コンサート-井上陽水

10月6日水曜日。井上陽水のコンサートに行って来ました。
場所は東京国際フォーラム。JR有楽町駅前にあります。
駅前といっても、あまりに巨大なため、そんな感じはしません。幕張メッセの東京版といった感じ。つまり、東京で万国博覧会をやるための建物なのです。それをあの「青島だー」の青島に反対されて無用の長物となりかけたのですが、実際に建てられた後は、こうやってコンサートなどに利用されて、一応の目的は達せられています。
元々、ここは前の東京都庁があったそうですが、東京都民ではない私には関係ないので「ああそうですか」としか言えません。千葉県民だって、大体、千葉県庁なんて用はないでしょう。
さて、コンサート。私はチケットの半券はすぐに捨ててしまうタイプですが、中には後生大事にとってある人もいるそうで。
18:00開場19:00開演
東京国際フォーラム ホールA \7,875
S席1階17列12番

会場の中に入り、まわりを見ながら、有楽町そごうの地下で買ったパンをかじっていると、津川雅彦がエスカレーターを上がってくるのを発見しました。あの白い髭を生やしていて、こんなに異彩を放っている人は他にいないのに、誰も騒ぎません。気付かないのか、気付いても関係ないのか。
客層は完全におじさん、おばさんが中心です。私が観に行ったコンサートの中では最も平均年齢が高いでしょう。
さて自分の席に着きます。左側のブロックの前から17列目、通路のすぐ横でした。ステージもよく見えます。
ほぼ定刻通り、開演。
オープニングは"少年時代"です。井上陽水は、先日、2枚組のベストアルバムを出したばかりです。今回のコンサートで演奏された曲のほとんどはこのアルバムに収録されている曲でした。
予想はしていましたが、観客は誰も立ち上がりません。まるでクラシックのコンサートのようです。曲が終わると、歓声も上げずに、ぱちぱちと拍手。
後で知ったことですが、他の会場ではこんなに冷めた反応ではなかったようです。陽水が不機嫌そうに見えたのも、そのせいかもしれません。MCにも期待していたのですが、今ひとつでした。
アンコールもありましたが、予定通り、といった感じ。陽水がステージに戻ってきたときに「よおー」と奇声を発してみましたが、他の観客は静かなまま。せめて、アンコールくらいは立ち上がるでしょう、普通。
9時半頃、終演。内容自体には充分、満足しました。この曲を演ってほしかった、と言いだしたら、キリがないですから。
このコンサートで一番、印象に残ったのは、途中でトイレに行く人の多いこと。みんな、お年を召していて、近いんですね。しかも座ったままで静かにしているから、汗をかかない。
パンフレットは2000円也。ちょっと高い気もしますが、コンサートのパンフレットとしては、中身も充実していて納得。
今回は5年ぶりのコンサート、とのこと。次はいつでしょう。また行きたいです。


  1. 少年時代
  2. アジアの純真
  3. Make-up Shadow
  4. 帰れない二人
  5. リバーサイドホテル
  6. 氷の世界
  7. ジェラシー
  8. とまどうペリカン
  9. いっそセレナーデ
  10. Tokyo
  11. カナリア
  12. いつのまにか少女は
  13. 傘がない
  14. (不明)
  15. 娘がねじれる時
  16. ワカンナイ
  17. 最後のニュース
  18. 映画に行こう
  19. タイランドファンタジア
  20. ワインレッドの心
  21. なぜか上海
  22. 結詞
  23. Happy Birthday
  24. 夢の中へ
  25. クレイジーラブ

("Happy Birthday"からアンコール)
取材:1999年10月7日
レポート | comments (0) | trackbacks (0)

サーカス-ボリショイサーカス

9月12日日曜日、千葉のポートアリーナまで国立ボリショイサーカスを見に行って来ました。
サーカスの楽しさの一つはテントです。(比喩ではなく)舞台装置が演出の一部として機能します。
ポートアリーナは、その名の通り、コンサート形式(片側に舞台)ではなく、アリーナ形式(中央に舞台)になっています。この片側を閉鎖して、楽屋とステージに使っています。つまり、今回のサーカスはテントではないのです。
テントは「いかがわしさ」の象徴です。テントには「天幕」という日本語訳がありますが、本当は周りからの遮断幕です。中ではどんなことをやっているのだろうか、という、一種の覗き見心理をあおる装置です。
また、大風が吹けば吹き飛んでしまうのではないか、という「危うさ」の象徴です。以前、見に行った別のサーカスでは、雨漏りすらしました。
ポートアリーナは建てられてからまだ10年も経っていない、比較的、新しい舞台装置です。できた当時はここで成人式も開かれました。「いかがわしさ」も「危うさ」もありません。


