森繁久彌、健在

演出家の久世光彦さんが亡くなりました。
「時間ですよ」「寺内貫太郎一家」が代表作とのことですが、これらは見たことがありません。もっと面白いドラマが他にあったような気がしますが。

やはり驚くのは森繁久彌。もう92歳ですよ。
大物芸能人が亡くなると葬儀に必ずといっていいほど登場して存在感を示す。
小林亜星が子供に見えます。
まだまだ元気です。

「なぜ私より先に―」森繁、号泣…“息子”久世光彦さん通夜
テレビドラマ「時間ですよ」「寺内貫太郎一家」などの演出や作家として活躍し、2日に虚血性心不全のため死去した久世光彦さん(享年70)の通夜が6日、東京・文京区の護国寺桂昌殿で営まれた。40年来の友人である森繁久彌(92)をはじめ、“貫太郎一家”の小林亜星(73)、西城秀樹(50)、浅田美代子(50)ら1100人が参列。森繁は通夜中、「悔しい」と号泣した。(サンケイスポーツ)
ニュース > おくやみ | comments (0) | trackbacks (0)

Flickrを始めました

Flickrを始めました。
存在は知っていたのですが写真のアップロードが面倒なので放っておいたのです。
偶然、メールでアップロードできることを知り、またアップロードソフトもあることが分かり、よく使うようになりました。

Flickr: Photos from stabucky
続きを読む>>
デジタル | comments (0) | trackbacks (0)

WBC、韓国に2対3の逆転負け

韓国は8回にイスンヨプの逆転ツーランで勝利。
敵に回すとやはり嫌なバッターですね、イスンヨプは。
石井(スワローズ)が打たれたのですが、その前の打席は同じ左投げの藤田(マリーンズ)が抑えたんですね。この二人の投手は似ているなあ。

日本は負けましたが、アジアラウンドは無事、通過。
やはりイチローの調子が今一つなのが気になります。
スポーツ > 野球 | comments (4) | trackbacks (0)

WBC、台湾に14-3でコールド勝ち

日本は14対3で台湾にコールド勝ち。

先発の松坂は今一つ。やはりこのような球数制限のある試合ではいわゆる先発投手は意味がないのかも。
スポーツ > 野球 | comments (0) | trackbacks (0)

WBC開幕

いよいよ、ワールドベースボールクラシック(WBC)のアジアラウンド(予選)が始まりました。

日本は初戦、中国と対戦。18対2で圧勝しました(8回コールド)。
日本打線に火がついたのは、2対2に追いつかれた後の5回に西岡がスリーランホームランを打ってから。このホームランには驚きました。
中国の投手が左のサイドスローに替わってから日本打線が沈黙してしまい、嫌なムードになりましたが、西岡が右打席でホームラン。これで流れが変わりました。
続きを読む>>
スポーツ > 野球 | comments (0) | trackbacks (1)
<< 2/2

©1995-2006stabucky.com