命の値段

命の値段はどうはかるのか。そんなもの、値段が付けられない、と言うかもしれないが、現実には人の命を金に換算する場面が非常に多い。
考え方としては、その人が死んだ場合、それを代替するためにはいくらかかるか、という方法。あるいは、その人がその後の人生でいくら稼ぐことができるか、という方法。若い人ならば、無限の可能性があるのだろうが、老人はどうなのだろうか。
散歩中の飼い犬が近づいた拍子に転倒し、骨折した女性(当時79)が、入院治療中にぜんそくの発作を起こして死亡した――。この女性の遺族が、骨折が死亡につながったとして、犬の飼い主側に約2400万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、大阪地裁の飛澤知行裁判官は17日、「骨折と死亡との因果関係は否定できない」と指摘。犬のひもをしっかり固定していなかったとして、飼い主の過失を認め、約657万円の支払いを命じた。

この事件は、79歳の女性がその後の人生でいくら稼ぐことができるか、という問題に置き換えることができる。
厚生労働省のサイトにいくと平成13年簡易生命表というのがあって平均余命というのがわかる。「あと何年生きられるか」を示す。0歳の平均余命を特に平均寿命という。平成13年のデータでは女性の平均寿命は84.93歳。よく勘違いされるのは、80歳の女性の場合、平均して「あと4.93年生きられる」と考えることだが、80歳の平均余命は10.80年。つまり80歳の女性は平均して90.80歳まで生きるということになる。
話を元に戻すと、この犬が近寄ったくらいで、転んでしまった女性はあと約12年ほど生きられたということになる。パートタイマーとして働いて、年間100万円稼ぐとなると、死ぬまでに1200万円を稼ぎ出す計算だが、犬が近寄ったくらいで転ぶような人がそんなに稼ぐことができるだろうか。まして、2400万円の損害賠償なんて、どうやって計算したのだろうか。犬が近寄ったくらいで転んで骨を折るような人が年収200万円である。
また、因果関係がなかったから657万円ということだが、因果関係があったらどうだというのだろう。つまり裁判官もこの犬が近寄ったくらいで転んで骨を折り、なぜか喘息の発作を起こして死亡してしまうような人の命の値段は、もうちょっと高いということなのだろうか。
こうやって見てくると、命の値段は「いくら稼ぐか」では分からないということなのだ。
経過はどうあれ、この女性は79歳という高齢でありながら、657万円を稼ぎ出した。「いい仕事をしてますね」。合掌。
ニュース | comments (0) | trackbacks (0)

応募はがきを自宅に持ち帰る

変な事件があった。
毎日新聞中部本社(名古屋市中区)に寄せられた懸賞用の応募はがき約8キロ分が社外に流出、インターネットの競売にかけられていたことが15日、分かった。はがきには応募者の名前や住所、年齢など個人情報が記されていた。切手収集家だった同社の元社員の自宅にあったもので、元社員の死後、長男が競売にかけていた。同社は同日、はがきを回収した。(朝日新聞)

この毎日新聞の社員は懸賞に応募されたはがきや封筒を家に持ち帰っていたのだという。で、珍しい切手があれば、それをはがしてコレクションしていたのだろうか。「データの漏洩はいかん」と、普段、偉そうなことを言っている新聞社がこれだからなあ。それでもまだ新聞社は「持って帰った社員が悪い」と思っているようだ。
持って帰る社員も酷いが、それを競売にかけてしまう息子も酷い。どういう発想なのだろうか。この競売に応じた客が一人もいなかったというのが、せめてもの救いだ。
もう誰も信じられない。こういう懸賞にはがきで応募する場合は、偽名、架空住所で出すしかない。
ニュース > メディアの不祥事 | comments (0) | trackbacks (0)

回文の日本一

面白いコンテストがあるものだ。
「竹やぶ焼けた」「気のいい猪木」など、上から読んでも下から読んでも同じ読み方になる言葉遊び「回文(かいぶん)」の出来を競う「第1回全国回文大会」が15日、仙台市青葉区の作並温泉にあるホテルで開かれた。山形県鶴岡市の小学校教諭樋坂聡さん(41)の作品「よっ見たまえ。この銀河系でまた流れ星だ。皆、涙しぼれ、彼方(かなた)まで行け。歓喜の声、また満つ夜。」が最優秀賞を受賞した。(共同通信)