さて、自動車で見に行きました。駐車場はポートタウン(ラオックスやトイザらス、新星堂などがあるショッピングセンター)と共通ですので、行き慣れています。
席は前から4列目、舞台のすぐそばです。5500円ですからね。
大人から子供まで、ボリショイサーカスのTシャツを着た男たちが、プログラムを売り歩いています。「ボリショイサーカスのプログラムはいかがですか」あまりに流ちょうなので、本当にロシア人なのか、と疑いました。日本国立ボリショイサーカスなのかもしれません。そもそも、パンフレットにも入り口にも、どこにも「ロシア国立」とは書いていないのです。
円形のステージ、後方にゲート、その上にバンド(おそらく5人編成)。
風船でできた大きなピエロが出てきて、サーカスが始まりました。
サーカスとはラテン語で「輪」を意味します。サークルと語源は一緒です。出演者が出てきて、円形のステージに沿ってぐるぐる回っています。


さて出し物ですが、順番はよく覚えていませんので、思い出した順に。

ロープ


二人の屈強な男が出てきてロープにぶら下がってぐるぐる回る。

ジャグラー


三人の子供(「何とかブラザーズ」)が出てきて、輪やボウリングのピンみたいなものをぐるぐる投げる。お手玉の凄いやつ。モンテカルロで賞をもらったらしい。


たくさんの犬を二人のロシア女が操る。

マジック


男と女が出てきて、衣装をくるくる変える。ステージチェンジの間の「つなぎ」なので、客席のすぐ前(つまり私の目の前)でやったのだが、タネが分からなかった。

芸術的アクロバット


なぜか演題に「芸術的」と書いてある。なぜか周りが網で覆われる。中央に、燭台のような台が置かれ、その上で屈強な男が逆立ちをしたりする。つまり鞍馬と同じ。そして、なぜか、その周りを豹と女猛獣使いが歩き回っている。さすがロシア。これもモンテカルロで賞をもらったらしい。

トランポリン


女一人と男三人と人形のトランポリン。仲本工事よりはうまい。

空中ブランコ


サーカスの華、空中ブランコ。ポルトガル語のバランコが語源らしいが、その語感から元々、日本語だったような気がする。

ユーミンの「シャングリラ」では、キャッチャー(受け止める役)がケガしたらしく、ろくなものが見られなかったので、とても楽しみにしていた。
まさに、その期待を裏切らない出来。ノーミスであった。

フラフープ


(外国人の子供は意外に年をとっていることがあるからよく分からないが)10歳くらいの女の子が登場。ビキニだが、子供だから。

フラフープをぐるぐるやる。最後は何十本も一気に回していた。エロティックではある。


猿がいろいろやる。ロシアだから、とても小さい子供かもしれない。

三人のアクロバット


女一人と男二人。男二人が組んだ腕の上で女が宙返りをする。もうこの頃にはちょっとのことでは驚かなくなっているが、今、思い返すと、とんでもない技であったような気がする。


いやあ、途中で、熊がおびえて、暴れ出したときには、あせったね。


大変、満足のいくサーカスでした。また、見たいなあ。
いかがわしさは、なかったけれど、これだけ実力があれば、面白いですね。
勝手な想像ですが、ボリショイサーカスってきっとチームがいくつもあるんだと思います。日本に来たのは、そのうちの一つだけ。
つまり、同じような技量を持った人間がたくさんいるわけです。こんなロシア人に勝った、日本の体操選手って凄いなあ。
音楽も良かったです。ピエロも面白かったなあ。
記念写真は1枚1000円。熊や犬、ダンサーと一緒に写ります。遠くで見るときれいなロシアのダンサーを近くで見てみたかったなあ。
駐車券はもらえません。ポートタウンで買い物をして、駐車券をもらいました。
取材:1999年9月12日
レポート | comments (0) | trackbacks (0)

