2006年ドイツワールドカップの出場国

2006年ドイツワールドカップの出場国が決定しました。

[ヨーロッパ]
ドイツ、オランダ、ウクライナ、ポルトガル、フランス、イタリア、イングランド、セルビア・モンテネグロ、クロアチア、スウェーデン、ポーランド、スペイン、スイス、チェコ

[アジア]
サウジアラビア、韓国、日本、イラン

[北中米・カリブ]
アメリカ、メキシコ、コスタリカ、トリニダード・トバゴ

[南米]
ブラジル、アルゼンチン、エクアドル、パラグアイ

[オセアニア]
オーストラリア

[アフリカ]
トーゴ、ガーナ、コートジボワール、アンゴラ、チュニジア

こうやって見ると日本を含めたアジアは恵まれているような気がします。
これは本戦で勝たなくては意味がありません。
スポーツ > サッカー | comments (0) | trackbacks (0)

日本代表、アンゴラに勝つ

サッカーの強化試合、日本代表はアンゴラに1対0で辛勝。
高原、柳沢のツートップは再三の決定機を決められず。
後半終了間際にようやく途中出場の松井がヘッドで決めました。
大黒を最初から使うのがよいと思います。
阿部も終盤に投入されましたがもっと長く使ってもらいたいです。いっそのことディフェンダーでもよいです。


バレーは韓国に3対0のストレート勝ち。
スポーツ > サッカー | comments (0) | trackbacks (1)

ウクライナ戦、またやらかした中田浩二

サッカー日本代表はキエフでウクライナ代表と親善試合。
前回のラトビア戦で致命的なパスミスをした中田浩二が、後半7分、今回は危険なタックルでレッドカード。親善試合で退場を食らってどうする?

ウクライナといえばシェフチェンコですが、出場しませんでした。彼のワンマンチームかと思っていましたが、スピードのある選手が多く、何度もサイドを破られていました。さすがにワールドカップ初出場を決めただけあります。
今日の試合ではウクライナが決定的なチャンスを何度も失敗していたので、もしシェフチェンコがいたらと思うとぞっとします。

人数が一人少ない状態で守り続けたのですが、後半42分、初代表の箕輪がペナルティエリア内で反則を取られ、PKを決められました。これはレフェリーが厳しすぎ。
そしてこのまま0対1で負け。
スポーツ > サッカー | comments (0) | trackbacks (0)

日本、ラトビアと引き分け

サッカー日本代表はラトビアと戦い、2対2の引き分け。

日本は中村、中田英、稲本に松井を加えた中盤で攻撃面は面白かったと思います。
後半、疲れたのか、ミスが増えました。
最後、三都主を加え、4バックから5バック(3バック)に変更し、中田浩二をボランチにしたのですが、この中田がバックパスをミスして相手に取られてそのまま同点にされました。
こういうミスをする選手は使えません。前の試合では中田英がミスをしていましたから、両中田は要らないということです。
中田英はフォワードで使うのがよいと思います。
スポーツ > サッカー | comments (0) | trackbacks (0)

ダイレクトプレーとワンタッチプレーの違い

サッカーでよく「ダイレクトプレー」という言葉を使います。
私は「ワンタッチプレー」のことかと思っていましたが、違うようです。

ボールをトラップせずワンタッチでパスやシュートをすることは「ワンタッチプレー」ですが、必ずしも「ダイレクトプレー」ではないのです。
「ダイレクトプレー」というのはゴールを決める際の「最短手順」を想定したプレーのことなんだそうです。つまり「ゴールに直結したプレー」のことです。
ダイレクトプレーゴールを決める際の最短手順を想定したプレー
ワンタッチプレーボールに1回だけ触るプレー

相手のゴールのすぐそばでは、ゴールを狙うことを第一に考えるわけで、このようなプレーをダイレクトプレーと言うのです。
柳沢選手のようにゴール前でフリーになってもパスを出すようなプレーは、たとえワンタッチでパスを出したとしても、ダイレクトプレーではないのでしょう。
スポーツ > サッカー | comments (0) | trackbacks (0)

W杯、メンバー固定?

次のホンジュラス戦のメンバーが発表されました。
ジーコ日本 これがW杯36戦士だ - livedoor スポーツ
日本代表のジーコ監督(52)は2日、都内のJFAハウスで国際親善試合キリン・チャレンジカップのホンジュラス戦(7日・宮城スタジアム)に臨む代表23人を発表。同時にW杯ドイツ大会メンバーのベースとなる“1次メンバーリスト”を公表した。

今まで代表の試合に出ていない選手が、これから新たにワールドカップのメンバーに入るのは難しそうです。
スポーツ > サッカー | comments (2) | trackbacks (1)

日本、韓国に勝つ

もう中澤をフォワードにすればよい!
サッカー、東アジア選手権で崖っぷちの日本は韓国に1-0で勝利。
決勝点は途中出場の中澤の(コーナーキックからの)ボレーシュート。ディフェンダーとは思えないシュート感覚!だって右利き(?)なのに左足アウトサイドのボレーですよ。
1勝しかしていないですが何だか帳尻が合っちゃった感じです。ちなみに優勝は中国。日本は2位でした。地元韓国が最下位。監督は解任でしょう。
スポーツ > サッカー | comments (0) | trackbacks (0)

サッカー、日本は中国と引き分け

東アジア選手権で日本は中国と引き分け。

初戦の北朝鮮戦とはメンバーをすべて入れ替えてのぞんだ中国戦。
前半で2点を先行され、後半、阿部のフリーキックと田中達也のミドルシュートで同点に追いついたものの時間切れ。
初戦、北朝鮮に敗れているだけにこの引き分けは痛い。
後半、追いついた後、日本はボール回しが多すぎたように思います。

ジェフ勢と言えば、阿部のフリーキックは見事、巻は再三、チャンスに絡むものの決めきれず。
次の韓国戦でも出場してほしいものです。
スポーツ > サッカー | comments (0) | trackbacks (0)

日本、北朝鮮に敗れる

サッカー東アジア選手権。日本は北朝鮮に破れました。
0対1。
取られた点は明らかに日本のミス。きっかけは小笠原。
本当に小笠原には失望しました。元々期待していませんが。

ジェフ千葉の巻が後半、登場しましたが、得点には至らず。背の高いフォワードは久しぶりなので、今後もどんどん使ってもらいたいです。
スポーツ > サッカー | comments (5) | trackbacks (2)

東アジアサッカー選手権の日程

東アジアサッカー選手権が31日から始まります。

2005/7/3117:00韓国−中国
2005/7/3119:30北朝鮮−日本
2005/8/320:20日本−中国
2005/8/420:00韓国−北朝鮮
2005/8/717:15中国−北朝鮮
2005/8/720:00韓国−日本


バレーが終わって「次は野球!」と思いましたがパシフィックリーグは1位と2位のマリーンズの間が開き、2位と3位の間はさらに開いているので、今一つ盛り上がりません。プレーオフが楽しみですね。

となれば、サッカーです。
ワールドカップの予選と違い、次があるわけではありませんが、この4か国で行われるということは深い意味があるような気がします。
とにかく、良い試合をして、ケガをせず、できればアジアカップのような劇的な優勝を期待します。
最終戦の韓国戦が盛り上がりますように。
スポーツ > サッカー | comments (2) | trackbacks (0)
<< 2/4 >>

©1995-2006stabucky.com