stabucky blog

プライドグランプリ2005

「プライドグランプリ2005」は面白かったです。

まずミドル級ですが、ショーグンとオーフレイムの試合。
技術も何もないですね。ショーグンの勝ち。

シウバとアローナの試合。
アローナは桜庭との試合で桜庭の傷口に指を入れたということでシウバが憤りを感じて、という試合。
私も本当のバーリトゥードならば目に指を入れるのもありだと思いますが、こんなことをやっていたら選手は続けられないので絶対にダメだと思います。アローナはおそらく隙があれば相手の目に指を入れるでしょう。こんな選手はダメです。
シウバは結構、メチャクチャで、寝ている相手の顔面を踏みつけるなんてのもプライドではシウバが最初のような気がしますが、相手が気絶したら引くのも早くあまり相手にダメージを残さないようです。おそらく相手の目に指を入れるなんてこともしないと思います。
結果はアローナがシウバを完全に封じて判定勝ち。シウバは1ラウンドから倒れ込むシーンが多く、いつものシウバではないように感じました。
こんな形でシウバが負けるのなら、日本人選手の誰かにシウバを倒してほしかったところ。

決勝はショーグンとアローナ。
ショーグンがKO勝ち。
ショーグンは確かに強いですが、どうも勝ち方がきれいではないです。
無敗のシウバを倒したアローナを破ったのですから強いことは認めます。
しかし、当時、無敗のホイス・グレーシーを破った桜庭がその次の試合でイゴール・ボブチャンチンにあっさり負けたのと同じかもしれませんので。

ヘビー級はミルコ・クロコップとエメリヤーエンコ・ヒョードル。
ヒョードルってなぜか強いですね。
パウンドが強いと言われますが、実はディフェンスがうまいのだと思います。
最後までミルコは決定打を出せず、スタミナ切れ。
ヒョードルの勝ち。

関連記事
最後は運です。: ブラジル人はなぜ強い

関連記事

[2005-08-30]

スポーツ,格闘技