stabucky blog

事故

私が仕事にいっていると自宅から電話があった。駐車場に停めてあった私の車に、生活協同組合のトラックがぶつかって、ライトが壊れたという。
生活協同組合の電話番号を聞いて、早速かけてみる。当然、担当者は帰ってきていないので、上司が出てきた。ちょっと、大きめの声で、明日の朝、車に乗れるようにしてください、代車を準備してください、といった。
そのあと、事故処理担当の人から電話がかかってきて、明日の朝は難しいので勘弁してくれ、というので、勘弁してあげた。保険屋さんと調整をしなくてはならないのだろう。東京海上だとかいっていた。変な修理工場でいい加減に直されては困るので、私が先日の故障で修理を頼んだトヨタカローラの工場に持っていってもらうことにした。
どんな代車が来るのか、楽しみだ。私はマニュアル車を運転しているので、オートマチックの代車がきたら、早速、文句を付けるつもりだ。
夜10時半、実際にぶつけた運転手から電話があった。謝罪かと思ったら、免許証の番号を教えろという。事故報告書を書いているらしい。教えなくてはならないのか、というと、上司に伺っている気配がして、差し支えなければということです、とのこと。差し支えるんだよ、とはいわなかったが、教えなかった。車のナンバーを教えろというので、そんなのは自分でメモすればいいだろう、といってやった。

関連記事

[2001-03-12]

生活,