素晴らしい作品ではないか。
私が中学生のとき、国語の授業で回文を作るというのがあった。そのとき作った私の作品「達也、また越して来て、しこたまやった」。意味不明だが、回文に意味を求めてはいけない。
この回文というのは、日本語のように、音に必ず母音が含まれているからこそできる遊びであると思われる。また、英語のように基本的に主語が必要な言語だと難しいだろう。主語の省略や体言止めなど、日本語の文法って結構、いいかげんである。
ニュース | comments (0) | trackbacks (0)

駅のホームで酒を売る

酔っ払ってホームから落ちた人とそれを救おうとした2人が入ってきた電車にはねられて死ぬという事件があったのは平成13年1月のこと。これにより駅の売店での酒の販売を自粛していたが、これを再開するという。
JR東日本は13日、01年1月の山手線新大久保駅での転落死亡事故を機に同線内など24駅のホーム売店で自粛してきた酒類の販売を15日から再開する、と発表した。乗客からの要望が多いほか、酒の販売免許を取り消される恐れや売店の売り上げ減少が大きな理由。JRは「泥酔者には売らない」としているが、「駅は酒場ではない」と自粛継続を求める声もある。(朝日新聞)

この酔っ払い、どの程度よっていたのか知らないが、線路に落ちる前、駅のホームでコップ酒を飲んでいたらしい。それでもって、こんなことを言い出す人もいる。
だが、アルコール薬物問題全国市民協会(東京都中央区)の今成知美代表(46)は「自粛は世間の批判をかわすその場しのぎの対策だったのか」と憤る。新大久保駅の事故後、ホームでの飲酒禁止などをJR各社に要望した。「酔客による暴力ざたや転落事故を増やすだけだ。JRの利益優先姿勢の表れで、安全確保が第一という鉄道事業のあり方からかけ離れている」とも言う。

近所で刃傷沙汰があったら、金物屋は店をたたまなくてはいけないらしい。
この何とか協会の人はおそらく酒を飲んだことがないのだろう。駅の売店で買ったビールやコップ酒だけで酔って線路に落ちるほど酒に弱い人はいないと思う。そんな人は駅の売店で酒を買わない。この落ちた酔っ払いは、すでに駅のホームに上がった時点で酔っ払っていたはずであるである。駅の売店のコップ酒は関係ない。
そして、利益よりも安全確保が第一であるというが、これがそもそも間違っている。安全確保も大事だが、鉄道事業を民営化した時点で利益も大事である。
まあ、この人たちは、この事件を「きっかけ」に使っているだけで本気ではないのだろうが。
長距離通勤の人は仕事の帰りに軽く飲んでいい気分で電車に乗るという楽しみがあるらしい。また、秋葉原から新宿の間には、東京ドームや神宮球場、国立競技場などがあり、会場内でビールを買うととても高いので、外で買って持ち込みたいところ。その点、駅の売店は定価で売るから、とても助かる。もっとも、持ち込み禁止だが。
ニュース | comments (0) | trackbacks (0)

