stabucky blog

ユニバーサルスタジオジャパン

私の知り合いに、ウォータークーラーの水は飲めない、という人がいる。
足とか手でボタンを押すと、冷えた飲料水が出てくる、あれである。
出てきた水が機械の中で循環されてまた出てくるような気がするというのだ。
上水道のつもりが下水道だった、というような気がするらしい。
そんなアホな、と思っていたら、大阪で、実際に起きた。

大阪のユニバーサルスタジオの水飲み場の水は、実は飲料用水ではなくて、工業用水だったというのだ。
配管を間違えたらしい。
これ、外科手術に例えると動脈と静脈を取り違える、あるいは脳味噌をウニと取り違える、ということに匹敵する。

飲料用は塩素で消毒しているが、工業用水はそんなことはせずに汚れを沈下させて取り除いただけの水だ。
つまり泥水の上澄みである。
こんな水をユニバーサルスタジオは客に飲ませていたということだ。

ま、別に構わないがな。
昔の人はそれで大丈夫だったからな。

問題なのは、ばれちゃったこととばれちゃったときにごまかそうとしたことだな。
ディズニーランドがすごいのは、このような問題は起きないし、起きても隠し通せるところだろう。
ミッキーが出てきて「もう大丈夫」なんていったら大人も信じるだろ。

夏休みだというのに、営業停止になったらすごいことだな。
首をくくる人間も出てくるだろう。

あと、もっと問題なのは、このことがばれるまでは丈夫だった人間の腹が急に痛くなることだ。
「消毒されていなかったって?道理で腹が痛いと思ったわ」とあとでいい出している人間がいるということだ。

と、書いてはみたものの、私の本音は「食べ物で腹を壊したときは食べた方が悪い」ということだ。

関連記事

[2002-07-26]

ニュース