stabucky blog

ジャンプ傘

閉じている傘がスイッチ一つでぱっと開く。私は幼少の頃からこの傘を「ジャンプ傘」と呼んでいた。大人になってから、「ジャンプ傘」と言ったら笑われた。「じゃあ、なんと言うのか」と問うと「ワンタッチ傘」だと言う。今日、雨が降り、同僚と傘の話になった。やはり「ジャンプ傘」と言わずに「ワンタッチ傘」と言う人がほとんどである。
閉じている傘がスイッチ一つでぱっと開く。これを「ジャンプ傘」と表現したセンスの良さ。脱帽である。それを「ワンタッチ傘」とは。開くのか閉じるのか分からないし、そもそも、なんと夢のない表現か。
さて、真実はいかに。
日本洋傘振興協議会のサイト(http://www.jupa.gr.jp)に行ってみた。Yahoo!で検索してヒットする傘業界の団体はこのサイトだけだった。
はたして、そこには次のような記述が。

用途に合わせていろいろな種類の傘を使い分け!

★雨傘 ★日傘(パラソル)★晴雨兼用傘 ★長傘 ★ミニ傘 ★折りたたみ傘 ★手開き ★ジャンプ式


「ジャンプ式」とある。やはり、正式な傘業者は「ジャンプ傘」と呼んでいるようだ。つまり「ジャンプ傘」が正しいのであった。
ちなみに私の傘は「折りたたみ」かつ「ジャンプ」であるが、さらにワンタッチで閉じる。

関連記事

[2003-10-23]

生活