密室殺人とトラ

「ほほう、トラのオリの中に入った飼育員がそのまま忽然と消えたというわけですか」
警部は言った。
「そうなんです。オリの中に入るところは見ました。そして私が外から鍵をかけました。えさをやっている間にトラに襲われてそのままトラが逃げ出したりしたら、コトですからね。そしてそのまま飼育員だけがいなくなったんです」
同僚の飼育員が答えた。
「ええっ。じゃあ、密室殺人じゃないですか」
驚いた声とは裏腹に、警部の顔はほころんでいた。警察官が密室殺人に出会うことは宝くじに当たるくらい、まれなことなので、実際に出会うと嬉しくなってしまうのである。まだ死んだと決まったわけではなく、いなくなっただけなのに、「殺人だ」と言い切ってしまうのは、実は密室殺人が好きなのである。そして、決まってこんなセリフを言うのである。
「そんな小説みたいな事件があるわけがない」
しかし、本当の密室殺人だったらしく、事件は迷宮入りになりそうだ。
そこへ、名探偵アケチが登場。赤いスカーフを首に巻いて。
「アケチさん、何とかならんでしょうか」
「警部、あなたの言う通り、こんなのは密室殺人ではない。犯人は目の前にいますよ」
「ええっ。ここにはトラしかいないじゃないですか。まさか、このトラが犯人だって言うんじゃないでしょうね」
「そのまさかですよ、警部」
「そんな馬鹿な」
「なぜ、飼育員の姿が見当たらないか。飼育員の体はトラが全部、食っちまったんですよ」
北海道旭川市東旭川町の旭山動物園(小菅正夫園長)の「もうじゅう館」で13日午後2時半ごろ、同園飼育展示係坂野和英さん(57)=同市豊岡一四条9丁目=が倒れているのを同僚が見つけ、119番した。坂野さんは後頭部など数カ所をアムールトラにかまれ、重傷を負った。同園によると、襲ったのはオスの成獣で、放飼場から寝室に移動させる際に、坂野さんがいた作業用通路に入り込んだらしい。作業用通路の扉が開いていた可能性があり、旭川東署は当時の状況を調べている。「もうじゅう館」では、2頭のアムールトラのほか、ライオン、ヒグマなど猛獣計十数頭を展示。作業用通路は閉鎖されていて、トラは館外に出る心配はなかったという。同日は休園日で、客はいなかった。坂野さんはアムールトラの副担当で、飼育係を20年以上務めるベテラン。(共同通信)

「もうじゅう」とひらがなで書いている。「猛獣」だと恐ろしいという感覚だったのだろうが、結局は猛獣だったわけで、むしろ「もうりょう」と読み違えるような感じもして恐ろしい気もする。考えすぎか。私と同じで漢字が書けなかっただけか。
動物園の動物はテーマ毎に分けるということはあまり意味がない。トラやライオンばかりが続くと、さすがに飽きる。もしくは他のテーマを見ているとき飽きる。やはりトラやライオンは飛び飛びにおいた方がよい。動物園は見世物小屋であって、別に勉強のために見にいくんじゃないんだから。合掌。あ、死んでないのか。
ニュース | comments (0) | trackbacks (0)

刑務所における看守による暴行

名古屋刑務所は恐ろしいところだ。
名古屋刑務所(愛知県三好町)の受刑者死傷事件で、名古屋地検特捜部は12日、刑務官が2001年12月、男性受刑者=当時(43)=に消防用ホースで放水し、直腸などに重傷を負わせた後に死亡させたとして、特別公務員暴行陵虐致死の疑いで、新たに主任矯正処遇官で副看守長乙丸幹夫容疑者(46)=同町=を逮捕、刑務所など数カ所を家宅捜索した。受刑者は99年11月に府中刑務所から名古屋刑務所に移送されて以来、計11回保護房に入れられ、うち7回は革手錠を装着。最長で80日連続で収容されていた。中山厚所長は記者会見で「被害者と家族におわび申し上げたい」と陳謝。99年以降に「病死」「事故死」とされた約50人の受刑者の死因を再調査する方針を明らかにした。(共同通信)

これを読むだけではよく分からないので補足すると、受刑者を全裸にして四つん這いにしてお尻に強い圧力で水を浴びせたところ、肛門が裂けてしまったが、放置され、その後、死亡した、ということである。これでも意味が分からないが、まあ、看守がお仕置きをしたら死んでしまったということである。水も凶器になるんだなあ、ということが分かればよろし。
また、革手錠というのは、これもよく意味が分からないが、皮革製の手錠である。別にたいしたこと、ないではないか、と思っていたのだが、実はそんな単純なものではなかった。これは大きな革の輪に小さな革の輪が二つくっついている。小さな方に手首を通して、大きな方を腰に巻く。ただ巻くのではなく、これを強く締め上げるらしい。そうすると、胴が強く締められるほか、手首が不自然な形に固定されるので、肩、腕、手首が非常に痛い。しかもこのまま放置されるので、食事も用便もできないという。これは、名古屋刑務所だけでなく、全国で実施されている。うーむ、刑務所には入りたくないものだ。
この手の看守の乱暴は、名古屋が突出してひどいということらしく、どこでもあることのようだ。しかし、同じ日の次のようなニュースを読むと、看守の気持ちも分からないではない。
甲府刑務所(溝上陽一所長)は12日、看守の首をノミで刺して殺害しようとしたとして、受刑者の男(57)=懲役2年2カ月の判決を受け昨年5月入所=を殺人未遂と公務執行妨害の疑いで甲府地検に書類送検したと発表した。あわせて、同刑務所は昨年10月にも、受刑者が看守を殴るなどの暴行事件が2件起き、受刑者計3人を12日までに、傷害と公務執行妨害の疑いで書類送検したと発表した。(朝日新聞)

