの外出。階段の上り下りがきつい。
夕方、強烈な寒気を覚え、終業のベルと共に家路につく。家に何とかたどり着くと、妻と娘が発熱でダウンしている。息子が鼻水を垂らしながらも比較的元気で騒いでいるのでゆっくり寝られないらしい。仕方がないので私が息子の相手をする。小さなこどもにビデオばかりを見せていると馬鹿になるらしいが、それを承知でビデオを見せておとなしくさせる。その間に体温を測ると39度2分もある。ぶり返すというのはこのことか。息子がやっとおとなしくなって寝たので、私は頭痛薬を飲んで寝る。家族全員がうなされている。地獄絵図である。家族全員で入院したら費用はどれくらいかかるのか、実家から人を呼ばねばならぬのか、などと暗澹たる気持ちになる。こんなことなら無理をしてでも病院に行っておくのだったと後悔する。夜中の2時頃、目が覚めて体温を測ると36度5分くらいになっている。気分もかなりよい。
生活 | comments (0) | trackbacks (0)
1/2 >>

©1995-2006stabucky.com