サッカー-シドニー・オリンピック予選壮行試合-日本対韓国

9月8日火曜日。国立競技場に、日本対韓国の試合を見に行きました。
サッカーのオリンピック、アジア予選の壮行試合だそうです。
韓国戦と聞いて、山口のループシュートをまた期待したのですが、彼はナショナルチームはおろか、オリンピックのチームにも選ばれていないそうですね。私、何も知りませんからねえ。
ビールは紙コップで400円。安いです。量が少ないですが、大きなコップに泡半分で800円の東京ドームよりましです。
観衆は4万5千人。満員だと、5万人か5万5千人くらい入るらしいのですが、目分量ではかったところ、ほぼ正確な数字だと思いました。
今回の目玉は中田選手。あのヒデが出てました。相変わらず無茶なパスで観客をうならせてましたが、私の目はごまかされません。大体、観客は騒ぎすぎ。逆サイドにパスが出ただけで、大騒ぎです。
応援団長がこれまた、リズム感がない。ダンスダンスレクリエーションとかいうゲームで練習すべきです。
結果は4対0で日本の圧勝。ただ、縦パス一本で決まったケースが多かったように思います。逆に韓国の方がきれいな形になっていました。そういう意味では、日本も決定力が付いてきたと言えるでしょう。
勝利チーム賞は、キリン「サプリ」1年分。
中田という選手がもう一人いたことに驚いて、競技場を後にしました。
取材:1999年9月8日
レポート | comments (0) | trackbacks (0)

プロ野球-千葉ロッテマリーンズ対オリックスブルーウェイブ

7月18日の日曜日、マリンスタジアムに千葉ロッテマリーンズとオリックスブルーウェイブの試合を見に行きました。
2週間ほど前に初めてマリンスタジアムに行ったときは、夏だというのに肌寒く、風が強く、雨も降る始末。おまけにマリーンズは惨敗。さんざんでした。
ところが今回はほとんど風がありません。しかも暑くない。絶好の観戦日和でした。
メッセの1日900円の駐車場に車を入れ、球場に向かう陸橋の上に、ダフ屋がいました。内野自由席に行こうと思っていたら、ちょうどダフ屋がその券を安く売っていました。内野自由席は1枚2200円ですが、それを1500円で売るというのです。買いました。
中に入ろうとすると、ペットボトルは禁止とのこと。正直に申し出て、紙コップに移し替えます。
試合は午後6時15分に始まりました。なぜか山形県の農協の人が始球式。
マリーンズは、諸積がイチローの拙い守備に助けられていきなり三塁打。小坂が、きっちり(常套句)犠牲フライを上げて、早速、先制点。
マリーンズのピッチャーは後藤。眼鏡をかけています。他のメンバーも全員、日本人で、外国人選手がいないという最近では珍しい布陣。
3回だったと思います。1アウトでランナー1塁に諸積。バッターは小坂。2ストライクから、諸積が2塁へスタート。小坂は空振りで三振。キャッチャーは2塁に送球しますがボールが高く外れ、野手がジャンプして、諸積と交錯。膝が諸積の頭に当たったようで、諸積が2塁ベース上にうずくまります。しかし、ランナー2塁となり、チャンス到来。ところが、ブルーウェイブの野手がベンチに帰り始めます。何と、諸積がアウトという宣告。マリーンズ、観客どころか、ブルーウェイブの選手も全員、諸積がセーフだと思っていたのです。だって、スタンドからでも、タッチされていないのは明らかだったのですから。
当然、マリーンズベンチからコーチ陣が飛び出します。山本監督が執拗な抗議。
実は諸積と山本監督の二人は前日の試合で、審判に暴言を吐いたことで退場になっているのです。また、今日もこの二人です。決して手を出すことはないのですが、かなり激しい調子で抗議をしています。試合は10分ほど中断。判定は覆ることはありませんでした。山本監督は渋々、引き下がりました。
この猛抗議にマリーンズは発奮したのか、その後、得点を重ね、後藤はブルーウェイブを押さえ込み、完封。5-0で勝ちました。連敗は8でストップ。
ビール600円×3
ワンカップ400円×1
合計2200円
今回は食べ物を買っていったので少し出費が抑えられました。前回は熱燗が売られていましたが、今回はさすがにありませんでした。今度は水筒に水割りをしのばせていこうと思っています。
帰りにマリーンズの帽子を買いました。LLサイズ。2000円也。
マリンスタジアムで野球を見るのは、とても面白いので、みんなで行きましょう。
さて、「山本イズム」という奇妙な横断幕を掲げている人がいました。
意味は分かりますが、目的が分かりません。でも面白いからいいや。
取材:1999年7月18日
レポート | comments (0) | trackbacks (0)