つまり、こういう危険極まりない受刑者もいるわけで、こういうのはやられる前に押さえつけておかないと、看守自身がやられるというわけなのだ。
受刑者の保護を訴える人がいるが、自分が看守になったときのことを考えてみるといいと思う。死刑廃止論も同じだ。自分の身内が殺され、自分自身も殺されそうになったとき、はたしてその犯人を許すことができるだろうか。
と、柄にもなく、ヘビーなことを書いてしまったが、消すのももったいないので、そのまま、載せる。
ニュース | comments (0) | trackbacks (0)

ぬれ甘なつと

花園万頭という菓子メーカーがある。
花園万頭(東京都新宿区)が製造する和菓子「ぬれ甘なつと」「ぬれ甘チョコつと」の一部に、塩素系の物質が混入していたことが11日、わかった。同社によると、1月末以降、客から「味がおかしい」との苦情があったため検査機関に依頼して調べたところ、製品から微量の塩素系の物質が検出された。健康には害を及ぼさない程度という。製造釜に亀裂があり、そこにボイラーの蒸気が侵入したことから混入したとみられるという。同社は、製品の回収を進めるとともに原因を調べている。(朝日新聞)

私はこの「ぬれ甘なつと」というのを食べたことがない。甘納豆は食べたことがある。しかし、この「ぬれ甘なつと」は職人ができあがった甘納豆を半日、口の中に入れておいて作る、という話を聞いたことがあるからだ。「ぬれせんべい」も同様である。
今回の事件では、そのあたりのことに触れられていないが、どうなのだろう。
しかし、この「ぬれ甘なつと」が甘納豆の一種であるとするならば、あんな甘い物の味がおかしいなんてよく気が付いたものだ。
なお、納豆はゆでた枝豆を鼻の中にやはり半日入れておいて作る、ということは、あまり知られていない。
ニュース | comments (0) | trackbacks (0)

琵琶湖の魚を食う

琵琶湖では、ブラックバスなどを釣るとこれを放してはいけないという条例が作られた。これに反対する釣り愛好家が裁判を起こすなどいろいろとある。
琵琶湖の生態系を乱すとされるブラックバスなどの外来魚をハンバーガーや学校給食に活用するビジネスプランを滋賀県近江八幡市の高校生が考案した。大量消費システムが確立されれば養殖に乗り出し、養殖池を釣り堀にもする計画だ。県が駆除に取り組み、釣り上げた外来魚の再放流(リリース)が4月から県条例で禁止されるなか、高校生たちは「悪者扱いされる外来魚での新しいビジネス」への事業化に期待している。(朝日新聞)

はっきり言ってブラックバスを食べたいとは思わないが、すでに白身魚のフライに使われている魚は得たいが知れないものになっている。この魚の名前、メルルーサという。いかにも怪しげではないか。
タラ目メルルーサ類の海魚の総称。全長1メートルを超すものがある。体は細長くスズキに似るが、鱗(うろこ)は細かい。体色は黒灰色。大西洋と太平洋の北部の深海に分布。食用。市場名でギンダラ。(大辞林第二版)

すでに怪しいものを食べているのだから、ブラックバスくらい大丈夫だろう。
しかし、マクドナルドのフィレオフィッシュは昔に比べて美味しくない。メルルーサに替えたからではないか。
ニュース | comments (0) | trackbacks (0)

