日本、セネガルに負ける

新潟で日本はセネガルと試合。0対1で負けた。ジーコで本当に大丈夫なのだろうか。
スポーツ > サッカー | comments (0) | trackbacks (0)

長男、1歳の誕生日

今日は長男の1歳の誕生日。
家族みんなでお祝いをするつもりで仕事を早めに切り上げ家に帰ると長女がいない。
妻に訊くと「友達の家に泊まる」という。
せめて誕生日くらいは家族で祝いたい。
まして初めての誕生日である。
あまりに馬鹿なので怒る気もなくした。
生活 | comments (0) | trackbacks (0)

長野県の禁煙

長野県は県の施設すべてが禁煙となった。
長野県の田中康夫知事は9日、県の公共施設すべてを全面禁煙とすることを正式に決定した。同日午後に発表し、即日実施する。田中知事は県議会にも足並みをそろえるよう申し入れた。
長野県は2001年12月から喫煙室を設置するなど分煙化を進め、田中知事は8月29日、全面禁煙化の方針を表明した。職員からは「方針が及ばない外郭団体に出向したい」「精神不安定で仕事が手につかない」と反発の声も上がっていた。(共同通信)

禁煙で精神不安定になるような人が公務員をやっているようではダメである。そんなにやめられないものなのだろうか。
それにしても知事というのはかくも権力があるのだなあと、そちらの方が驚いた。首相にもそれくらいの権限を与えて、日本国すべてが禁煙になればよいと思う。
道を歩いていて思うことは、落ちているゴミのほとんどが落ち葉かタバコの吸い殻である。喫煙者に週1回のゴミ拾いを義務づければ街はもっときれいになる。
ニュース > 健康 | comments (0) | trackbacks (0)

「陰摩羅鬼の瑕」


京極夏彦の「陰摩羅鬼の瑕」を読んだ。相変わらずの厚さである。しかし最初の数ページで犯人と動機が分かってしまった。別の人の書いた短編に似たような話があった。
ある伯爵と結婚した女性がその初夜が明けると殺されているという話。それが5回も。とんでもない話だが、同じ事件が5回繰り返されるだけだからいわゆるトリック一発ものである。しかし、さすがに京極夏彦は話の展開が上手い。途中、妖怪の話がよく分からなかったが、後半は夜を徹して読み続けた。ただ、過去の作品と比べると一番、面白くない。
| comments (0) | trackbacks (0)

オレオレ詐欺を防ぐ

秋田で銀行員がオレオレ詐欺を防ぐというニュースがあった。
昨日も同様のケースが大分でもあった。
「東京にいる孫が交通事故に遭った。急いで70万円送金してほしい」。顔色を変えて駆け込んできた秋田県十文字町の無職女性(80)に、秋田銀行十文字支店の行員が「おれおれ詐欺では」と増田署に通報、未然に防いだことが27日、分かった。増田署員と親せきが思いとどまらせようと説得したが、ほとんど来ない“孫”からの電話に女性は「だまされてもいい」と何度も送金を頼んだという。(共同通信)

「なぜ引っかかるのだろう」と詐欺事件が起きるたびに言われる。
単にだまされたというのがほとんどだが、中には、だまされた人は薄々感づいていたが気付かないふりをしていた、というのもあるように思う。
特に金をだまし取られても実際の生活にはまったく影響のない人というのはいるものでここで紹介したようなおばあさんもこのようなケースなのだろうと思う。
つまり、ある種、だまされることを楽しんでいるという感覚である。
結婚詐欺にもこういうケースは結構あるらしい。

そういう意味ではこの銀行員は無粋なことをした、とも言える。
ニュース > 犯罪 | comments (0) | trackbacks (0)
<< 2/2

©1995-2006stabucky.com