コンサート-B'z

7月15日木曜日。会社の人から譲ってもらったチケットでB'zのコンサートに行きました。東京ドームです。
中に入るのに一苦労です。GLAYの時より、ゲートに並ぶ人の数が多いようです。入り口に近づいて理由が分かりました。荷物のチェックを入り口の外と中の二カ所でやっているのです。そのくせ、しっかり見ていない。馬鹿馬鹿しいことです。
席はバックネット裏の最上部。つまりセンター付近に設置されたステージからは最も遠いところです。
開演予定時刻の7時を5分ほど回ったところでコンサートは始まりました。オープニングは"ギリギリchop"。
さて、ニューアルバムはこの前の日、7月14日発売でした。買っても聞く暇がないので、買いませんでした。しかし、やはりニューアルバムからの曲は演るのです。たとえ、一回でもいいから、聴いておくべきでした。
売上日本一を誇るバンドの曲でも、初めて聴くときは、良いのか悪いのか、分かりません。
ボーカルの稲葉は、さすがに声量があり、歌が上手い。曲の最後を観客に歌わせたあと、自分が同じフレーズを歌うのです。自らの歌の上手さを誇示するが如く。
バンドのメンバー紹介の時に、まず最初に「ギター。松本孝弘」と言ったときにはびっくりしました(嘘)。
ニューアルバムからの曲は退屈でしたが、その他の曲はどれもヒットしたものばかり。さすが、B'zです。
9時半頃、"BAD COMMUNICATION"でコンサートは終わり。まあ、満足しました。
帰りは水道橋駅前の台湾屋台の店で食事をしました。あの5万人が一気に吐き出されるのに、この店は空いています。
取材:1999年7月15日
レポート | comments (0) | trackbacks (1)

プロ野球-千葉ロッテマリーンズ対大阪近鉄バファローズ

マリンスタジアムに野球を観に行きました。マリーンズ対バファローズです。
内野自由席が2000円。どうしようか、迷っていると、おじさんが近づいてきて、「半券を返してくれるなら、券を上げる」と言います。遠慮なくもらいました。
ビール600円×3
熱燗400円×2
焼き鳥250円×2
フランクフルト250円×1
焼きそば500円×1
合計3850円
試合は0-5で負け。
試合当初から風が強く、途中から雨が降ってきました。死ぬんじゃないかとも思うほど、寒かったです。酷い試合でした。
取材:1999年7月3日
レポート | comments (0) | trackbacks (0)

サーカス-木下サーカス

京葉線の幕張駅(海浜幕張?)のそばの空き地にテントが立っています。
「えーれふぁんとまんだあ」の見せ物小屋のようですが、さにあらず。
木下サーカスです。
6月27日日曜日、無料招待券が手に入ったので見に行きました。
先日、ユーミンの「シャングリラ」に行ったので、サーカスに興味があったので、ちょうどよかったのです。
臨時駐車場は300円、とられました。
で、自由席ですから、中に入る前に、並ばされました、1時間以上。
さて、中に入ると、きちんとしたホールではなく、テントですから、サーカスのいかがわしさが出ててまた良し。
テントですから、ポールが何本も立っていて見にくいので、席を取るときは注意した方がよいです。
今回は失敗しました。
ショー自体は、猛獣ショーあり、空中ブランコあり、そして球形バイクショーあり、と充実。
結構、楽しめました。
今、ボリショイサーカスも来ているみたいなので、見に行こうと思います。
取材:1999年6月27日
レポート | comments (0) | trackbacks (0)

コンサート-松任谷由実「シャングリラ」

えー、1999年6月16日水曜日。
代々木オリンピックプール。
ユーミンのコンサートに行ってまいりました。
「シャングリラ」というやつですね。
空中ブランコあり、シンクロナイズドスイミングあり。
おかげでユーミンの歌が少なかったでした。
1万円也。


とは言え、ユーミンが女王と呼ばれるのも分かる気がしました。
彼女が登場したときには、ロブ・ハルフォード、オジー・オズボーン、リッチー・ブラックモアの諸氏の姿を初めて見たときよりも感動しました。
彼女は今年45歳になります。
それでも、レオタードで踊りまくり。
テレビにほとんど出ないため、このような姿が見られるのはコンサート会場でのみ。
つまり、彼女を教祖と崇めるファンの前でだけ、このような格好をするのです。
踊るのならば、おそらく小柳ルミ子の方が上でしょうが、テレビに出過ぎたために、あの有様。


総予算30億円とのこと。
代々木のキャパシティがどれくらいか知らないのですが、これを計算しやすいように1万人とすると、1回の公演で、1万円×1万人=1億円。
30回以上演らないと元が取れない。
でも、彼女を教祖と崇める人たちは、おそらく発売されるであろう、ビデオを買うのでしょう。
ただの紙切れに穴をあけただけの「うちわ」300円也を喜んで買っているのですから。
こうでもしなければ、赤字です。


さて、年齢層はさすがにGLAYよりも高め。おばさんが多かったです。
苗場にもついていってしまう人たちですね、きっと。
入場の際、私の前に割り込んだ人がいたので、思い切り突き飛ばしてしまいました。
間違いなく、ハード・ロックキッズの方がマナーは良いです。
取材:1999年6月16日
レポート | comments (0) | trackbacks (0)
<< 2/2

©1995-2006stabucky.com