リック・ニールセンの誕生日

今日(12月22日)はチープ・トリックのギタリスト、リック・ニールセンの誕生日です(1946年)。
チープ・トリックは1977年にデビュー。
リック・ニールセン(ギター)、バン・E(バニー)・カルロス(ドラムス)、トム・ピーターソン(ベース)、ロビン・ザンダー(ボーカル)の4人組。前二人が三枚目コンビ、後二人が二枚目コンビです。
本国アメリカより先に日本でブレイクし、武道館公演を収録したライブアルバム「At Budokan」でアメリカでも人気に。
一時期、低迷しバンドは分裂状態にあったものの「Lap of Luxury」で復活。エルビス・プレスリーの「冷たくしないで」のカヴァーを収録。私などはこちらの方の印象が強いです。

チープ・トリックで一番好きなのは「Lap of Luxury」に収録されている"The Flame"です。邦題「永遠の愛の炎」。


The Complete Concert [ORIGINAL RECORDING REMASTERED] [BEST OF] [LIVE] [FROM US] [IMPORT]



Lap of Luxury [FROM US] [IMPORT]



グレイテスト・ヒッツ


Going My Way: 憧れのバンドのフォントにトラックバック。チープ・トリックのフォントもある!
情報源明記:個人ニュースサイトから伝わる美しいウェブ作法 [絵文録ことのは]05-02/06にトラックバック。面白い!リンク、トラックバックからここまで深く考えることができるなんて。
誕生日 | - | -

グラハム・ボネットの誕生日

今日(12月23日)はグラハム・ボネットの誕生日です(1947年)。
オーストラリア出身。ソロ・ボーカリストとして活動していましたが、レインボーのロニー・ジェイムズ・ディオの後任としてリッチー・ブラックモアに抜擢され、「ダウン・トゥ・アース」に参加。高音域でがなるという超人的なボーカルでディオとはまったく違う個性を発揮したのですが、短髪にジャケットというおよそハードロックとは思えないスタイルに固執したため、リッチーの不興を買い、アルバム1枚で脱退。
本人はポップスがやりたかったようですが、やはり声はハードロック向き。その後、マイケル・シェンカー・グループやインペリテリなどに参加しました。一つのバンドに長くいられないのは相変わらずです。


Down to Earth (Rmst) [ORIGINAL RECORDING REMASTERED] [FROM US] [IMPORT]



黙示録



スタンド・イン・ライン
誕生日 | comments (0) | trackbacks (0)
1/1

©1995-2006stabucky.com