8対2でベイスターズを破る

昨日、ベイスターズに完封された千葉ロッテマリーンズですが、今日は8対2で勝ちました。
成瀬、完投勝ち。

マリーンズは4回の裏に1ヒットで5得点。
エラー、四球、四球、四球(押し出し)、ホームラン(満塁)ととても効率の良い大量得点。青野、プロ入り初ホームランが満塁ホームランでした。
大松、ワトソン、青野と新顔が大事なところで打ちますね。
スポーツ > 野球(マリーンズ) | comments (0) | trackbacks (4)

3対2でジャイアンツに勝つ

千葉ロッテマリーンズは3対2でジャイアンツに勝ちました。
7回に大松のホームランが決勝点。

今日の3得点はすべてソロホームランという、マリーンズには珍しいパターン(フランコ、里崎、大松)。
雨で中断があったり、イスンヨプのホームランを走者の小関が3塁を踏み忘れて取り消しになったり、波乱の試合でした。
昨日も小関のファンブルで走者が生還するなど、活躍してはいますが、ミスも目立っています。

セ・リーグでは打者走者がベースを踏み忘れたり、前の走者を追い越すなど、これまで9本の本塁打が取り消されているが、塁上の走者がベースを踏み忘れて幻の本塁打となるのは初めて。(共同通信)


大松は大事な場面でホームランを打ちます。将来の4番打者、という言い方もされますが、すでに4番として使っても問題ないくらい。

昨オフにチームを去った李承☆に代わる、頼もしい大砲が誕生した。(注)☆は火ヘンに華(共同通信)


毎回、こんな注釈を付けるくらいなら「イスンヨプ」ってカタカナで書け。
スポーツ > 野球(マリーンズ) | comments (0) | trackbacks (3)

マリーンズ、ジャイアンツに逆転勝ち

千葉ロッテマリーンズは8回裏に2対2の同点に追い付くと、9回裏2死から西岡が出塁。
テレビ中継はここまで。
公式ページによると、代打のワトソン、「2球目のストレートをとらえた打球は、ライトの頭上を抜けた!1塁走者西岡、一気にホームイン!3対2サヨナラ!」
やりました、マリーンズ逆転勝ち。
ワトソン、いいところで打つなあ。

昨日のテレビ中継はテレビ東京。解説は水上と駒田。水上の声が結構、聞きやすいのです。駒田の声が上ずっているのでなおさら。
今日のテレビ中継は東尾。聞きづらいこと、この上なしです。
スポーツ > 野球(マリーンズ) | comments (0) | trackbacks (2)

マリーンズ、ジャイアンツに勝つ

千葉ロッテマリーンズはジャイアンツに7対3で勝利。
昨日、ドラゴンズに大敗を喫しましたが、その影響もなく勝ちました。

ポイントは7回、3対2で、塀内のスクイズ。1球失敗したのにまたスクイズ、これが成功。

勝ったのはいいのですが問題も一つ。
5点リードの場面で今日、一軍登録の黒木が登板。
5点もリードしているから小林雅が出る必要はないわけです。
しかし黒木はいきなり打たれ、1点を奪われ4点差。さらに1死1、2塁のピンチ。
ここで小林雅が登板。
私はセーブの規定をよく知らなかったのですが「点差が出塁しているランナーの数と残りアウトカウントの合計以下」の場合、セーブの対象になるのですね。
このケースでは、ランナーが2、残りアウトが2で合わせて4点。
というわけで、小林雅の登板はセーブの対象になります。
黒木の乱調のおかげでセーブを一つ稼いでしまいました。

ジャイアンツはイスンヨプがホームラン2本。いずれもソロ。打ちますね。
スポーツ > 野球(マリーンズ) | comments (0) | trackbacks (1)

マリーンズ、ドラゴンズに勝つ

昨日、中日ドラゴンズの川上にあわやノーヒットノーランというところまで追い込まれた千葉ロッテマリーンズ。
代打サブローのヒットで逃れたのですが、「3回打席に立った打者でも打てないのに自分が打てるか」と開き直ったらしいです。

今日は1対1の同点で迎えた8回表に代打ワトソンがソロホームラン。勝ちました。これでパシフィック、交流戦とも首位をキープ。
ワトソンはなかなかいいですね。

また小林雅が抑えて20セーブ目。
続きを読む>>
スポーツ > 野球(マリーンズ) | comments (0) | trackbacks (1)

マリーンズ、カープに負ける

千葉ロッテマリーンズは今日からカープ戦ですが、初戦3対5で破れてしまいました。
これは計算外。

しかし今日は交流戦2位のスワローズも負けそう。
パシフィックリーグ2位のライオンズも負け、ホークスも負けそう。
ということでマリーンズは依然、首位です。

パスクチの代役、ワトソンが初出場、初ホームラン。全打点をたたき出す大活躍でした。これは期待できます。
続きを読む>>
スポーツ > 野球(マリーンズ) | comments (0) | trackbacks (1)

マリーンズ、また単独首位

千葉ロッテマリーンズはスワローズを4対2で破りました。
これでまた交流戦、単独首位。

スワローズはバッテリーミスで2失点。
1回、サイン違いでパスボールの間にベニーが2塁から生還。
5回、3塁に西岡を置き、福浦を敬遠しようとしたところ、ワイルドピッチで西岡が生還。
今日は勝たせてもらったという感じです。
相変わらず満塁で得点できないという場面がありました。もっと楽勝できるのに。
スポーツ > 野球(マリーンズ) | comments (0) | trackbacks (2)

マリーンズ、負ける

千葉ロッテマリーンズはスワローズに7対9で惜敗。
5点差を追い付いたものの延長11回表に来日初登板のミラーがホームランを浴びてしまいました。
スポーツ > 野球(マリーンズ) | comments (0) | trackbacks (1)

マリーンズ、交流戦首位決戦、初戦を制す

千葉ロッテマリーンズはスワローズを8対1で破りました。
交流戦首位決戦はマリーンズの勝利。これで交流戦、単独首位です。

マリーンズは小野が完投勝利。
9回2死からホームランを打たれ完封を逃しました。
しかし、これ以外は好調スワローズ打線を抑えました。

一方、マリーンズ打線はここ4試合の得点が7点、6点、7点、8点と平均7点。
これで、18試合で123点のスワローズ並(6.8点)になりました。

小野は4勝目。
今、マリーンズの投手陣は4勝で6人が並んでいます。

名前成績
小林雅4勝0敗18セーブ
小林宏4勝0敗
清水4勝3敗
久保4勝3敗
渡辺4勝3敗
小野4勝2敗


これを見ると小林雅が成績の上では圧倒的。
もっともリードで登板し同点にされ裏に逆転というケースもありますから。
スポーツ > 野球(マリーンズ) | comments (0) | trackbacks (1)

2006オールスターの中間発表

オールスターの中間集計発表がありました。

マリーンズ勢は5ポジションでトップ、遊撃手までの8ポジションですべて2位までに入っているという状況です。
投手(中継)で薮田ではなく藤田がトップというのが納得できませんが。
一方、外野手はまったくダメです。
続きを読む>>
スポーツ > 野球(マリーンズ) | comments (0) | trackbacks (0)
<< 2/6 >>

©1995-2006stabucky.com