ワールドカップ公式DVD

ワールドカップといえば、特に断りがない限り、サッカーのそれを指す。
昨年、日本でワールドカップがあったわけだが、その総集編は年末になって、やっとNHKが放送したくらいで、映像の露出度がとにかく低い。おかげで、稲本の2本目のゴールがどんなだったか、覚えている人はほとんどいないのではないだろうか。これは、どう考えても、主催者であるFIFAが著作権をがっちり握っているからである。
で、忘れた頃になって「オール161ゴールズ」というDVDが発売された。複数の映像会社が各々編集して発売すると、ひどいものは売れないから、必然的にいいものになるのだが、このワールドカップはFIFAが1社だけにその権利を与えたらしく、GAGAというメーカーのみがワールドカップ関連の映像作品を発売している。この「オール161ゴールズ」というDVDはGAGAが発売元である。そして、予想通り、内容はひどい。
まず、ジャケット。ただ単に「オール161ゴールズ」と書いてある。何のゴールなのか、よく分からない。目を近づけると「2002FIFAワールドカップオフィシャルDVD」と小さく書かれているのがやっと分かる。
そして中身。DVDは音声がいろいろ入れられるという特徴がある。映画だと、英語、日本語の両方が入っていて、字幕も英語、日本語の選択ができるのがほとんどだ。しかし、この「オール161ゴールズ」は「フィールド・サウンド」と「英語実況」だけである。「フィールド・サウンド」というのは要するに実況なしのことである。歓声だけが入っている。かといって、英語実況の日本語字幕があるわけではない。せいぜい、選手の名前が出るくらい。おかげで、アジアでやっている試合だという感じがしない。
そして、インデックスの付け方。DVDだとチャプターとか言うのだが、これがゴール毎に入っていない。決勝トーナメントの分は1ゴールにつき1チャプターになっているのだが、予選リーグの分は1試合につき1チャプターとなっている。したがって、日本対ベルギー戦の鈴木のゴールを見たければ、どうしてもウィルモッツの忌々しいオーバーヘッドキックを見なければならない。
そのくせ、予選リーグは、試合の行われた日程にしたがってだらだらとチャプター番号が付けられている。つまり、グループAのフランス対セネガルの後に、グループEのアイルランド対カメルーンが入っている。グループ毎にまとめたほうが良かった。
そしてチャプターのリストが入っていない。曲名リストのないCDと同じである。一応、DVDの中にメニューとしては入っているが、やはり全部で161もゴールがあるならば、全体の流れが見られる紙のリストは必要だと思う。そして、結局、試合はどっちが勝ったか、という情報がまったくない。はなはだ不親切である。仕方がないので私は自分でリストを作った。
結論、こういうスポーツの総集編は、みのもんたのようなふざけたナレーションが入っていたほうが面白い。
スポーツ > サッカー | comments (0) | trackbacks (0)

死刑囚に本を読ませるな

世界的に死刑というものが許される国は少ないらしく、日本はその少ない国のうちの一つである。私の認識が不足しているのかもしれないが、どうも死刑を廃止する理由は冤罪にあるらしい。真犯人ではないのに死刑で殺してしまうともう取り返しがつかないということだ。ということであれば、終身刑にすればいいのだが、なぜか、日本にはない。
連続企業爆破事件の殺人罪などで死刑が確定している益永利明死刑囚(54)が、東京拘置所長に私本の購入を不許可とされたのは違法として、国に賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は7日、「裁量権の逸脱乱用があり違法」として請求通り5万円の支払いを命じた。藤山雅行裁判長は、死刑確定者にとって、図書などの情報に触れることは重要で尊重されるべきだと指摘した。

どうやら、法務省令で囚人はダンボール2箱分半の私物を所有することが認められているらしいのだが、この死刑囚は80箱もあったらしい。で、これ以上、私物を増やされてはたまらん、と本の購入を認めなかったわけだ。まあ、死刑囚らしい身勝手さだが、裁判官はそうは考えなかったらしい。もうとっとと死刑を執行してしまうことだ。
ニュース | comments (0) | trackbacks (0)
<< 2/3 >>

©1995-2006stabucky.com